社会医療法人大道会 森之宮病院

私たちにしかできない医療・福祉に挑戦する
ー楽しく・明るく・元気に働き続けられる職場で、看護の夢を私たちと一緒に実現しませんかー


募集職種
  • 看護師
病床数 355床
外来患者 250名 入院患者 315名
看護体制 7:1(急性期)、13:1(回復期リハビリテーション病棟)
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

大道会は11の病院・施設で、急性期医療や回復期リハビリテーション、障害者リハビリテーション、PET/CT検査施設、人間ドック、透析医療、介護施設、在宅部門などの事業を運営しています。

ボバース記念病院は1982年に全国で初めての都市型リハビリテーション病院として開設されました。病院名は脳卒中や脳性まひに対する先駆的なリハビリテーション概念を提唱したボバース夫妻の名に由来しています。開設以来、リハビリテーション医療を提供し続けてきました。そして、2018年10月、ボバース記念病院は小児期・青年期発症の運動障がいを持つ方々に対して、生涯にわたり一貫した医療を提供する病院として生まれ変わりました。「障がいがある方の発達と生活の質(QOL)の向上、社会参加を支えるリハビリテーション医療を提供します」という病院基本理念のもと、障がいのある方に寄り添い、優しさと思いやりを持ち、信頼される看護を提供できる看護職でありたいと思っています。

看護部長からのメッセージ

法人統括看護部長
福岡 幸代

法人統括看護部長からのメッセージ

社会医療法人大道会グループは、1954年に旧大道病院を開設して以来、地域に密着した医療・福祉事業を展開してきました。
急性期医療とリハビリテーション医療、地域包括ケア病棟の機能をもって、より地域に密着した機能を併せ持つ森之宮病院をはじめ、ボバース記念病院、人間ドックの帝国ホテルクリニック、人工透析の大道クリニック、PET画像センターの森之宮クリニック、訪問看護ステーション、介護老人保健施設グリーンライフなど、現在13の施設を擁するまでに発展しています。
予防から急性期、回復期、訪問看護……と看護師が活躍できるフィールドの広さが、大道会グループの魅力の一つとなっています。看護師としてのキャリア、結婚・出産・育児などライフスタイルの変化に応じて、職場を選ぶことも可能です。またWLBの取り組みで働き続ける職場環境も最適で支援体制も整っています。

先輩からのメッセージ

森之宮病院
先輩ナース

看護師としての毎日について

看護師になり、数ヵ月が過ぎようとしています。まだまだ緊張と不安が大きく、責任感と看護師としての未熟さを痛感する日々ですが、先輩の丁寧な指導の下で増える新しい知識や技術、患者さんや他のスタッフとのコミュニケーションにより充実した日々を送っています。

実際に病棟で看護業務を行う前に、様々な援助・倫理など看護師に必要なことを、院内・院外研修、勉強会など毎月何かしらの研修等があり、学ぶことができ日々の看護に活かすことができます。

また病棟ではプリセプターが、丁寧な指導に加え、現在の自分がどの程度の知識があるのか、しっかりとしたエビデンスを理解しているのか、などを確認してくださるため、無理なく学ぶことができます。その日の疑問は先輩と確認し、また病棟にある参考書等で直ぐ確認することができます。自分が勉強した内容はプリセプターが確認してくださり、またプリセプターとの出勤が違っても毎日ノートで日々の進行具合を確認していただきます。

社会医療法人大道会 森之宮病院(大阪府)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院