総合東京病院

所在地: 東京都
病院形態: 民間(病院・企業等)
募集職種: 看護師
看護師数: 380人 病床数: 451床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

グループ施設との連携により急性期から回復期、退院後の生活まで一貫してサポートする地域密着病院です。「患者さんや地域に信頼される看護師」を一緒に目指しませんか?

Instagramで研修風景や院内の様子をアップしています!
→tokyo_hospital フォローしてください!

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

総合東京病院は…

福島県を拠点に医療、介護、福祉施設を幅広く展開する南東北グループの一員です。
一般急性期病棟と回復期リハビリテーション病棟からなる中野区北部エリアの中核的急性期医療機関として、地域医療に貢献していくことを目指します。

当院の特長は三つ。
◆一つ目は、脳神経外科。
 病院開設時に脳外科を中心として立ち上げたことから、現在もその経験と実績を引き継いでいます。

◆二つ目は、循環器系医療。
 インターベーション(カテーテル)治療を積極的に取り入れ、侵襲の少ない心臓手術などを行うことで患者様のQOLを重視した医療を行っています。

◆最後が、救急外来。
 私たちは開院以来「救急お断りゼロ」をモットーにしています。365日24時間命を守る、命を救う、それが私たちの一番大事な使命と職員全員が肝に銘じています。

2014年9月にA棟をオープンし、2017年4月にB棟をオープンして現在の451床になりました。

今後も救急および急性期患者への対応強化のため、様々な設備の充実を図って参ります。ハード面を充実させる一方、働きがいのある職場づくりにも真剣に向き合い、スタッフがより働きやすい環境を構築していきます。

■年間休日126日以上
  公休122日(4週8休制+祝日)+リフレッシュ有給休暇4日
  有給休暇は、初年度10日(7月1日に2日、10月1日に8日付与)

■コロナ禍で感染予防対策上、病院見学/インターンシップは中止しています。
院内の様子がよくわかるバーチャル病院見学ツアー動画を作成しました。
資料請求と合わせて動画URLをお知らせしています。是非ご覧ください!!

看護部長からのメッセージ

看護部長
熊田 市子

急性期・回復期を併せ持つ地域密着型病院として、さらなるステップアップを目指しています。

当院は、急性期から回復期リハビリテーションまで一貫した医療活動を展開する地域密着型の病院として、地域の皆様が安心して暮らせるための医療・看護を実践しております。

看護部は、「安全で過不足のない看護の提供」の理念のもと、患者さんが自立・自律できるよう援助・支援する看護を目指しています。

コロナ禍において、看護学生さんの臨地実習が縮小されるケースが多いと聞き、学生さんの不安、心配は尽きないことと拝察しますが、学生時代は、様々な「実体験」を積んできてもらいたいと思っています。勉強、実習に加え、アルバイトでもサークル活動でも構いません。いろいろな人と会って、遊んだり、衝突したり、ありとあらゆる体験をしてきてください。看護師となった皆さんが接するのは、年齢も、そして今や国籍さえも多様な患者さんたちです。そのような患者さんとコミュニケーションをとり、プラスアルファの情報を引き出そうとするときこそ、学生時代の経験が大いに役立つのです。学生時代に様々な経験を積むことで、看護師としての成長につながる貴重な経験が得られると思います。

皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

病院概要

病院形態 民間(病院・企業等)
開設者 渡邉 貞義
開設日 2010年4月1日
院長名 渡邉 貞義
看護部長 熊田 市子
病床数 451床
一般急性期病棟 306床(一般病床274、CCU4、HCU28)  
回復期リハビリテーション病棟 145床
職員数 1000人(うち、看護職員数380人)
患者数 外来:700人/日 入院:430人/日
診療科目 内科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、婦人科、腎臓内科、血液内科、歯科、小児科、美容外科、呼吸器外科、消化器外科、精神科、産婦人科、脳神経内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、糖尿病・代謝内科、放射線診断科、放射線治療科、救急科、血管外科
センター・施設 脳腫瘍センター、脳血管内治療センター、小児脳神経外科センター、脊椎脊髄センター、心臓血管センター、認知症疾患研究センター(もの忘れ外来)、放射線治療センター、糖尿病センター、口唇口蓋裂センター、口腔癌センター、形成・美容外科センター、ペイン緩和センター、気胸センター、予防医学センター
救急指定 二次救急
看護体制 7対1(急性期)
13対1(回復期)
看護方式 チームナーシング
チーム型継続担当(プライマリー)方式
認定看護師 認定看護師が活躍しています
手術看護、摂食・嚥下障害看護、皮膚・排泄ケア 、 2021年度 認知症看護取得予定
専門看護師 専門看護師が活躍しています
感染症看護
病院所在地 〒165-8906 東京都中野区江古田3-15-2
アクセス 都営大江戸線・・・「新江古田駅」下車A2出口徒歩約12分
西武新宿線・・・「沼袋駅」下車徒歩約15分
URL 「総合東京病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 全国の看護大学・専門学校
ポラリス保健看護学院、桐生大学、浦和学院専門学校、日本保健医療大学、淑徳大学、了徳寺大学、帝京大学、帝京科学大学、共立女子大学、東京情報大学、東京医療学院大学、至誠会看護専門学校、東京都立北多摩看護専門学校、東京都立板橋看護専門学校、早稲田速記医療福祉専門学校、横浜創英大学、神奈川工科大学、神奈川歯科大学短期大学部、国際メディカル専門学校、石川県立総合看護専門学校、藍野大学、原看護専門学校、福岡医健・スポーツ専門学校、長崎県立大学、昭和学園高等学校、鹿児島県立野田女子高等学校専攻科
救急お断りゼロ 9,256人(内救急車台数 5,639台) 2019年度実績
6,502人(内救急車台数 4,284台) 2020年度実績

