北海道内科リウマチ科病院

所在地: 北海道
病院形態: 民間(病院・企業等)
募集職種: 看護師
看護師数: 103人 病床数: 180床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

患者さまやご家族、さらに地域の皆様が安心かつ満足できる医療、看護、介護、リハビリテーションを提供し、地域に根付いた 「頼れる病院」 を目指します。

2024年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

看護理念
チーム医療の中で看護・介護の専門性を活かし、患者さまの人生の質に注目した療養生活支援を行います。

看護基本方針
内科リウマチ専門病院として機能するよう医療チームで連携・協働し、看護・介護に取り組みます。
患者さまとご家族の意思を尊重した看護・介護を実践します。
自律的に研鑚し、専門性の高い看護・介護を提供します。
病院運営に積極的に参画します。

☑オススメポイント
1.アクセス良好!地下鉄・JRどちらの経路でも通勤可能です!
2.月平均残業時間3.5時間!琴似周辺はおいしいお店も多く、終業後のプライベートタイムも充実!
3.1987年にできた病院ですが、2002年にリニューアルしており内装がキレイ!
4.廊下幅が広く、病室も明るいので、訪問者からも高評価を頂いています
5.慢性疾患であるリウマチや神経難病の入院が多く、長期間患者様に寄り添った看護を実践できます。やりがいがあります!
6.入浴介助専任の介護職を配置しており、看護師は看護業務に専念しやすい環境が整備されています。
7.歯科衛生士が8名採用されていて、患者の口腔ケアもばっちり!患者の感染予防と看護師の負担軽減に配慮されています!
8.福利厚生が充実!トマムリゾート.鶴雅リゾートが特別価格で利用可能です

【休日・休暇】
◇年間休日125日
 ・休日:週休2日+祝日分
 ・冬期休暇:12月30日~1月3日
 ・開設記念休暇:10月1日
 ・有給消化率:年間付与日数の80%以上

【病棟について】
 神経内科疾患やリウマチ膠原病、リウマチの整形外科的手術後、リハビリテーション目的の患者さまが入院しています。病気の特徴から入院期間が長期にわたる場合が多く、私たちは「療養生活の質の向上」を病棟目標の一つに挙げ看護を実践しています。ここで働く看護師・ケアワーカーは20代から50代と年齢層が幅広く、子育てや家族介護を両立させながら趣味を楽しむなど、多様なライフスタイルの人たちが集まっています。そのため、親身にお世話できることが病棟スタッフの強みと捉えています。入院した場合、受け持ち看護師が患者さまご自身やご家族の希望や思いを聴き、ソーシャルワーカーやリハビリスタッフ、薬剤師などと連携をとりながら、チーム全体で患者さまのその人らしい生活を送るために必要な看護や介護支援を行っています。患者さまが心地よく入院生活を送ることができるよう、きめ細かな看護・介護の実践を目指しています。

看護部長からのメッセージ

看護部長
平沢 妙子

看護部長ごあいさつ

当院は2009年10月、今までの神経難病・脳血管障害の疾患に加え、
内科一般およびリウマチ・膠原病疾患を中心とした
医療を行う専門病院を目指してオープンしました。
現在、全道各地から専門的医療を受けるために患者さまが多数来院されています。
私たちは、長い経過をたどる病とそれに伴う機能障害の双方を抱える患者さまと
ご家族を医療チームが一丸となって支援していくことを方針としています。
リウマチの講演会でしばしば、ルノワールの晩年の写真を示し
リウマチの典型であるという話を聞くことがあります。
ルノワールは48歳でリウマチに罹患し、61歳で車椅子の生活を強いられましたが、
晩年までリウマチの痛みや苦しみを微塵も感じさせない画風があったそうです。
その豊かな画風を貫きとおすことができたのは、
妻と3人の息子とその嫁たちの支え(援助)があったからだと言われています。
私たちも看護・介護の専門性を磨き、患者さまがその人らしく人生が送れるよう、
「声を聴き」、「想いを知り」、おひとりお一人の人生の質に注目し、
患者さま・ご家族と共にチーム医療を推進していけるよう努力してまいります。

