兵庫県病院局(兵庫県立10病院)

所在地: 兵庫県
病院形態: 公立病院(都道府県市町村組合)
募集職種: 看護師 助産師
看護師数: 5020人 病床数: 3934床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

【兵庫県立病院10病院の合同募集】6つの総合病院と、4つの専門病院からなる県立病院群です。
あなたの理想の看護が、きっと見つかります。

2024年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

兵庫県立病院は、各地域の中核病院の役割を担う6つの総合病院と4つの専門病院からなり、
県内の高度専門・特殊医療を中心とした政策医療を担い、良質な医療の提供と安心してかかれる病院を目指しています。
施設整備や診療機能の充実にも努めており、
西宮病院と西宮市立中央病院との統合再編、がんセンターの建替整備を順次進めていきます。
採用情報については、「兵庫県立病院看護師・助産師募集ポータルページ」と検索してご覧ください。
※上記コピー&ペーストして検索お願いいたします。

★★★★看護学生・看護師のための兵庫県立10病院合同説明会(WEB)を実施します!!★★★★
県立病院への就職を検討している方へ県立10病院の合同説明会をオンライン(ZOOM)にて実施します。
(令和5年2月に神戸にて対面形式でも実施予定)
現場の看護師の声を自宅から聞くことができる機会です。看護師採用試験・看護師修学資金制度についても詳しく説明します。
事前申込が必要ですので、兵庫県ホームページ「兵庫県立病院看護師・助産師募集ポータルページ」内をご確認ください。
開催日時:令和4年12月17日(土)10時~13時[申込締め切り12月12日(月)15時まで]


★★★★兵庫県立病院(看護師採用)LINE公式アカウント ★★★★
看護学生等を対象とした LINE公式アカウントを開設しています。
合同説明会、修学資金や採用試験の案内のほか院内の取組みや雰囲気を随時発信します!!
「兵庫県立病院(看護師)LINE公式アカウント」と検索していただくと、QRコードも掲載しています。


【付属病院】
〔総合病院〕
 ●県立尼崎総合医療センター
 ●県立西宮病院
 ●県立加古川医療センター
 ●県立はりま姫路総合医療センター(R4.5 県立姫路循環器病センターと製鉄記念広畑病院が統合)
 ●県立丹波医療センター
 ●県立淡路医療センター

〔専門病院〕
 ●県立ひょうごこころの医療センター〔精神科専門〕
 ●県立こども病院〔小児科専門〕
 ●県立がんセンター〔がん専門〕
 ●県立粒子線医療センター〔がん治療専門〕


病院概要

病院形態 公立病院(都道府県市町村組合)
病床数 3934床
上記数字は県立10病院の合計であり、各病院により病床数は異なります。
総合病院 320床~730床
専門病院 50床~377床
職員数 7520人(うち、看護職員数5020人)
患者数 -
診療科目 内科、心療内科、神経内科、脳神経内科、腎臓内科、血液内科、呼吸器科、消化器科、胃腸科、循環器科、内分泌科、歯科、矯正歯科、小児歯科、小児科、外科、小児外科、整形外科、形成外科、精神科、神経科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、気管食道科、皮膚科、泌尿器科、眼科、産科、産婦人科、婦人科、アレルギー科、東洋医学科、リウマチ科、※病院により異なります。
センター・施設 県立尼崎総合医療センター 、県立西宮病院 、県立加古川医療センター 、県立はりま姫路総合医療センター、県立丹波医療センター 、県立淡路医療センター 、県立ひょうごこころの医療センター、県立こども病院、県立がんセンター、県立粒子線医療センター
救急指定 三次救急
看護体制 -
看護方式 -
認定看護師 認定看護師が活躍しています
認定看護師24分野134名(2022年11月現在)
専門看護師 専門看護師が活躍しています
専門看護師8分野32名(2022年11月現在)
病院所在地 〒650-8567 兵庫県神戸市中央区下山手通5丁目10番1号
アクセス -
URL 「兵庫県病院局(兵庫県立10病院)」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 -

教育・研修制度

新人研修

兵庫県立病院の教育・研修制度

高度専門・先進医療を提供する兵庫県立病院では、約4,200名の看護師が質の高い看護を実践しています。

看護師の能力開発を図っていくために、「病院局キャリア開発ラダー」を策定し、職員個々のレベルに応じて段階的に研修を実施しています。

新規採用者には、入職後のオリエンテーションから始まり、全体研修として4月の新任看護職研修(2日)と9月の新任職員フォローアップ研修(1日)を、各病院研修として毎月のフォローアップ研修を実施しています。

また、一人ひとりにプリセプターがつき、夜勤は7月頃から支援を受けながら開始するなど、焦らずじっくりと看護が実践できる環境づくりに努めています。

キャリア開発支援

県立病院では、多種多様な支援制度を設け、職員の一人ひとりのキャリア開発を進めています。

1.専門看護師・認定看護師の養成
専門看護師8分野32名、認定看護師24分野134名(2022年11月現在)が在籍。各病院の専門看護師・認定看護師が集まって毎年実践報告会も開催しており、臨床で実践して習得した知識や技能などの情報の共有を図り、より質の高い看護を目指しています。

2.民間病院等派遣研修
民間病院等で行われている先進的な看護手法を習得し、より質の高い看護を提供すべく、民間病院等へ職員を派遣しています。派遣後は職場に戻り、習得した看護手法をフィードバック、看護水準の向上に資しています。

3.県立病院長期研修
高度専門医療を担う県立病院の視野や看護実践能力を拡げるべく、習得したいことがあれば所属以外の県立病院で働く機会があります。これは10の病院を抱える県立病院ならではの特色です。

4.修学費用支援
各種資格習得のための就学費用支援があります。認定看護師、経営感覚を身に付けるMBA(経営大学院)、診療報酬分析のプロである診療情報管理士の資格習得のための修学費用を支援しています。

5.進学支援
大学院等で高度な看護を学ぶための休職制度があります。


この病院を見た人におすすめ!兵庫県の病院