札幌東徳洲会病院

所在地: 北海道
病院形態: 民間(病院・企業等)
募集職種: 看護師
看護師数: 475人 病床数: 325床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

「24時間オープン」を実践する病院として医療と看護を提供していきます

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

 札幌東徳洲会病院は1986年2月に徳洲会グループ12番目の病院として開設し、2006年9月に現在の病院に新築移転いたしました。「生命を安心して預けられる病院、健康と生活を守る病院」の理念の下、年中無休24時間オープンで地域の人々の生活を支え続けています。
 当院は26診療科がそろった急性期病院です。特に救急車の受け入れ件数は北海道一であり、年間9,000台の救急車を受け入れしています。また JCI(国際機能評価)も取得し、グローバルな医療を展開していますので多くの外国の患者様も来院されます。
 
 看護部の教育体制はクリニカルラダーに基づいて進められ、また徳洲会のネットワークを活かした教育システムも平行して取り入れながら、幅広い視野を持った人材育成を目指しています。
 限りない可能性を持つ皆さんには、様々な事に挑戦してほしいと願っています。そして、この病院には皆さんの夢をかなえ成長を支援する体制が整っています。看護部はこれからもより良い形に変化を続けながら「心に届く看護」ができるように皆さんと共に歩み続けて行きたいと思います。

看護部長からのメッセージ

看護部長
坂本 眞起代

看護師として何が出来るのか

これからの時代は、目の前の患者様だけでなく地域全体を見渡しながら、予防医療や健康啓蒙活動にも力を注いで行けるような、そんな社会の変化に対応できる看護師が求められてきます。一人ひとりが知識・技術の研鑽を積みながら、「地域に根付く病院」を目指して職員一丸となって努力を続けて行きたいと思います。

先輩からのメッセージ

先輩
ナース

看護師として成長出来る職場

私が、札幌東徳洲会病院に入職したいと思った動機は、救急件数が多く、たくさんの患者が来院されることで多くの経験を積むことができると思ったからです。実際に働いてみると仕事は急性期病院ということもあり忙しいですが、患者の基本的な日常生活の援助から急変時の対応まで幅広く関わることができ、とても充実した看護師生活を送ることが出来ています。また、スタッフ同士が助け合いながら働いているので、職場の雰囲気も明るくとても居心地がよいです。

病院概要

病院形態 民間(病院・企業等)
開設者 理事長 鈴木 隆夫
開設日 1986年2月
院長名 太田 智之
看護部長 坂本 真起代
病床数 325床
運用病床数282床(ICU:8床含む)
職員数 997人(うち、看護職員数475人)
患者数 外来:558人/日 入院:319人/日
診療科目 内科、脳神経内科、腎臓内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、心臓血管外科、消化器外科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、脳神経外科、放射線治療科、放射線診断科、血液・腫瘍内科、肛門外科、救急科、頭頚部外科、病理診断科、乳腺外科
センター・施設 整形外科外傷センター、手術室、IBDセンター、血液浄化センター(人工透析)、健診センター、化学療法センター
看護体制 急性期一般入院料1
看護方式 チームナーシング
認定看護師 認定看護師が活躍しています
感染管理、救急看護、集中ケア、認知症看護、脳卒中リハビリテーション看護、皮膚・排泄ケア
専門看護師 専門看護師が活躍しています
慢性疾患看護 、 診療看護師
病院所在地 〒065-0033 北海道札幌市東区北33条東14丁目3番1号
アクセス ・地下鉄東豊線「新道東」駅・5番出口より徒歩4分
・地下鉄南北線「北34条」駅より中央バス76・78乗車、東12丁目下車徒歩1分
・高速道路「伏古インター」「札幌北インター」降りて約5分
URL 「札幌東徳洲会病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 -

教育・研修制度

新人研修

新人看護師教育

 看護師として基礎となる能力を身につける最初のステップから、その後のレベルに合わせて、一歩一歩着実にステップアップできるように継続教育プログラムを準備しています。
 共に学び、支え合いながら、成長し、一人ひとりの看護がそれぞれの目標に向けてキャリアを積み上げて行く事ができるように支援していきます。今はコロナ禍で臨地実習が十分にできない状況ですが、そこも加味しながらゆっくりと個々に合わせた現場指導を行っています。

一人ひとりの職業生涯を支援する地域研修

看護師が生涯仕事を続けるために必要な体験学習

看護師がその職業生涯の中で経験出来る職場は少なく、自身のライフステージの変更に伴って急性期病院の経験しかない看護師が療養型の病院に就職し、数か月で退職するケースも稀ではありません。当院では、当グループが所有する老人保健施設・訪問看護ステーションなど関連施設での職業体験は、生涯仕事を続けるために必要な体験学習になると考えています。

一人ひとりの職業生涯を支援する地域研修

理念を実践する教育

当院の特徴として紹介する24時間救急、僻地離島医療、医療・福祉連携、専門医療を提供センター方式は徳洲会の理念を実践する形です。ともに働く人々が日常を通して動機付けられ、生涯を通じて成長できる教育を目指しています。

資格取得への支援制度

個々のキャリアアップを考え、様々な方向へ向け支援を進めて行きます。

認定看護師・専門看護師・特定看護師・大学院進学などの支援制度が充実しており働きながら学ぶ環境が整っています。

全国ネットワークを活用した豊富な臨床システム

多くの研修プログラム

徳洲会本部、徳洲会看護部教育委員会、北海道ブロック、札幌東徳洲会看護部で企画・運営する研修プログラムがあります。僻地・離島研修は、北海道内だけでなく宮古島、沖永良部島、石垣島、喜界島、屋久島など南の島でのワクワクするような生活体験も待っています。

職場の雰囲気

忙しくても仲間がいれば乗り越えられる

「暖かい職場」が自慢です!

見学に来てくれた方々から「人間関係がよさそう」「アットホームな雰囲気ですね」と言ってもらえます。スタッフの親切な部署説明などから、その雰囲気が伝わるのだと思います。
 看護の現場は毎日忙しいですが、カンファレンスの時間など振り返りの場を大切にしており、他職種との連携も良く働きやすい環境が整っています。
 百聞は一見に如かず。ぜひ一度病院見学にいらしてください。


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院