山形県立新庄病院

所在地: 山形県
病院形態: 公立病院(都道府県市町村組合)
募集職種: 看護師 助産師
看護師数: 277人 病床数: 343床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

「仁」、「愛」、「和」の心をもって、地域住民に信頼と安心を与える医療を提供し、最上二次保健医療圏唯一の中核病院としての使命を果たします。

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

本院は1945年に新庄町立病院として発足し、1952年山形県立新庄病院と改称されました。

山形県には、村山、最上、置賜、庄内の二次保健医療圏がありますが、当院は最上地区唯一の中核病院です。

最上地域は、ほぼ大阪府に匹敵する広大な面積を持ち、新庄市を中心として7町村が衛星都市のように取り巻く配置となっています。したがって、本院 は一次から三次医療までの大部分が完結するよう期待されております。最近の医療を取り巻く情勢は大変厳しいものがありますが、本院をご利用くださる皆様のご期待に沿えますよう、全職員が不断の努力を続けてまいります。

本院の理念は、「仁、愛、和の心をもって、地域住民に信頼と安心 を与える医療を提供し、最上二次保健医療圏唯一の中核病院としての使命を果たします。」としております。

看護部長からのメッセージ

副院長(兼)看護部長
髙山 弘子

安全で、安心・信頼される看護 チーム医療を実践するために

看護部の理念
私たちは一人ひとりの生きていく過程を支え
温もりのある看護を提供します。

*生きていく過程:
・誕生から終焉を迎えるまで、自らの命に向きあいながら生き抜くこと。
・これまでに大事にしてきたことを守りながら、その人らしく暮らしていくこと。

看護部の方針
1.安全で、安心・信頼される看護を提供します。
2.チーム医療を実践するためにメンバーの専門能力を理解し協働します。
3.専門職として患者の療養生活を支援します。
4.個人の尊厳を大切にします。

先輩からのメッセージ

看護師
井上 志保

先輩職員紹介

■新人教育や研修は?
・院内では、看護の技術や知識に関する新採研修があり、院外でも、接遇など様々な内容の研修を受ける機会がありました。

・プリセプターの先輩から1年間指導を受けます。様々な相談に乗ってくれるため、安心して業務に取り組むことができています。

■県立病院の勤務形態は?
・3交替制勤務。睡眠時間を確保し、食事をしっかり摂ることを心がけています。初めは慣れませんでしたが、今は慣れて、趣味の時間なども持てるようになっています。

・私の場合は、夜勤が始まったのは1年目の5月下旬でした。開始時期は人によって異なり、プリセプターの先輩と相談して決めています。

病院概要

病院形態 公立病院(都道府県市町村組合)
開設日 昭和27年4月1日
院長名 八戸 茂美
看護部長 髙山 弘子
病床数 343床
※病床数は稼働病床数
職員数 454人(うち、看護職員数277人)
患者数 -
診療科目 内科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、産婦人科、脳神経内科、血液内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、乳腺外科
センター・施設
看護体制 10:1
看護方式 モジュール型継続受け持ち制
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん化学療法看護、がん放射線療法看護、感染管理、緩和ケア、糖尿病看護、認知症看護、皮膚・排泄ケア
病院所在地 〒996-0025 山形県新庄市若葉町12番55号
アクセス ●JR利用
JR新庄駅より徒歩約5分
●バス利用
 山交バス新庄駅前バス停留所より徒歩5分
 山交バス県立病院前バス停留所より徒歩1分
URL 「山形県立新庄病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 -
病院見学 日 時:相談に応じます
連絡先:0233-22-5525
※ご希望の場合、事前にお電話にてご連絡ください。
 場合により(新型コロナウイルス感染症の拡大など)、ご希望に添えない可能性がございます。あらかじめご了承ください。

この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院