山形県立中央病院

所在地: 山形県
病院形態: 公立病院(都道府県市町村組合)
募集職種: 看護師 助産師
看護師数: 662人 病床数: 594床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

県民の健康と生命を支える安心と信頼の医療

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

当院は、”県民の生命と健康を守る安心と信頼の医療“を理念とし、皆様の期待に応えるべく日々の診療に努めております。

 標榜科は35科を数え、がん診療をはじめとして高度かつ専門的な医療を提供しています。ドクターヘリの基地を併設した救命救急センターでは、重篤な患者さんを受け入れるいわゆる3次救急医療を担っており、また総合周産期母子医療センターでは母体・胎児・新生児の集中治療管理を行っています。その他、都道府県がん診療連携拠点病院、基幹災害医療センター、第一種感染症指定医療機関など社会的に重要な機能を担当しています。また臨床研修指定病院として毎年多くの初期研修医を迎えるとともに、県立保健医療大学や看護学校より多くの実習を受け入れるなど医療人の育成にも取り組んでいます。

 以上のような高度で専門的な医療を提供していくにあたっては、スタッフそれぞれが医療人としてのスキルを磨くことは当然のことですが、それと同時に“思いやり”や“やさしさ”も重要と考えます。“思いやりのある医療”を実践することを通じて、県民の皆様に“愛され、親しまれる病院”を目指さなければならないと考えています。

 さて地域医療構想と言われる国の方針があります。病院ごとの役割分担を明確にすることで、高齢化や人口減少に効果的に対応しようとするものです。その構想の中で当院は高度で専門的な医療を提供するいわゆる高度急性期病院を堅持し必要とされる医療を多くの患者さんにしっかりと提供していきたいと考えています。その一方で、働き方改革による労働時間の制約という新たにクリアしなくてはならない問題も登場してきました。高度急性期病院として皆様が必要とする医療を充分にかつ継続して提供できるように我々も努力を重ねて参りますが、県民の皆様にはご理解とご協力をお願いしたいと思います。

院長 武田 弘明

看護部長からのメッセージ

副院長(兼)看護部長 認定看護管理者(CNA)
菅井 憲子

副院長(兼)看護部長挨拶

山形県立中央病院は、がん・生活習慣病センター、救命救急センターがあり総合医療センターを形成しています。チーム医療を推進するうえで、看護においても個別性のある多様性が求められ、看護師の役割が重要になってきます。看護部がめざす看護職像として以下の4つを挙げています。看護のすばらしさを発見・実感し、専門職としての誇りを持ちながら、成長し続けられる看護部を目指します。これからも県民の皆様に安全・安心な、心あたたかい看護を提供できるよう努めてまいります。

めざす看護職像
•看護の個別性を重視し、理論立てて科学的な根拠を持って看護ケアが実践できる
•社会人としての自覚・責任を持ち豊かな人間性を養う事ができる
•専門職として自律でき、自己の看護能力を開発・発展させることができる
•医療チームの一員として、協働の精神で主体的な行動ができる

先輩からのメッセージ

5階東(循環器病センター)
看護師

仕事だけでなく、メンタル面でも支えてくれる頼もしい先輩がいる職場です。

私は現在、山形県立中央病院5階東病棟循環器病センターで働いています。循環器疾患を持つ患者さんが主な対象で、症状の有無や程度、心電図や各検査データなどから状態をアセスメントし、患者さんが安楽に過ごすことができ、状態が少しでも良くなるように関わっています。分からないことや不安なことも多いですが、優しくユーモアあふれる先輩看護師の皆様が手厚くご指導し、応援してくれるので、充実した日々を過ごせています。また、新人教育も手厚く、看護技術の確認・向上に大いに役立っています。日々勉強し、日々成長していきます!

病院概要

病院形態 公立病院(都道府県市町村組合)
開設日 昭和28年4月1日
院長名 武田弘明
看護部長 菅井憲子
病床数 594床
※R3.4.1時点の稼働病床数
職員数 1012人(うち、看護職員数662人)
患者数 -
診療科目 内科、心療内科、脳神経内科、腎臓内科、血液内科、小児科、外科、小児外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、呼吸器外科、消化器外科、精神科、歯科口腔外科、放射線科、麻酔科、皮膚科、泌尿器科、眼科、産婦人科、呼吸器内科、糖尿病・内分泌内科、消化器内科、循環器内科、疼痛緩和内科、 感染症内科、腫瘍内科、新生児内科、乳腺外科、頭頚部・耳鼻咽喉科、病理診断科、救急科
センター・施設
救急指定 三次救急
看護体制 7:1
看護方式 モジュール型継続受け持ち制
PNS
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん化学療法看護、がん放射線療法看護、感染管理、緩和ケア、救急看護、集中ケア、手術看護、新生児集中ケア、摂食・嚥下障害看護、糖尿病看護、乳がん看護、認知症看護、皮膚・排泄ケア、慢性心不全看護 、 精神看護
専門看護師 専門看護師が活躍しています
がん看護、急性・重症患者看護
病院所在地 〒990-2292 山形県山形市青柳1800番地
アクセス ●JR利用
 南出羽駅下車、徒歩約7分
●バス利用
 「県立病院」行き山交バス終点で下車。
 「山交ビル(県立病院経由)」行きバス県立中央病院で下車。
●タクシー利用
 病院玄関前にタクシー乗降場があります。
●高速道路利用
 山形北ICより約5分
URL 「山形県立中央病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 -
病院見学 日 時:毎週月曜日の午前中
連絡先:023-685-2641
※ご希望の場合、事前にお電話にてご連絡ください。
 場合により(新型コロナウイルス感染症の拡大など)、ご希望に添えない可能性がございます。あらかじめご了承ください。

この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院