松山赤十字病院

一人ひとりの生命と人権を尊重し、こころの通う看護を実践します


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 632床
外来患者 1605名 入院患者 526名
看護体制 7対1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

当院は1913(大正2)年に開設され、2013(平成25)年に創立100周年を迎えました。長年の懸案でありました新病院は、2018(平成30)年1月に北棟が竣工し、2020年に南棟、2021年にグランドオープンの予定です。
完成の暁には「災害拠点病院」として予想される大地震等の災害に対応し、「地域医療支援病院」「地域がん診療連携拠点病院」「救急病院」等の認定施設としてその機能を果たし、地域に貢献します。

看護部長からのメッセージ

看護部長(認定看護管理者)
児島 二美子

一人ひとりの生命と人権を尊重し、こころの通う看護を実践します

看護部では「一人ひとりの生命と人権を尊重し、こころの通う看護を実践します」を基本方針に掲げ、品格とプライドを持って行動できる赤十字看護師を育成したいと考えています。
2018年度から研修看護師制度を導入しています。学ぶことを優先する期間を保証し、看護実践に必要な基本的知識・技術・態度を習得すること、看護師として成長するための「学び方」や「学ぶ姿勢」を習得することを目的としています。全職員が「共に学び、共に成長する」仲間として尊重し、人を育てる組織文化を醸成したいと考えております。
「看護が好き、人間が好き、自分が好き」と言う方、起き上がりこぼしのごとくへこたれず、自分の夢を叶えたい方、ぜひ松山赤十字病院で一緒に夢を実現させましょ

先輩からのメッセージ

研修看護師 この1年間を振り返って…

研修看護師制度を通して、看護師としての土台をつくる新人一年目の時期に、複数部署で実地指導者さんをはじめ、病棟のスタッフの方々に育てていただきました。各ローテーションの目標に沿って丁寧な指導を受けながら、多くの先輩方の看護観に触れ、幅を広げることができました。また、ローテーションを通じて院内の多職種のスタッフと関わり、つながりができたことも魅力です。今後、チーム医療で連携をとっていく上で重要なことだと思います。私は手術室に配属になりました。外科病棟で研修した経験を活かして、術前術後の患者さんの経過とつながりを持って看護していきたいと思っています。

松山赤十字病院(愛媛県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院