病院概要

病院形態 民間(病院・企業等)
開設者 理事長 谷村 一秀 
開設日 1987年5月1日
院長名 清水 晶人
看護部長 平沢 妙子
病床数 180床
障害者施設等一般病棟:120床、医療療養病棟:60床
職員数 250人(うち、看護職員数103人)
患者数 外来:120人/日 入院:3人/日
診療科目 内科、リハビリテーション科、リウマチ科、神経内科、呼吸器科、内科、リウマチ科、消化器内科、呼吸器内科、循環器内科、リハビリテーション科
センター・施設
看護体制 障害者施設等入院基本料(10対1入院基本料)
療養病棟入院基本料(入院料1)
看護補助加算

夜間看護体制加算、
看護方式 プライマリーナーシング
病院所在地 〒063-0811 北海道札幌市西区琴似1条3丁目1-45
アクセス ❒地下鉄東西線
「琴似駅」下車、4番出口より徒歩5分

❒JR函館本線
「琴似駅」下車、徒歩7分

❒JRバス
「琴似1条3丁目」下車、徒歩1分
URL 「北海道内科リウマチ科病院 」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 北海道文教大学
札幌市立大学
北海道医療大学
苫小牧看護専門学校
琴似看護専門学校
北海道医薬専門学校
奨学金制度あり 私たちは、「看護師になりたい」学生を応援します。
途中からの応募も可能です。お問い合わせください
キャリア支援 日本リウマチ財団 登録リウマチケア看護師・臨床指導者・呼吸療法認定士・認知症ケア専門士・終末期ケア専門士など、資格取得希望者を支援し、スタッフのキャリアアップを応援します。

教育・研修制度

新人研修

看護部教育委員会研修計画

添付画像詳細

院内看護教育

教育・研修制度

経年別、ラダー別、領域別研修を実施しています。
新卒看護師入職時は新人看護職員ガイドラインに沿った教育指導を実施しています。
既卒看護師入職時は看護部教育員会作成のプログラムによる1年間の教育支援体制があります。

院外看護教育

教育・研修制度

看護協会研修は年度初めに部署毎に参加希望計画を提出し、計画的に参加を支援しています。

職場の雰囲気

日常風景

3階病棟
4階病棟
5階病棟

先輩看護師からのメッセージ

20代看護師

私は、2022年1月に4階病棟に入職しました。前職では5年ほど脳神経内科の患者さまと関わってきました。リウマチ・膠原病の患者さまと関わるのは初めてで、又入職して日もまだ浅く疾患や治療内容などこれから学ぶべきことは多々あります。職場が変わると同じ看護技術でも細かな点について異なる部分があることや、システムの違いなど入職当は戸惑いもありました。しかし、初めて実践する技術や治療、不明な点についてはプリセプターや先輩スタッフの方々から親切な指導やフォローを頂き、安心して日々の業務に取り組むことができています。
日々の業務や学習からの知識や技術、患者さまとご家族の思い・ニーズに寄り添えるような看護を提供できるよう日々努めています。
疲れた時のリフレッシュは、バイクでツーリングすることとスイーツ作りです。

先輩看護師からのメッセージ

30代看護師

私は、当院で准看護師として働きながら、3年間進学コースで学び、正看護師になり2年目の病棟看護師です。学生の時は、病院・病棟からの手厚いサポートを受けて、一児の母である私も目標としていた看護師になることができました。
現在は、病棟看護師として多くのリウマチ・膠原病患者さまと関り、慢性疾患を抱えながら療養する患者様の希望をかなえるため多くの知識と経験を持つ先輩たちに支えられながら、日々実践力を養うための学びを重ねています。さらにはプリセプターとして新人職員所指導にも関り、自己を振り返る機会と新人職員とともに学ぶことの楽しさを感じています。
私は患者さまを含めた病院全体に支えられ、毎日楽しく看護師として働いています。


この病院を見た人におすすめ!北海道の病院