公立八鹿病院

所在地: 兵庫県
病院形態: 公立病院(都道府県市町村組合)
募集職種: 看護師 助産師
看護師数: 301人 病床数: 380床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

地域とともにあゆむ公立八鹿病院

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

地域に暮らす人々と共に、心あたたかな医療を進めたい。

地域と共に…。これは1949(昭和24)年8月の病院開設以来、私たち公立八鹿病院の歩みの姿であると共に、いつも大切にしてきた心です。
診療科23科、病床数380床(一般338床、療養35床、結核7床)を数える今も、その心は変わりません。
1992(平成4)年4月には看護専門学校を開校し、同年11月には老人保健施設を開設。1993(平成5)年2月には訪問看護センターを開設し、1996(平成8)年には、さらに地域福祉センターへと発展させました。
もっと豊かに、もっときめ細かく、これからも但馬地方西南部の地域中核病院として、医療分野だけでなく、福祉の分野にも貢献したいと努力を続けています。

看護部長からのメッセージ

患者さんに寄り添う温かい看護を実践し、夢に向かって成長していける環境です

地域に根ざした医療を提供する八鹿病院の看護部は、「患者さんに寄り添う温かい看護」を実践しています。そのために看護師の教育に力を入れており、キャリアの土台となる基本的な知識と技術の習得はもちろんのこと、患者さんやご家族の気持ちをくみ取り、尊重できる感性を育むことも大切にしています。そして、それぞれが目指す夢に向かって成長していける、キャリア支援制度を整えています。急性期だけでなく慢性期の看護にも携われるなど、さまざまな経験が積めることも大きな特長です。当院は職種に関わらず、チームとして地域に貢献することを目指しています。その一員として、一緒にがんばりましょう。

先輩からのメッセージ

公立八鹿病院
2016年入職

緩和ケア病棟で患者さんの思いに 寄り添った看護で関わっています

「緩和ケア病棟」で働いています。以前は急性期病棟で働いていました。緩和ケア病棟では急性期病棟で学んだことを活かしながら、ゆっくりと時間をとって一人ひとりの患者さんと向き合い、看護できることに充実感を覚えています。身体的な苦痛だけでなく、精神的な苦痛や不安を軽減し、穏やかな時間を過ごしていただけるよう日々チームで話し合い、思いに寄り添った看護ができるよう関わらせていただいています。患者さん、ご家族の方との関わりの中で悩むこともありますが、笑顔を見ることができた時や「ありがとう」と言っていただいた時はとても嬉しく、貴重な時間を共に過ごさせて頂いているのでやりがいを感じています。

病院概要

病院形態 公立病院(都道府県市町村組合)
開設者 公立八鹿病院組合 管理者 富 勝治
開設日 1949(昭和24)年8月
院長名 後藤 葉一
看護部長 高階 優子
病床数 380床
一般338床、療養35床、結核7床
職員数 582人(うち、看護職員数301人)
患者数 外来:527人/日 入院:273人/日
診療科目 内科、脳神経内科、呼吸器科、循環器科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、婦人科、消化器内科、精神神経科、胃腸科(検診外来)、緩和ケア科、救急科、総合診療科、歯科口腔外科
センター・施設 透析センター・内視鏡センター・健康センター
救急指定 二次救急
看護体制 一般病棟:7対1、療養病棟:20対1
看護方式 受け持ち制看護
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん性疼痛看護、感染管理、緩和ケア、救急看護、手術看護、乳がん看護、認知症看護、皮膚・排泄ケア、訪問看護
病院所在地 〒667-8555 兵庫県養父市八鹿町八鹿1878番地1
アクセス JR山陰本線八鹿駅下車 タクシー4分または、徒歩約15分
URL 「公立八鹿病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 兵庫県立大学、関西福祉大学、姫路大学、兵庫医療大学、京都看護大学、川﨑医療福祉大学、兵庫県立総合衛生学院、公立八鹿病院看護専門学校、京都府立看護学校、鳥取市医療看護専門学校 他多数

