国立病院機構 関東信越グループ32病院

国立病院機構関東信越グループには、関東甲信越地区1都9県(茨城、栃木、群馬、埼玉、東京、千葉、神奈川、新潟、山梨、長野)に32の病院があります。幅広い地域、様々な医療分野での診療機能のもと、看護を実践することができます。目指す看護の実現に向けてキャリアアップが継続できる看護教育体制(Acty Ver.2)を整え、あなたの夢を最大限サポートします。


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 -
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 病院によって異なります、各病院のホームページでご確認ください
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

新人研修

一人ひとりのペースに合わせ、スタッフ一丸となってサポートします

各病院では、新採用者研修の実施、先輩看護師や教育担当看護師長のフォローアップなど、病院全体で皆さんをバックアップするための教育支援体制を整えています。
新採用者一人ひとりを大切に、皆さんが自分らしく成長できるよう、個々のペースに合わせて支援します。

教育・研修制度

看護職員能力開発プログラムVer.2

国立病院機構で働く看護師一人ひとりが専門職業人として自覚を持ち、国立病院機構が担う医療を推進しうる看護実践能力を向上させることをねらいとしています。
<国立病院機構の役割を果たすために求められる看護師としての能力>
1.高度な専門的知識・技術を有し、主体的に実践できる
2.高い倫理観に基づいた、質の高い看護の提供ができる
3.多職種と協同し、看護の役割を発揮する
4.病院経営に参画でき、看護におけるマネジメントができる
5.後輩と共に学び合い、自律した看護職になる
6.臨床看護研究ができる能力を有し、看護を創造する

ACTyナース

理論と技術を持って、実践し、看護を創造する~高い倫理観に基づいて~

国立病院機構の理念に沿った看護を実践することができる看護師を「NHO-ACTyナース(アクティナース)」と称します。「看護職員能力開発プログラム」によって学び、「高い倫理観に基づいて、理論と技術を持って、実践し、看護を創造する」看護師が、ACTyナースです。様々な学習の機会を活用し、日々の看護実践を振り返る過程を続けることで、ACTyナースへの成長を目指します。

国立病院機構 関東信越グループ32病院(東京都)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院