一般財団法人大原記念財団

所在地: 福島県
病院形態: 財団法人
募集職種: 看護師 保健師 助産師
看護師数: 547人 病床数: 353床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

人を愛し、病を究める

私たちは、すべての患者さまとご家族のために、常に一歩先行く医療を探究し、優しさを持って最善を尽くす医療を実践することにより、地域から信頼される病院を目指します。

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

 当財団は、平成30年1月に新病院棟(大原綜合病院)が開院いたしました。創立が明治25年、地域で一番の医療を提供するという開祖の志を受け継ぎ、野兎病菌発見から臨床研究まで数々の業績を残しながら発展し、120年以上にわたり福島市に於ける市民病院的役割を果たしてきました。
 
 見学随時受付中です!
 
 ご興味があれば、まずはお気軽にお問い合わせください!
 

看護部長からのメッセージ

看護部長のご挨拶

看護は『人』と向き合う仕事です。専門的な技術の習得も必要ですが、これから看護の道にすすむ皆さんには、人間性をゆたかにするコミュニケーション能力をじっくりと養ってほしいと感じています。

大原綜合病院は、地域とつながる病院として『循環型医療』を医療従事者すべてが実践していますので、あなたの人柄が伝わる、あなたらしい看護をきっと見つけることができるでしょう。

私たち看護部では、ワークライフバランスやメンタルヘルスなども積極的に取り入れながらキャリアアップできるようにサポートしています。

人に優しい看護。その答えを、私たちと一緒に探してみませんか。

先輩からのメッセージ

充実した仕事環境とオフタイムの充実

入院していた患者さんが退院されるときに「ありがとう」と言われると、この仕事を選んで良かったと実感しています。私自身は、患者さんの支えになれるような看護師になりたいと思います。

職場は、先輩と後輩の仲が良く、何でも相談し合える雰囲気なので働きやすいですね。先輩看護師は、看護の技術面だけでなく、いつもやさしく見守ってもらい、困ったときにもいつでも相談にのってもらい、精神的にも支えられています。

仕事以外の時間を充実してこそ、良い看護ができると思うので、休日は家で過ごしたり、友達と出かけたりしてリフレッシュしています。

このような環境の中で、是非、一緒に理想の「看護」に向かい一歩踏み出してみませんか?

病院概要

病院形態 財団法人
開設者 一般財団法人 大原総合病院 グループ
開設日 1892年
院長名 佐藤 勝彦
看護部長 清野 伊奈美
病床数 353床
病床数・患者数は大原綜合病院を記載(看護体制7:1)
※職員数は財団全体
職員数 1117人(うち、看護職員数547人)
患者数 外来:658人/日 入院:282人/日
診療科目 内科、心療内科、神経内科、呼吸器科、胃腸科、循環器科、小児科、整形外科、形成外科、消化器外科、精神科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、眼科、産婦人科、アレルギー科、リウマチ科、腎臓内科、外科、脳神経外科、心臓血管外科、呼吸器外科、歯科口腔外科、消化器内科、新生児科、一般外科、乳腺外科、甲状腺外科、外傷整形・脊椎外科、嚥下外科、頭頚部・顔面外科、病理診断科
センター・施設 大原綜合病院・大原医療センター・清水病院
看護体制 -
看護方式 チームナーシング
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん性疼痛看護、感染管理、乳がん看護、認知症看護、皮膚・排泄ケア
病院所在地 〒960-8611 福島県福島市上町6番1号
アクセス 大原綜合病院(福島市上町6-1):JR福島駅より徒歩10分
大原医療センター(福島市鎌田字中江33):JR東北本線 東福島駅より徒歩9分
清水病院(福島市南沢又字前田16-3):飯坂線 泉駅より徒歩10分
URL 「一般財団法人大原記念財団」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 -
財団理念「人を愛し、病を究める」 大原記念財団は、1892(明治25)年の病院創業から数えると一世紀以上の長きにわたり地域医療を守り発展させて参りました。病院の理念「人を愛し、病を究める」のもと、大原綜合病院、大原医療センター、清水病院、訪問看護ステーションを運営し、予防から急性期、地域包括ケア、精神科、在宅ケアまで、地域の皆様が安心して利用できる総合的な医療を提供しています。また、医療機関以外にも、看護学校や保育所の運営により、人材育成と働く者への支援も、積極的に行っています。
研修の体系化と教育プログラムの充実 部署内教育として、プリセプターシップを実施し先輩看護師による日々の評価と、それに基づく個々に応じた細やかな指導を行っています。OJTの他にも、新人看護師教育を毎月2回以上行い、看護の基本的知識と技術について各専門の講師による講義が行われています。
また、全看護職員対象の研修の充実も図り、看護の質を高めるための講義の実施、最新の知見やトピック等について学習しています。
臨床の疑問を追求する「看護研究」のコースも年間を通して行い、学び成長できる環境を整えています。
院内の研修だけではなく、認定看護師教育課程・認定看護管理者教育課程・臨床指導者養成課程など看護協会をはじめ、外部主催の教育プログラムにも、看護部として積極的に参加するよう推奨しており、現在、当財団では専門看護師・認定看護師が、人的資源(リソースナース)として組織横断的に活躍しています。

