西尾市民病院

所在地: 愛知県
病院形態: 公立病院(都道府県市町村組合)
募集職種: 看護師
看護師数: 344人 病床数: 372床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

温かい心と確かな技術、めざそう人に優しい医療を

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

◆◇◆◇西尾市民病院の特徴 5つのポイント◆◇◆◇ 

 【1】幅広いご経験が積める環境です! 
二次救急医療機関として年間約3800台の救急車受け入れを行っています。 
また、急性期から在宅につなぐ地域包括ケア病棟を有しており、急性期~在宅に向けたご経験が積めます! 


【2】キャリアアップ支援も充実 
認定看護師を取得したい場合に支援制度有。費用は全額病院負担。現在、8分野11名の認定看護師が活躍中! 


【3】公務員として充実の福利厚生 
敷地内に保育有(夜間保育も有)、休暇制度も充実(病気休暇、夏季休暇、育児休暇、結婚休暇、 忌引、介護休暇、リフレッシュ休暇など) 
長く働ける環境が整っています! 


【4】勤務体制も選択可! 
二交代、三交代を選択性なので、自身に合った働き方が選択できます。 


【5】高い定着率 
手厚い教育制度や福利厚生制度により、平均勤続年数は約11年と全国平均を上回っています。 
20代から50代まで各年代がバランスよく勤務しています。育児休暇はほぼ全員が取得!そしてほぼ全員が職場復帰しています! 

◆◇◆修学資金情報◆◇◆◇
・西尾市では、将来西尾市民病院で看護師として働く意欲のある方のために、修学資金を貸与する制度を用意しています。
貸与期間と同じ期間を勤務すれば返還が免除されます。

・募集人員  6人程度
・申し込み資格  看護師の養成施設(大学や専門学校等)に在学している方、または令和4年4月入学見込みの方で、卒業後すぐに、西尾市民病院で正規職員として勤務できる方
・貸与額   月額 60,000 円
・貸与期間  令和4年4月から養成施設(大学や専門学校)を卒業するまでの期間
・申し込み方法 
  受付期間  令和4年2月1日(火)から令和4年3月7日(月)まで
・選考試験  
  試験内容  面接試験
  試験日   令和4年 3月20日(日)
  試験会場  西尾市民病院

 ※ 詳細については、令和4年2月1日以降に、西尾市民病院のホームページをご覧ください。
   書類も、ホームページからダウンロードできます。


 
◆◇◆◇教育情報◆◇◆◇ 
・西尾市民病院では、キャリア開発ラダーを取り入れています。 
個人の看護実戦能力を評価し、レベル1~5のレベルに分け、動機づけと教育サポートの実施、仕事の満足度を高めることを目指し、自律した看護師の育成を目指しています。 


・パートナシップ・ナーシング・システム(PNS)を取り入れています。 
新人の皆さんはパートナーの看護師より直接その部署特有の看護を学ぶことができますので安心してスキルを身に付けられます。 
 
 
◆◇◆◇その他◆◇◆◇ 
・住宅手当有、最大27,000円支給。 
・市町村職員共済組合による各種給付、貯金事業、貸付事業、福利厚生事業等を実施 
・自然が豊かな穏やかな環境の立地ですが、意外に都心へのアクセスも良好!乗り換えなしで50分で名古屋市中心地に行けます。 
 

看護部長からのメッセージ

看護部長・認定看護管理者
鈴木育子

看護部長からのごあいさつ

当院の看護部の大切にしていることは、スタッフ一人ひとりが、看護師として生き生きと働いていただくことです。そのために、働きがいと働きやすさを大切にしています。

働きがいを感じていただくためには、看護師として成長できることが大切だと考えています。そのために、教育制度が充実しています。看護実践を積みながら、また、研修を受けながら看護師としてキャリアアップすることができます。院内研修の講師は、主に当院の認定看護師が担当しています。8分野11名の認定看護師(1名は特定行為研修修了)がレベルに合わせた研修を行っています。

