鹿児島厚生連病院

“ひと”を癒し、診療技術の向上に努めます


募集職種
  • 看護師
病床数 184床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 一般病棟 7:1
地域包括ケア病棟 10:1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 鹿児島厚生連病院は昭和55年9月に天保山記念病院の名称で消化器科を専門とした民間病院としてスタートしました。昭和60年に鹿児島県下の農協が取得し、平成8年9月に正式に鹿児島厚生連病院と改め、公的病院として現在に至っています。
 当院は鹿児島大学医学部との緊密な連携のもと、患者さんの病態に応じた最新の医療を提供しています。特に、消化管、肝臓、肺の癌治療は九州でも有数の実 績があります。さらに麻酔科、循環器内科、放射線科、眼科、耳鼻咽喉科、糖尿病内科、心療内科の専門医も診療を行っています。
 
 
 ◆◇鹿児島厚生連病院の3つの特徴◇◆
■チーム全体で新人看護師をバックアップ!
  新人看護師が業務に当たって不安がないよう、チューター制度を導入し、チーム全体で一人立ちできるようバックアップしています。

■資格取得希望者を全面にバックアップ!
  現在5名の認定看護師が糖尿病、皮膚・排泄ケア、慢性呼吸器疾患、がん化学療法、緩和ケア、感染管理のそれぞれの分野で活躍しています。
さらにNST教育認定施設として研修講座を毎年開き、多くのNST専門療法士を輩出しています。

■充実したワークライフバランス!
  年間休日数が120日と、オンとオフの両立が可能で、長期間はたらける環境です。

看護部長からのメッセージ

看護部長
原田 昌子

私たちは人間尊重のもと、信頼される看護実践のために最善をつくします

2018年5月に新施設がオープンし、鹿児島厚生連病院と健康管理センターが一体化しました。雄大な桜島と錦江湾が眺望できる素晴らしい環境に立地しています。看護部理念を基本に、いつでも患者様を尊重し、丁寧に向き合いながら、個々のニーズに応じたケアがタイムリーに提供できる看護師でありたいと思います。そのためには看護師自身が看護のやりがいを感じられるよう、働きやすい環境づくりに努めてまいります。ぜひ、一緒に働きましょう。

先輩からのメッセージ

6階北病棟
神田 味佳

困った時に助けてくれる、優しく頼りになる先輩ばかりです

当院は実習先の病院でした。その時に出会った看護師の方がとても素敵で、「こんな看護師になりたい、一緒に働きたい」と憧れを抱き、入職を決めました。現在は消化器外科・呼吸器外科、消化器内科の混合病棟に勤務し、手術前後のケアや検査処置・化学療法に対する診療の補助や介助、日常生活の援助などを実践しています。
先輩たちには優しく、時には厳しく指導して頂いています。まだわからないことやできないことも多いのですが、困った時には仕事面、精神面ともに助けてくださるスーパーマンのような先輩ばかりです。病棟の雰囲気もよく、居心地のよい環境の中でのびのびと働いています。
やりがいを感じるのは、患者様に自分の名前を覚えて頂けた時です。どんな時でも、患者様を一番に考えられる優しい看護師になりたいと思っています。

鹿児島厚生連病院(鹿児島県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院