教育・研修制度

新人研修

看護師1年生。どんなことができるようになる?

看護師の仕事は予想以上に厳しい世界。大半の方はスキルの習得よりむしろ、自分自身との向き合い方を見つめ直すようになります。
それはこれから先もずっと変わらない「看護の心」と言えるもの。
大原綜合病院では、レベルに応じて自己啓発できるさまざまな研修プログラムや職場内OJT(On the Job Training)、資格取得支援制度があります。
看護の基礎をイチからしっかりと学ぶことで、主体的な看護を実践できるようになります。

卒後教育プログラム

着実にスキルアップ

新入職員集合研修や、卒後3ヶ月・6ヶ月・1年目と定期的な研修を設け、
着実なスキルアップを支援しています。

全体の教育プログラム

研修目的

1.看護部の理念に基づき、質の高い看護を提供できる看護師を育成する。
2.自己啓発の必要性を認識し看護レベルを向上させる。

全体の教育プログラム

研修目標

1.個々が人々の中で、協力して業務が遂行できる能力を育成する。
2.自己の実践した看護が評価でき、次に生かすことができる能力を育成・開発する。
3.自己の看護観を深めることができるように支援する。
4.自己のテーマを見出し、看護研究に取り組むことができるように教育・研究・実践間の有機的な関係を促進する。
5.理論と実践との統合、質の高いケアモデルを実践するような組織及びリーダーを育成する。

専門看護師・認定看護師制度の応援について

病院からの助成、受講中の処遇について

看護師自身が主体的・自律的に自己成長していけるように、専門看護師と認定看護師の育成に力を入れています。専門看護師・認定看護師を目指ざす方へ学費等を助成しております。

専門看護師・認定看護師を目指す場合には、退職することなく、在籍したままでの受講が可能です。

詳細については、当院経営本部・総務部人事課までお問い合わせ下さい。

職場の雰囲気

日常風景

新病院棟『待合スペース』
新病院棟『病棟外観』
新病院棟『屋上ヘリポート』

職場紹介

6階西レディース病棟

6階西レディース病棟は、産婦人科、眼科、整形外科等の女性専用の混合病棟です。コンセプトは「笑顔で届ける優しい看護」です。患者さんを中心にご家族、地域の方々など、全ての方々に対し優しくありたいと考えています。また、「もし自分なら・・・もし自分の家族だったらこうしてほしい」と置き換え丁寧な看護の提供を目指しています。
産科は地域周産期医療センターに位置し、小児科(NICU)と協働し合併症を持つ妊婦さんなどの周産期管理を行っています。また、合併症のない妊婦さんの出産も積極的に受け入れ「ここで生んでよかった」と思えるお産を目指しています。更に助産師外来、母乳・母親学級など、妊娠から育児までの継続看護に力を入れています。

職場紹介

9階東病棟

泌尿器科・眼科・頭頚部外科・耳鼻科・口腔外科の5科を有する混合科・・・その名も9階東病棟があります!専門性の高い治療・処置が多く日々、医師と相談・協力の基に安全・安心な看護に心がけています。手術もほぼ毎日のことですが、チームワークで対応できる明るく、元気のある職場です!!


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院