九州中央病院

所在地: 福岡県
病院形態: 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
募集職種: 看護師
看護師数: 416人 病床数: 330床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

先輩看護師の手厚いサポートと、充実した福利厚生!

2024年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

 教育体制・・・新人看護師1名にチューターとサポーターがそれぞれ支援します。安心した教育体制で皆さまをサポートします!


   福利厚生・・・平均休暇取得日   136.9日(2021年)
 育児支援休暇取得者数 79名(2021年) 育児支援制度利用者数 47名(2021年)


看護部長からのメッセージ

看護部長
天尾 カオル

看護理念である「恕」の伝統を受け継ぎ、厳しさのなかにも温もりのある看護の実践を行います

看護部理念の「 恕 ~思いやり~ 」のもと、患者さんの安全と安楽を第一に考え、専門的な知識と確かな技術で看護を提供することを心がけています。また、看護師ひとりひとりが自律し、個々の強みを活かしながら、人としても成長できるよう教育内容を工夫し、きめ細やかな支援ができる体制を整えています。
看護師としての第一歩を私たち九州中央病院でスタートしてみませんか。

先輩からのメッセージ

病棟看護師
1年目看護師

看護師として6ヶ月経ちました!

私が当院を志望した理由は、教育体制が充実しているからです。先輩看護師とペアを組み看護を実践することで、患者さんを通した知識や技術が習得できることに魅力を感じました。
入職当初は、業務に追われる毎日で何をするにも不安でしたが、先輩看護師の指導もあり少しずつ成長することができています。「採血・静脈注射」の技術テストに合格し、自信を持って患者さんに実践できるようになりました。アセスメント力は、まだまだ未熟ですが、先輩看護師に相談しながら患者さんの個別性に沿った看護が提供できるように努力しています。

病院概要

病院形態 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
開設者 公立学校共済組合理事長
開設日 1957年5月20日
院長名 前原 喜彦
看護部長 天尾 カオル
病床数 330床
職員数 670人(うち、看護職員数416人)
患者数 外来:658人/日 入院:316人/日
診療科目 内科、心療内科、脳神経内科、腎臓内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、内分泌科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、消化器外科、精神科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、婦人科、リウマチ科、メンタルクリニック、ペインクリニック、肝臓内科、膵臓内科、血管外科、肝臓・胆のう・膵臓外科、乳腺外科、病理診断科、総合診療科
センター・施設 メンタルヘルスセンター・健康管理センター・腎センター
救急指定 二次救急
看護体制 7対1(一般病棟)
看護方式 固定チームナーシング
ペアリング
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん化学療法看護、がん性疼痛看護、がん放射線療法看護、感染管理、緩和ケア、救急看護、摂食・嚥下障害看護、皮膚・排泄ケア
病院所在地 〒815-8588 福岡県福岡市南区塩原3-23-1
アクセス JR博多駅・福岡空港から地下鉄で天神駅下車、西鉄天神大牟田線に乗り換え大橋駅下車、東口バス停側より徒歩5分
URL 「九州中央病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 福岡県立大学
聖マリア学院大学
西南女学院大学
福岡大学
国際医療福祉大学
久留米大学
九州看護福祉大学
帝京大学
福岡看護大学
純真学園大学
福岡女学院看護大学
福岡保健学院福岡看護専門学校
福岡県私設病院協会看護学校
高尾看護専門学校
福岡国際医療福祉大学
宮崎県立看護大学
福岡市医師会看護専門学校
日本赤十字九州国際看護大学
熊本保健科学大学
北九州市立看護専門学校
宇部フロンティア大学
医療福祉専門学校緑生館
活水女子大学
鹿児島純真女子大学
博多高等学校
宗像看護専門学校
八女筑後看護専門学校
宮崎県立大学
西日本看護専門学校
長崎県立大学
製鉄記念八幡看護専門学校
佐賀大学
福岡医健スポーツ専門学校
長崎大学
広島国際大学
山口大学
山口県立萩看護学校
福山平成大学
広島都市学園大学
原看護専門学校
下関看護リハビリテーション学校
山陽学園大学
産業医科大学
鹿児島大学
大分大学
西九州大学
新採用者研修「100人採血」を終えて 入職前に実際に注射を実施したことがなかったため、注射の技術が身につくのか不安でした。100人採血の研修制度を聞いたときは、自分が達成できるのか自信がなかったのですが、集合教育で正しい手技を繰り返し学び、病棟の先輩方に協力して頂き練習していくことで経験を積み、技術が身についていくのが分かりました。
外来採血室での研修では、患者さんへ採血をするときは緊張しましたが、100人採血を達成できた自信を持ち臨むことができました。これからも、ひとつひとつの技術を着実に身につけることができるように頑張っていきたいと思います。
新採用者研修「急変ミュレーション」終えて 急変対応シミュレーションに参加しました。看護師としてAEDや救急カートなど早く持って行かなければという焦燥感にかられ、周囲が見えなくなってしまいました。患者急変の時こそ、周囲の人たちが何をしているのか、次は何をすべきか考えることが大事であると学びました。この経験を通し、少し急変時の対応のイメージができました。

この病院を見た人におすすめ!福岡県の病院