宇陀市立病院

私たちは地域住民の疾病予防及び健康保持の増進に努め、患者さまが安心して医療を受けられるように、安全管理、患者さまの人権を守り、優しさと思いやりの心を持ち人の痛みがわかる患者さま中心の質の高い看護を目指します。


募集職種
  • 看護師
病床数 176床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 -
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

地域の方とともに

宇陀市の高齢化率の上昇に伴い、入院される患者様も後期高齢者の方が増えてまいりました。当院は奈良県の地域包括ケアシステムのモデル地区としてシステムを構築しており、「自分らしい暮らしを人生の最後まで宇陀の地」で過ごしていただくため、地域の中核病院としての役割を果すために医療・看護・介護の連携を取っております。特に退院調整・支援は病院隣接されている医療・介護あんしんセンターと密に連携をとり、入院から退院後の生活の場を考えた専門職チームでの支援をおこなっています。Qualityを考えた安全な医療を基盤に、患者に寄り添いながらケアの提供をおこないます。

看護部長からのメッセージ

看護部長
山内麻里子

「目配り」 「気配り」 「優しい笑顔」

看護部は、「患者さま中心の看護」をビジョンに掲げています。看護師一人ひとりが患者さまの立場に立ち、専門職としての「責任ある行動」をとり、看護を提供していくことを目指しています。看護師教育では、キャリア開発ラダーを導入しており、継続教育を支援する体制を整えています。また、看護倫理などの人間性の育成も重視し、医療チームの一員としての役割発揮ができる看護師の育成に取り組んでいます。今後更に、多様な地域のニーズに応じた対応ができる看護師育成が重要であると考えています。                                                       これからも、患者さまから当院を選んでよかったと思っていただけるように、そして、看護師がこの病院でやりがいを持って働き続けられる職場環境つくりに取り組んで参りたいと考えています。                                                     どうぞ、よろしくお願いいたします。

先輩からのメッセージ

宇陀市立病院
看護部

未来の看護師さんへ

看護学生さんにとっては「ハラハラ・ドキドキ」する実習ですが、病院で臨床指導に関わる指導ナースは「身近な相談相手」として看護学生さんを見守っています。臨床実習でのがんばりを評価し、学校の先生と連携して実習を支援しています。
実習はとにかく大変かもしれませんが、「やっぱり看護っていいなぁ」と思える実習にして欲しいという願いで関わっています。私たち実習指導ナースは、ステキな未来の看護師さんを応援しています。

宇陀市立病院(奈良県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院