種子島医療センター

所在地: 鹿児島県
病院形態: 民間(病院・企業等)
募集職種: 看護師
看護師数: 162人 病床数: 204床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

私たちと一緒に働きましょう!あなたが患者さんや仲間を支え、そしてあなたも患者さんや仲間に支えられ、そしてともに成長できる病院です。病院見学希望の方はぜひご連絡ください♪(宿泊補助有り※詳細はお問合せ下さい)

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

ひたむきに、高度な離島医療をめざし、
 離島だからできる自分らしいワークスタイルを。
on the Island
 Workstyle 

 医療内容からライフスタイルまで3つの特徴
◆離島でありながら、最先進医療がここに。
・最先端の離島医療を目指して高度医療と充実した診療科目でキャリアアップ。
・最新医療機器による検査・治療、豊富な診療科目で質が高く幅広い医療が学べ、離島でも高度医療のキャリアアップをサポートします。

◆研修・実習などの充実した支援とサポート。
・研修・実習などの充実した支援とサポートにより、幅広く学べ、キャリア,スキルの成長が期待できます。
・各部門のスタッフが連係プレーで助け合っています。

◆離島だからこそ楽しめる!ワークスタイル。
・病院の近くに入寮施設がある他、院内託児所や海の家、レストランもあり、生活面もサポートした福利厚生
・院内のイベントでのスタッフ間交流や、伝統行事への参加による地域交流も行っています。
 サーフィン部,ゴルフコンペ,ミニバレー大会,フラダンス、和太鼓,鉄砲まつり、弓道部等々

看護部長からのメッセージ

看護部長
戸川 英子

離島だから味わえる優しさや体験があなた自身を成長させます

当院は令和元年12月に創立50周年を迎え、開院当初の念願だった「島内完結の医療」から、「住人が笑顔で暮らせる医療」へと引き継がれ、「しあわせの島、しあわせの医療」をスローガンに新たなミッションに向けて始動致しました。

具体的には、常に離島で私たちができる最良の医療の提供を目指しており、ITを駆使した医療機器を積極的に導入し、多くの職種が協働しております。さらに介護福祉施設、行政機関との連携も重視し、救命医療から包括的ケアまでの取り組みを実践しているところです。
当院の強みは、人と人との繋がりを重んじる姿勢と離島であることに甘んじることなく何事にも真摯に向き合い,自己研鑽の姿勢を持ち続ける職員の存在です。また、私たち看護部は、患者さんが笑顔になるためには、わたしたちが笑顔でいることだと考え、患者さんにも職員にも優しい環境作りも大切にしております。

種子島は温暖でとても豊かな自然に囲まれており、古い歴史文化と近未来へと繋がるロケットセンターの存在が融合され、とても魅力ある島です。島での生活を楽しみ、私たちと一緒に離島看護を実践しませんか。人として看護師として共に成長できると信じています。

看護部長 戸川英子 

先輩からのメッセージ

一般病棟 2019年4月入職
河野 未来

あなたの活躍する場所がここにはあります

私は福岡で育ち、ワークライフバランスが取れる職場を探し就職しました。
看護師の免許を取り、入職当初は方言の違いや日々の業務ではわからないこと、失敗することばかりでした。しかし、研修や日々の実践で学び、チューター・他のスタッフのサポートがあり、日々成長できています。
種子島の患者さんと関わっていくうちに方言やコミュニケーションについて学ぶことが出来、日々のケアや処置の仕方、フィジカルアセスメント等多くの事が日々勉強になっています。
種子島には大自然やカフェがあり、他県から来るスタッフが多くいます。
私も種子島の大自然に憧れて来た一人です。
心のこもった医療を提供するとともに全スタッフが最先端の離島医療を目指しキャリアアップを図っています。
種子島にはいろいろな楽しさやライフスタイルがあります。
是非一緒に働いてみませんか?一緒に働けるのを楽しみにしています。