地域密着型の2次救急病院として「救急お断りゼロ」を使命としています。救急お断りゼロを実現するために、連携する多職種と協働しています。
2020年度は、新型コロナウイルス感染症対応で、救急車をお断りせざるを得ない状況があり、とても苦しい思いをしました。私たちの目標は、救急車受け入れ台数8,000台。24時間365日手術可能な総合病院として、区民の救急医療を支えています。

教育・研修制度

新人研修

新人看護師を支えるプリセプターシップと研修制度

 当院の「プリセプターシップ」はプリセプター、プリセプターエイド、看護教育委員で構成した育成チームです。プリセプターには些細なことでも相談できる身近な存在として年齢の近い卒後3~4年目ラダーⅡ以上の看護師を人選しています。プリセプターエイドは4~5年目ラダーⅢ以上の臨床実践能力をもった看護師が担っています。様々な経験年数やラダーレベルで構成した育成チームで新人をサポートします。
 新人研修は4月の集中研修に始まり、5~6月は毎週水曜日、7月~3月までは毎月1回集合研修をしています。新人研修はすべて業務時間内に開催し、1年間に約70時間のプログラムを組んでいます。内容は厚生労働省の新人看護職員研修ガイドラインに則っています。4月は看護師としての心構えや院内ルール、看護基礎技術の実践スキルまでを幅広く学びます。講師は認定看護師(CN)、専門看護師(CNS)、診療看護師(NP)や医療安全委員会や看護記録委員会など委員会の役割ごとに担当します。感染症対策のためグループを分けたり、eラーニングで事前学習後に集合研修を受けたり、YouTubeで動画確認など集合時間をなるべく短くするなど工夫しています。
 研修の中には同期が集まる「ピアサポート」を取り入れています。「ピアサポート」は仲間同士の支え合いを意味し、同期のつながりを作れる場になっています。コロナ禍で「ストレス発散方法がわからない」「友達ができない」という声は2020年度の新人看護師からも聞かれました。業務時間内の研修の中で仲間づくりを進めています。
 2年目には他部署ローテーション研修やケーススタディ発表会などがあります。救急センター(ER)や高度治療室(HCU)や集中治療室(CCU)、手術室、回復期リハビリテーション病棟などいろいろな部署で経験を積みます。
 夜勤開始は早くても秋頃です。OJTの進捗に合わせて個別に夜勤導入時期を変更しています。夜勤練習は5回あります。初回は患者さんの受け持ちをしないシャドー夜勤をして患者さんの24時間の療養環境を体験します。2回目夜勤から患者さんの受け持ちを開始して徐々に人数を増やして6回目が独り立ちです。
 2022度は、新型コロナウイルス感染症対策の影響で臨地実習経験が少ない新人看護師が多いと想定しています。そのため今年度より更に充実した研修プログラムを計画しています。