また、全部署で、パートナーシップ・ナーシング・システム(PNS)を導入していますので、直接
見て学ぶことができ、その場で質問もできますので、新人のみなさんや中途採用の方も安心して
勤務することができます。看護師同士、お互いに思いやりの心で成長を支え合うことを大事に
しています。
夜勤は、2交代、3交代どちらでもその時々の生活に合わせて選ぶことができます。お互いさま
精神で働きやすい職場を目指しています。

先輩からのメッセージ

5階東病棟
大野伶奈

新人ナース(入職3年目)

Q西尾市民病院を選んだきっかけは?
看護学生の実習をメインに行ったのが、西尾市民病院でした。病院の中の構造とか、物品の位置とかわかっているので、就職してから早く現場に慣れると思い選びました。また、家が近いので毎日の通勤が楽なのも決め手になりました。

Q西尾市民病院のいいところは?
西尾市民病院では、全部の病棟でパートナーシップ・ナーシング・システムが取り入れられているので、先輩の看護師といっしょに患者さんのバイタルの測定やケアを行うことができます。わからないことは、その場で聞けるし、先輩の看護技術を実際に見て学ぶことができ安心です。
1年目の実地指導者の先輩は2年目になっても気にかけてくださり、悩みや困ったことなど相談しています。業務は忙しいですが、みんなで協力し合おうという雰囲気があり、チームワークがいいと思います。

Q未来のワタシはどんな姿ですか?
いろいろな年代の先輩看護師の方が働いてみえますので、私もできるだけ看護師として長く働きたいと思っています。
そして、ナースとして成長して、患者さんから頼られるような存在になりたいです。

病院概要

病院形態 公立病院(都道府県市町村組合)
開設者 西尾市長
開設日 昭和23年6月1日
院長名 禰宜田政隆
看護部長 鈴木育子
病床数 372床
職員数 580人(うち、看護職員数344人)
患者数 外来:633人/日 入院:224人/日
診療科目 内科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、産婦人科、呼吸器外科、精神科、病理診断科
センター・施設
救急指定 二次救急
看護体制 2交代、3交代混合
看護方式 パートナーシップ・ナーシング・システム
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん化学療法看護、がん性疼痛看護、感染管理、救急看護、摂食・嚥下障害看護、認知症看護、皮膚・排泄ケア、慢性呼吸器疾患看護 、 特定行為研修修了認定看護師が1名
病院所在地 〒445-8510 愛知県西尾市熊味町上泡原6番地
アクセス 名鉄西尾駅からバス7分 名鉄西尾口駅から徒歩5分
URL 「西尾市民病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 西尾市立看護専門学校、愛知県立大学看護学部、日本赤十字豊田看護大学、蒲郡市立ソフィア看護専門学校、県立愛知看護専門学校、更生看護専門学校、半田常滑看護専門学校、平成医療短期大学看護学科、中京病院付属看護専門学校、名古屋大学医学部保健学科看護学専攻

教育・研修制度

新人研修

新人研修

■充実した臨床新人研修で、実践能力アップを目指します。
■実地指導者とチューターでしっかりサポートします。
※画像は年間計画

新人研修

6月(年間計画より)

4月から6月は、ローテーション研修で、全病棟、手術室、救急外来を回ります。6月末に本人の配属先の希望を聞きながら配属先を決定し、部署に配置になります。実地指導者やチューターを中心に、病棟スタッフ全員で指導します。

毎月1回、集合研修を行います。内容は、講義や演習を行ったり、できるようになったことや困ったことなどを同期で話し合ったりしてリフレッシュします。
※画像は集合研修

新人研修

2年目以降の研修

ラダー別に研修があります。まずは、ラダーIを習得できるように研修に参加します。
※画像は2018年の新人です。みんなで頑張っています。

認定看護師の紹介

がん化学療法看護認定看護師

通院しながら化学療法(抗がん剤治療)をうけることができる外来治療センターで働いています。
新規抗がん剤の開発や副作用を軽減するための対処療法などにより、外来で安心して治療できるようになりました。
しかし、それでも治療を受ける患者さまやご家族にとっては不安の気持ちでいっぱいだと思います。
出現する副作用は抗がん剤の種類によって異なります。大きな不安が少しでも小さくなるように、副作用の適切な予防方法やご自宅でのケアについてお話しています。患者さまやご家族が安心して治療を受けられ、ご自宅でいつも通りに過ごすことができるように今後も支援していきます。