教育・研修制度

新人研修

教育理念

専門職としての知識・技術と倫理的感性を養い、医療チームの一員として質の高い看護実践ができる人材を育成する。

教育・研修制度

教育方針

1.患者中心の看護を実践できる看護職の育成
2.倫理的感性を持ち、患者の人権を擁護できる看護職の育成
3.コミュニケーション能力と人間関係形成能力の優れた看護職の育成
4.専門知識と看護技術・アセスメント能力の優れた看護職の育成
5.自分で考え、自律的に、主体的に取り組むことができる看護職の育成
6.新しい看護を想像するため研究に取り組むことができる看護職の育成
7.看護サービスを充実させるためのマネジメント能力をもつ看護職の育成
8.自ら学ぶ、共に学ぶ、共に成長し合う能力をもつ看護職の育成

教育・研修制度

教育目標

1.看護の倫理を基盤として、豊かな人間性と自立性のある看護職を育成します
2.地域住民のニーズに沿った質の高い看護を提供するために、看護実践能力の向上を図ります
3.一人ひとりの看護師の自律的なキャリアデザインを支援します
4.看護における臨床看護実践能力、教育・研究、マネジメント能力、倫理的感性・社会性を育成するための支援を行います
5.看護の専門性を高めるための教育の機会を得られるよう支援します

教育・研修制度

やさしさが「ぎゅっ」と詰まった教育

急がず、一つひとつ丁寧に指導し、みんなで新人さんの成長を見守りながら、共に学び合う。
だからイキイキと看護に取り組み、行動する自律した看護師に成長できるんです。

教育・研修制度

自分の目的に向かって成長できるキャリア支援制度

働く部署は、一人ひとりの希望や個性を尊重して配置。夢や目標に向かって一歩ずつ着実にステップアップできるキャリア支援制度を整えています。充実した研修の実施はもちろんのこと、課題を明確にし、前向きに取り組める指導を行っています。また、ライフサイクルに応じて無理なく働き、成長していける環境を整えていることも大きな特長です。

資料をダウンロードする

キャリア開発ラダー

ダウンロードする

職場の雰囲気

日常風景

4病棟
7病棟
11病棟

先輩看護師の紹介

院内研修が豊富でスキルアップできる環境 温かいサポートの中で成長を実感できます

脳神経内科病棟で勤務し3年が経ちました。病棟ではALSなどの難病で人工呼吸器を装着している患者さんが多いため、疾患や人工呼吸器、意思伝達装置でのコミュニケーションなど勉強することがたくさんあり、入職当初は難しさを感じていました。しかし、難しさ以上に患者さんとのかかわりなどから得られるやりがいを感じています。先輩方の温かいサポートもあり、一歩ずつ着実に進んできたことで看護師として、そして人としての成長を実感しています。八鹿病院は院内研修が豊富で学ぶ機会が多くあり、スキルアップできる環境が整っていると思います。積極的に学ぶ姿勢を持って、患者さんの「自分らしい生活」を支えられる看護師となれるように今後も努力していきたいです。

先輩助産師の紹介

助産師としての力を発揮できる病院 助産師として成長していることを感じます

私は他病院の産科病棟で勤務した後、八鹿病院に入職しました。4病棟は産科と内科の混合病棟で、今まで見たことも経験したこともないことばかりで初めは衝撃を受けました。しかし、その都度先輩方が優しく指導し支えてくださったおかげでできることが増え、今まで経験できなかったことをたくさん学ぶことができ、一助産師として大きく成長していると感じています。また八鹿病院は院内助産をしており、助産師としての力量をフルに発揮できる場です。平成28年度からは産後ケア事業も取り入れ、妊産婦さんの側に寄り添い、サポートできるところも魅力だと思います。今後も日々多くのことを学び吸収し、より一層妊産婦さんの伴走者となれるような助産師を目指します。


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院