看護部教育理念は「患者さんと地域社会に信頼される看護が提供できる人財を育成する」を掲げています。

当院が求める人材は・・・

看護部理念である「安全で過不足ない看護の提供」に共感できる看護師です。当院は地域密着型二次救命病院です。看護部理念の実現にむけて「患者さんと地域社会に信頼される看護が提供できる人財を育成する」を看護教育理念のもと、地域の方々が安心して暮らせるように信頼される看護が提供できる人材を育成したいと考えています。
看護部が目指す看護師像を二つ示しています。まず「多様化する地域のニーズに対応したケアが提供できる看護師」です。2020年から新型コロナウイルス感染症対応が地域のニーズの中でも最重要課題でした。その時のニーズがとらえられ対応できる看護師を目指してもらいたいと思っています。
つぎに「救急患者を多く受け入れるため、多職種と協働できる看護師」です。南東北グループは一貫して最重要項目に掲げているのは救急お断りゼロです。入退院支援看護師を複数名専従配置し、多職種カンファレンスを定期的に設けるなど救急部門以外の看護師もバックアップ体制を整え、協働できる看護師を目指しています。

※看護教育担当の須藤美奈子師長が皆さんをサポートします。

新人看護師を支えるプリセプターシップ

病棟全体で新人看護師を支えるチーム作りをしています

当院は新人看護師を常に誰かが見守るよう、「チーム」によるプリセプターシップを採用しています。プリセプターシップは「リアリティショックの予防」と「職場適応の促進」という2つの目的で2019年に導入しました。プリセプターをスーパーバイズする「プリセプター・エイド」も置くようにしました。プリセプター・エイドは、プリセプターが判断に迷ったときに助言したり、プリセプター不在時の代役を務めたりします。そしてこの両者とも不在の際は、「トレーナー」が技術指導します。
プリセプターは、些細なことでも相談できる身近な存在として年齢の近い3~4年目ラダーⅡ以上の看護師が人選されます。プリセプターエイドは4~5年目ラダーⅢ以上の臨床実践能力をもった看護師が担っています。看護教育委員はラダーⅢ以上の指導力のある看護師が選ばれています。プリセプターを中心とし、プリセプターエイドやトレーナー、所属病棟の看護師長、看護主任、看護教育委員でチーム編成をし、病棟全体で新人看護師を支えるチーム作りをしています。

webを積極的に活用しています

eラーニングは3種類! 看護部YouTubeチャンネルもあります

eラーニングは3種類活用しています。(Nursing Skills / Safty Plus / Safe Master)
Nuesing Skillsは、385手技・109講義(2020年6月現在)もの看護技術の動画が収載されており、看護マニュアルとして利用しています。病棟にはいつでもアクセスできるよう新人と同数のタブレット端末を準備しています。目的や根拠、手順や準備物品をステーションやベッドサイドで確認します。コンテンツは動画や画像と共に分かりやすいテキストで解説されているため、限られた時間の中で効果的なスキルアップを図ることができます。自宅や通勤時にスマートフォンでもアクセス可能です。Web上の知識確認テストで満点取得後、指導者と一緒に患者さんに実施します。複数回一緒に行い、実技チェックリスト8割取得で合格です。1年目の6月末迄におよそ50項目、1年間で約80項目を習得します。
看護部YouTubeチャンネルには、研修、病棟勉強会や技術系動画をアップし、学習をサポートしています。

総合東京病院版キャリアラダー研修で成長をサポートします

キャリアデザインを支援します

当院は日本看護協会が推奨するクリニカルラダーを取り入れたキャリアラダーを導入し、新人からラダーレベルVまでの看護師の育成に活用しています。新人看護師はラダーⅠからスタートします。研修はI~Vのラダーレベルごと、新人~3年目までの経年別、全看護師対象の各種コース別研修を実施しています。

【経年別研修】  
 2年目 他部署ローテーション研修、ケーススタディ発表会
 3年目 2年6ヶ月振り返り研修、ケーススタディ発表会

【コース別研修】 
 リーダー研修、新人指導担当者研修、クリティカルケア

外部研修受講支援制度があります

学ぶ意欲をサポートします

【院外研修補助制度】
 認定看護師
  手術看護、摂食・嚥下障害看護を取得しました。 
  2021年度、認知症看護を取得予定です。
 認定看護管理者教育課程 
  ファーストレベル9名受講 ※2021年10月現在

【資格取得支援制度】
  研修費補助と研修日を出張の扱いにします。
  参加実績:東京都看護師認知症対応力向上研修、災害支援ナース養成研修、東京都新人看護職員教育担当者研修 他多数

【看護研究】
  2019年度以降、外部講師の定期的な指導を受け、看護研究を進めています。
  日本看護協会 2019年度  5演題発表
         2020年度 11演題発表


※2019年学会参加時の写真です

職場の雰囲気

日常風景

instagram で研修や院内の様子を発信しています。チェックしてください!!
末梢静脈路確保の実技演習です。指導者がマンツーマンで見守ります。
感染予防対策を学びます。N95マスクの着脱を実習しました。

この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院