認定看護師の紹介

認知症看護認定看護師

認知症看護認定看護師として認知症の方やご家族の思いに寄り添い、その人らしく穏やかに安心して過ごしていただけるような看護を提供していきたいと考えています。
また、認知症サポートチームの一員として認知症の方が入院されても穏やかに過ごせ、認知症症状の悪化を予防し、身体疾患の治療が円滑に受けられるよう支援させていただきます。

認定看護師の紹介

救急看護認定看護師

平成24年7月に救急認定看護師を取得し、現在救急外来で勤務しています。当院の救急外来の目標である「いつでも頼られる医療」の実現を目指し、突然の疾病にいつでも迅速に対応し、患者さんの命を守る看護を提供していきたいと思っています。

職場の雰囲気

私の一日

【病棟】
パートナーシップ・ナーシングを行っています。
パートナーと共に、ラウンド、ケアを行います。新人、育児休暇明けのひと、異動者など慣れない人でもペアで看護を行うので安心です。
また、2人の看護師が患者さんの情報を共有することもあり、コミュニケーションはより活発になりました。

【救急外来】
救急外来は、24時間、365日、救急車のサイレンとともに眠ることはありません。1分1秒を争う処置が行われ、緊張感に満ちた現場です。救急看護認定看護師を中心に、患者さんの命を守る、生活を守るをモットーにがんばっています。ご家族の方の不安も強いので、家族の気持ちになってお声をかけるようにしています。

【放射線科】
放射線科も日進月歩、医療の高度化が進んでいる領域です。カテーテル治療や内視鏡検査・治療が24時間365日、緊急でも行われます。看護師も専門性が求められますので、最新の治療についていけるように自己研鑽に励んでいます。

日常風景

内科外来
外来治療センター
手術室

先輩看護師の紹介

主任ナース 松本裕香さんへインタビュー

Q.どんな仕事をしていますか?
主任になり1年目です。病棟も異動しましたので私自身まだ病棟業務に慣れないところもあり、みんなに聞きながら業務を行っています。
立場上、師長不在時は代行業務も担いますので緊張しています。早く慣れてみんなから頼られるような主任になりたいです。

Q.西尾市民病院のいいところは?
私自身、当院に新卒で就職して15年目になりますが、アットホームな雰囲気があり働きやすいと思います。夜勤も2交代、3交代、自分の生活に合わせて選べるところも魅力だと思います。また、個人の都合で勤務を代われるところもいいですね。
現在は新型コロナの影響で、なかなか旅行に行けませんが、まとめて休みを取ることができますので、旅行など行きやすいと思います。いろいろな病棟がありますので、急性期の看護から回復期の看護まで経験できます。看護師としてスキルアップしながら、長く働き続けれる職場だと思います。

先輩看護師の紹介

がん性疼痛看護認定看護師 田境公治さんへインタビュー

Q.認定看護師を志した理由は?
もともと手術室に勤務していましたが、術前の訪問に伺った時に、患者さんからは手術そのものの不安だけでなく、その後の病気の経過全般について、また、痛みについての質問を受けることが多くありました。
今の時代は2人に1人が「がん」にかかると言われており、「がん」は身近な病気と言えます。そして、「がん」の痛みが緩和されることで生活の質は上がると思います。そこに関われることは看護師としてのやりがいを感じられます。
看護師として、より専門的な知識や技術を学ぶために認定看護師の資格を取得しました。職場の仲間の理解と病院からの全面的なサポートに感謝しています。

Q.西尾市民病院のいいところは?
地域密着型の2次救急病院であり、地域の患者さんが多く入院されます。患者さんによっては、繰り返し入院される方も多くいらっしゃいます。
地域で暮らす皆さんの命と健康を守る病院であり、地域医療に貢献していると感じています。


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院