新潟県立中央病院

所在地: 新潟県
病院形態: 公立病院(都道府県市町村組合)
募集職種: 看護師
看護師数: 492人 病床数: 530床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

県民に信頼され地域とともに歩む病院

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

病院を利用される方一人一人の権利を尊重します。
救急医療と高度先進医療を提供します。
思いやりのある安全な医療・看護を推進します。
地域の医療施設・介護施設や自治体と連携し、地域住民の保健・医療・福祉の増進を図ります。
研究・研鑽につとめ、次世代の人材を育成します。

看護部長からのメッセージ

看護部長
佐藤 裕子

若い看護職員の成長を支援し、地域に信頼される介護を提供します

中央病院は、上越地域の基幹病院として高度急性期医療を担い、質の高い医療提供に努めています。看護職員は若いネ台が多く20歳代が約25%を占めています。看護部では、教育担当副看護部長が中心となり現任教育に力を入れ、1人ひとりがスキルアップできるよう支援しています。また、病棟ではパートナーシップナーシングシステムを導入し、実践の中で学びを深められる環境を整えています。
看護のスキル向上を目指して中央病院で一緒に働きましょう。

先輩からのメッセージ

集中ケア認定看護師
松井 ルミ子

専門・認定看護師紹介

救命救急センターにおいて、生命の危機的状態にある患者さんやその家族に対して看護を提供しています。『後遺障害なき救命』をモットーとし、退院後のQOLの維持・向上を目指しています。

重篤化の回避や二次的合併症の予防および回復のためには多職種協働が必要であり、日々のケアには多職種がチームとなって取り組んでいます。また急性期より患者さんや家族の目標を多職種のスタッフと共有することで、個別性のある看護や救命救急センターから病棟への継続看護が可能になると考えています。

まだまだ未熟な点も多いですが、質の高い看護を実践するために活動します。

病院概要

病院形態 公立病院(都道府県市町村組合)
開設日 昭和25年11月
院長名 長谷川 正樹
看護部長 佐藤 裕子
病床数 530床
職員数 744人(うち、看護職員数492人)
患者数 外来:1023人/日 入院:390人/日
診療科目 脳神経内科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、呼吸器外科、精神科、歯科口腔外科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、産婦人科、消化器内科、呼吸器内科、血液内科、腎・膠原病科、内分泌・代謝科、総合内科、循環器内科、小児外科、放射線科、病理診断科、麻酔科、救急科
センター・施設
看護体制 -
看護方式 -
病院所在地 〒943-0192 新潟県上越市新南町205
アクセス 北陸新幹線 上越妙高駅から
頚城自動車・上越大通り線高田駅前経由乗車、「中央病院」下車 約30分 380円
えちごトキめき鉄道 高田駅から
高田駅前案内所からくびき野バス中央病院・牧区方面行き乗車、「中央病院」下車 約15分 260円 
えちごトキめき鉄道 直江津駅から
直江津駅前から頸城バス中央病院方面行き乗車、「中央病院」下車 約40分 540円
URL 「新潟県立中央病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 -

この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院