病院概要

病院形態 民間(病院・企業等)
開設者 社会医療法人 義順顕彰会
開設日 昭和57年5月27日
院長名 高尾 尊身
看護部長 戸川 英子
病床数 204床
一般病棟:114床,回復期リハビリテーション病棟:48床、地域包括ケア病棟42床
職員数 342人(うち、看護職員数162人)
患者数 外来:451人/日 入院:180人/日
診療科目 内科、心療内科、神経内科、腎臓内科、血液内科、呼吸器科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、リウマチ科、ペインクリニック、消化器内科、循環器内科、肝臓内科、糖尿内科、肝臓・胆のう・膵臓外科、乳腺・甲状腺外科、放射線科
センター・施設 関連施設にて、田上診療所,介護老人保健施設わらび苑,訪問看護ステーション野の花
救急指定 二次救急
看護体制 一般病棟:入院料4,回復期リハビリテーション病棟:入院料1、地域包括ケア病棟:入院料1
看護方式 固定チームナーシング
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん化学療法看護、感染管理、緩和ケア、救急看護
病院所在地 〒891-3198 鹿児島県西之表市西之表7463番地
アクセス 種子島・屋久島交通 → 空港線「松畠バス停」下車、徒歩約2分
種子島・屋久島交通 → 巡回線「種子高バス停」下車、徒歩約2分
大和交通 → 空港線「松畠バス停」下車、徒歩約1分
URL 「種子島医療センター」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 鹿児島医療法人協会立看護専門学校
鹿児島大学
久木田学園看護専門学校
鹿児島医療センター附属鹿児島看護学校
鹿児島医療福祉専門学校(看護科)
神村学園医療福祉専門学校
鹿児島医療技術専門学校(保健看護学科)
鹿児島高等看護学院
タラ看護専門学校
折尾愛真高等学校 看護専攻科
昭和学園高等学校 看護学科 専門課程 

教育・研修制度

新人研修

新人看護師教育プログラム

 新人看護師が、病院の組織や方針を理解し、先輩の指導を受けながら基本的な看護実践ができることを目的としています。
新人看護職員研修ガイドラインを参考に作成された当院独自の教育研修プログラムに従い、1年間の到達目標を掲げ、個々のペースに応じた指導を行います。
 当院は、チューター制を採用し、皆で育てともに成長する姿勢で新人看護師育成に取り組んでいます。
(令和3年度新人オリエンテーション)

新人看護師研修

看護技術の実施

院内全体での指導体制が充実しています!
栄養科、薬剤部、検査部、レントゲン室、リハ室等々からオリエンテーションを受け、チーム医療の認識をもつことと院内の手順や注意事項等の知識を習得します。
集合教育では、お互いに顔を知ってもらうために新人教育担当の他に全師長が分担し基礎看護技術の実技指導を行います。
認定看護師や特定看護師からの指導も充実しています。

新人看護研修

院内留学

各部署の役割、業務内容、患者層を知ることで自病棟の役割と自分が学ぶべき事を理解することを目的に外来、各病棟、手術室、透析室で見学実習を行いました。
1日かけて養護老人保健施設や訪問看護ステーションでの見学実習も行います。

院内研修会

感染管理認定看護師研修会

当院の感染管理認定看護師による感染対策の研修会を定期的に開催。
マスク、手袋、ガウンの着脱、そして手指消毒は、実施しながらマスターしていきます。

院内研修会

皮膚・排泄ケア認定看護師研修会

鹿児島大学病院より皮膚・排泄ケア認定看護師を講師に招き、ストーマ造設する患者様への術前指導やマーキングについての勉強会を開催しました。
ストーマケアの知識・技術向上支援、患者様の個別指導・ケア方法についての支援、褥瘡ケアについての支援など鹿児島大学病院に講師派遣のご協力をいただいています。

地域がん診療病院研修会

緩和ケア研修会

コロナ禍において、感染対策を万全にスキルUP研修会を実施しています。

資料をダウンロードする

こころ癒される「夜間のロケット打ち上げ」

ダウンロードする

職場の雰囲気

私の一日

さまざまな看護を通してオールマイティな能力を養い、看護師としてのかけがえのない経験ができます。

細分化された専門的な看護だけではなく、地域の特性を理解した上で、総合的な看護の重要性を学ぶことが出来ます。また、将来のキャリア形成に活かせます。

大規模病院では、分断されがちな急性期から生活期までの看護において、患者さんと密に関われるので、看護師として必要とされているというやりがいを感じる事が出来ます。

日常風景

DMAT活動(広域災害訓練より)
離島医療看護実習受け入れ
患者カンファレンス

種子島ならではの光景

種子島中学校より全国の医療従事者へ応援メッセージ

「僕達はコロナに負けない #医療従事者は僕らのヒーロー」
種子島医療センター近くの交差点前、種子島中学校のフェンスに、全国の医療従事者へ感謝の気持ちを伝える大きな横断幕が設置されました。

これは種子島中学校生徒会が中心となり全校生徒で作成したもの。近くで見ると生徒ひとり一人の手書きによるメッセージで埋め尽くされていました。どれも心温まる言葉ばかりで、私たち職員にとってこんなに嬉しい事はありません。

応援メッセージは私たちを笑顔にし、大きな励みとなりました。

病院部活紹介

種子島医療センターサーフィン部(TSC)

サーフィン部は、2004年に創部し約30名で活動しています。
沖に出て、深く深呼吸をすると、日々のストレスや悩みからも開放されます。

また、他職種との交流だけでなく、地域の方とも親交を深められます。
サーフィンだけでなく、ダイビングやシュノーケリング等のマリンスポーツも楽しめます。


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院