石川県立中央病院

所在地: 石川県
病院形態: 公立病院(都道府県市町村組合)
募集職種: 看護師
看護師数: - 病床数: 630床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

チーム医療を推進し、看護活動を通して地域に貢献します

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

看護部理念
石川県立中央病院の理念に基づきチーム医療を推進し
看護活動を通して地域に貢献します

基本方針
1.患者さん一人ひとりに応じた質の高い看護を提供します
2.専門職としての知識・技術を高め優れた人材を育成します
3.他部門と協働し患者さんの安全を守ります
4.看護が経営にいかに貢献できるかを考え行動します

看護部長からのメッセージ

看護部長
江藤 真由美

チーム医療を推進し、看護活動を通して地域に貢献します。

 令和3年4月に長真美恵前看護部長より引継ぎ、石川県立中央病院 看護部長を拝命した江藤と申します。
 現段階では、新型コロナウイルスについては、いまだ終息の兆しが見えませんが、職員一同、感染防止対策に日々不断の努力を重ねています。
 コロナ禍であっても「県民の最後の砦」として、救急医療、周産期医療、がん医療を中心に高度専門医療の提供を行いながら、看護職に求められる役割を果たして行きたいと思います。
 そして、変化の激しい医療環境の中ではありますが、当院が「県民に選ばれる病院」となるよう、医療や看護を必要とする方々に寄り添いながら、今、目の前の患者さんに自分ができる最善の支援は何かを考え、適切な観察力と誠実で丁寧な看護を提供できるように看護職員一同努力してまいります。

 最後に、石川県立中央病院の理念として下記に掲げてありますように、全身全霊、看護部長としての職責を全うしていく所存です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

理念「医療者としての倫理を守り おもいやりの心をもって 24時間 より質の高い医療の提供を行い 安心・満足・信頼していただける病院をめざします」

先輩からのメッセージ

消化器外科病棟
新人看護師

就職して7年経って今思うこと

Q. 石川県立中央病院を選んだ理由は?
 学生の頃、実習で指導して頂いた看護師の方々が、自分の意見や考えを持ちつつ、生き生きと働く姿に強い憧れを持ちました。また、お互いを尊重し合い協力できる職場環境にも憧れ当院で働きたいと思いました

Q. 教育体制はどうですか?
 先輩とペアになり丁寧に指導して下さるので、基本的な看護技術や知識に加え、個別性のあるケアや患者さんとの関わり方を学ぶことができています。
 プリセプターの方には悩みや不安だけでなく嬉しかったことも話をしています。
 病棟独自の疾患やケアについての勉強会もあり、看護に活かせるように日々努力しています。

Q. 今後の目標は?
 患者さんに信頼していただけるよう、基本的な知識や技術を身につけ、患者さんそれぞれに合わせた根拠のある看護を提供していきたいです。
 また、患者さんやご家族の思いに寄り添うことも大切にしていきたいです。

病院概要

病院形態 公立病院(都道府県市町村組合)
院長名 山田哲司
看護部長 江藤真由美
病床数 630床
職員数 -
患者数 -
診療科目 内科、歯科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、産婦人科、病理診断科、臨床検査科、救急科
センター・施設
救急指定 三次救急
看護体制 7:1
看護方式 固定チームナーシング
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん化学療法看護、がん性疼痛看護、がん放射線療法看護、感染管理、緩和ケア、集中ケア、手術看護、小児救急看護、新生児集中ケア、摂食・嚥下障害看護、透析看護、糖尿病看護、乳がん看護、認知症看護、皮膚・排泄ケア、慢性心不全看護、他 、 精神科
専門看護師 専門看護師が活躍しています
がん看護、急性・重症患者看護、災害看護
病院所在地 〒920-8530 石川県金沢市鞍月東2丁目1番地
アクセス 金沢駅金沢港口バス停留所6番のりばから北鉄バス「中央病院」行きで約10分
URL 「石川県立中央病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 (平成23~25年実績)
石川県立看護大学
石川県立総合看護専門学校
石川県立田鶴浜高等学校
国立病院機構金沢医療センター附属金沢看護学校
金沢大学
加賀看護学校
金沢看護専門学校
こまつ看護学校
七尾看護専門学校
富山県立総合衛生学院
高岡市立看護専門学校
高岡市医師会看護専門学校
厚生連高岡看護専門学校
国立病院機構富山病院附属看護学校
富山福祉短期大学
富山大学
福井県立大学
福井大学
新潟県立看護大学
新潟大学
信州大学
聖隷クリストファー大学
滋賀県立総合保健専門学校
飯田女子短期大学

教育・研修制度

新人研修

キャリア開発ラダー・プリセプター制度

医療の高度化や、患者の重症化、入院期間の短縮などにより、看護師を取り巻く医療環境はますます厳しさを増しています。
そのような中で私たちは専門職として、より高度な知識・技術の習得は必須です。
石川県立中央病院看護部は、そんな中でも新人看護師が安心して一人一人が働くことができるようにプリセプターがついて、細やかな対応をしています。また新人の集合研修を頻回に行い、知識・技術の向上と新人同士のつながりを大切にしています。そして個々の成長に合わせたプログラムを作成し、キャリア開発ができるように支援しています。

教育体制について

教育目的

自律した思考・行動がとれ、自ら成長しようとする看護師を育成する

教育体制について

教育目標

1 看護部の理念や方針を理解し実践できる人材を育成する
2 専門知識・技術・判断力を持ち、問題解決能力に優れた看護師を育成する
3 看護職員が個々の成長段階に応じたキャリア開発ができるようにする

キャリア開発ラダ―

新人にはプリセプター、経験者にはサポーターが一緒に学び合い、支えます

レベル1【新人】自立に向け指導を必要とするレベル
・基本的な看護を安全に実施する
・自己の学習課題を見つける
・部署の係のメンバーとしての役割を遂行する
・事例を通して看護観をまとめ発表する

レベル2【一人前】自ら自立し、自律的に日常看護業務を遂行し、リーダー業務ができるレベル

レベル3【中堅】看護実践において役割モデルとなり、後輩を育成するレベル

レベル4【達人】チームメンバーを育成し、所属を超えてリーダーシップを発揮するレベル

職場の雰囲気

日常風景

ちょっと一息
スタッフステーション
ナースマンもいます

ER

院内各診療科医師・コメディカルと連携し高度なチーム医療を提供します

 救急病棟は4対1看護体制をとっており、随時 緊急入院患者の受け入れを行っています。多種多様な疾患に対応し、患者様のニーズに沿った看護を提供できるように、学習会やICLSトレーニングを実施しています。
 平成25年度から県消防防災ヘリコプターに当救命センターの医師・看護師が同乗し救急患者を搬送する取り組みがスタートしました。スタッフ一同やりがいを持って頑張っています。

2病棟4階(小児内科・小児外科)

子どもの人権を大切にし、家族を含めて支援していきます

0~15歳までの子どもを対象に、365日・24時間、全科の入院に対応しています。6割が緊急入院で、そのうち4割は夜勤帯です。平均在院日数は5日ですが、受持ち看護師が中心になり、できるだけ子どもが納得して治療が受けられるよう、絵本や人形を使ってわかりやすく説明を行い、笑顔で退院できるよう取り組んでいます。保育士も常駐しており、子どもに優しく、普段の生活に近い入院環境をめざしています。


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院