JR大阪鉄道病院

~私達は人間性を尊重し、謙虚で誠実な医療を提供します~ 
JR西日本が運営する企業立病院です。ワークライフバランスの充実に取り組んでいます。
地域の中核病院として急性期の医療を行っています。看護部は“温かい心で信頼される看護を提供します”という理念に則り、患者さんのベッドサイドケアを丁寧に行うことを心がけています。また専門職として生涯自己研鑽できる看護師の育成に努めています。


募集職種
  • 看護師
病床数 303床
外来患者 619名 入院患者 220名
看護体制 急性期一般7:1、回復期リハ15:1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

JR大阪鉄道病院は、1915年に旧国鉄の職域病院として神戸に開設され、1929年に天王寺に移転しました。
1982年からは地域医療の一翼を担うようになり、2000年に現在地に新築移転しました。
また、2009年に「化学療法センター」を開設、2011年には「大阪府がん診療拠点病院」の指定を受け、
専門的ながん診療機能の充実を図るなど、「安全で信頼される質の高い医療」の提供に努めています。

質の高い医療を提供するために、看護師や医師をはじめとする各分野のプロが連携してチーム医療に取り組みます。
そのため何でも相談しやすく、話しやすいオープンな人間関係が、患者さんへのよりよいケアにつながります。
当院は、お互いが相手のことを思いやり、働きやすい環境づくりを実践している職場。
先輩からは知識や技術だけでなく、人間性も学び、キャリアアップを図ることができます。
また、仕事と育児を両立するスタッフが多く、子育てへの理解が深いので、
自分のライフステージに合わせて長く働きたい人には最適な病院です。

看護部長からのメッセージ

看護部長
西谷内

看護部長挨拶

大阪鉄道病院は、JR西日本の企業立病院です。天王寺駅から徒歩5分の好立地条件にあり、
沿線にお住まいの方にとっては通勤しやすい環境です。

急性期病棟・回復期リハビリテーション病棟・緩和ケア病棟を有する多機能型急性期病院です。
看護師として達人になるための教育体制と、JR西日本社員として充実した福利厚生が適用されるため、
子育てと仕事を両立しながら、長く仕事を続けキャリアアップする事ができます。

院内はアットホームで職員同士の雰囲気はとても良いです。
そして安全・時間・ルールに対して真摯な姿勢で取組み、社会人・企業人としての基盤が形成されます。
それらが看護師の姿勢や行動に表れ、社会的な信頼感へと繋がっています。
「私たちは、温かいこころで、信頼される看護を提供します」という理念が行動に表れています。

また、看護の質を高め続けるために、一人ひとりが自分に出来る事は何かを考え、
チャレンジし続ける自律した看護師を育てたいと考えています。
パートナーシップ体制であなたを懇切丁寧にサポートします。

先輩からのメッセージ

近畿大学付属看護専門学校 卒
廣瀬 理沙

先輩看護師からのメッセージ

温かい雰囲気に惹かれ当院への入職を決めました。

配属前のローテーション研修で各病棟の雰囲気を知ることができ、
今は第一希望であった整形外科、婦人科の混合病棟で働いています。

新人の頃はフレッシュパートナーの先輩が一対一で指導してくださり、
2年目以降も困ったことがあれば先輩に相談しやすく、
イメージ通り温かい雰囲気の中で毎日楽しく働くことができています。

JR大阪鉄道病院(大阪府)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院