岡山光南病院

急性期病院では毎日が慌ただしくゆっくり患者さんと関わることは難しいですが、回復期リハビリ病院では1人ひとりの患者さんとしっかりと関わり向き合うことができます。
2023・24年卒対象にオンライン説明会、インターンシップを随時開催しています。興味のある方は気軽に問合せください。


募集職種
  • 看護師
病床数 44床
外来患者 30名 入院患者 41名
看護体制 3交代 早出・遅出勤務あり
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

【理念】
 すべての患者さんが身体的、社会的状況に応じた最適な医療が受けられる病院を目指します
 
 私たち看護師は患者さんが安心してリハビリテーションができるように全身状態、疾病の管理を行いながら、患者さんの能力に合わせた日常生活の援助を行っています。患者さんが回復し笑顔で帰られる姿を見ると回復期の看護師になってよかったと実感します。患者さんやご家族が抱えている不安や悩みを少しでも軽減し、再び活き活きと生活がおくれるようにサポートしていきます。
 患者さんの笑顔をやりがいに一緒に働いてみませんか!!

看護部長からのメッセージ

看護部長
松井清美

ご挨拶

回復期リハビリテーション病棟のイメージは、常に患者さんに寄り添い、ゆったりとしたイメージと思われがちですが、実は現場に入れば、急性期治療後も引き続き医療的処置のいる患者さん、また脳卒中後の後遺症である高次脳機能障害・認知症に悩まされている患者さん・ご家族、また認知症を抱えている患者さんが大半を占めています。
急性期から回復期に来られリハビリを行い、最後に自分の居場所(自宅・施設)に帰られる。患者さん・ご家族にとっては、そこが本当の意味のスタートラインだと思います。スタートラインに辿り着くまでに、一緒に悩み、考え、アドバイスができる。そんな看護師業務を私は誇りに思っています。

先輩からのメッセージ

回復期リハビリテーション認定看護師
内山治美

認定看護師

平成23年1月に全コース修了、11月に認定されました。内山さんの4ヶ月間の実践活動レポートの課題は「食事の姿勢」。内山弁「漠然と食事の姿勢を整えよう・・ではなく、基本的な解剖の理解。摂食(食物を口から食べること)と嚥下(取込んだ水分や食物を咽頭と食道を経て胃へ送込む<飲み込む>こと)のメカニズムには、

準備期(食物を咀嚼し食魂を形成する時期)
口腔期(食魂を口腔からのどに送込む時期)
咽頭期(食魂をのどから食道へ送込む時期)
食道期(食魂を食道から胃に送込む時期)

で食物の流れがあります。
ただ「食べれない」という観察だけでなく、解剖学的なメカニズムを理解し観察の気付きをしていく、見えない部分の理解をしていきたい」と、奥の深い実践レポートになりました。

岡山光南病院(岡山県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院