神戸大学医学部附属病院

所在地: 兵庫県
病院形態: 大学病院(国立・公立・私立)
募集職種: 看護師 助産師
看護師数: 1015人 病床数: 934床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

★2023年4月1日採用の採用試験応募期間を変更しました★(2022/4/5現在)
リモート(Web)面接の対応をします。※近畿圏外在住の方に対して
4月から新しいユニフォームになりました!

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

【2023年4月1日採用の採用試験に関するお知らせ】

いよいよ5月14日から採用試験が始まりました。
詳細は看護部ホームページでもお知らせしております。
提出書類による書類選考後、適性検査、面接の結果により採用を決定します。

※近畿圏内在住の方においては対面形式での面接とさせていただきます。

※近畿圏外在住の方はリモート(Web)での面接にも対応します。
 ご希望の方は、提出書類(履歴書など)に添えてお知らせ下さい。
 リモート(Web)面接はそれぞれの日程のうち、いずれかの日に実施いたします。

上記については現時点(※2022年5月14日現在)のものとなります。

看護部長からのメッセージ

「患者中心の看護」をビジョンに掲げ、患者さんの最善を考え倫理観をもって看護を提供することを目指します

神戸大学医学部附属病院は、国立の大学病院、特定機能病院として、先進医療の提供を通じて医療の発展と社会に貢献する使命を担っています。その中で看護部は、「患者中心の看護」をビジョンに掲げ、常に患者さんの最善を考え、倫理観をもって看護を提供することを目指しています。

当看護部では、実践・教育・研究のいずれも重要と考えていますが、中でも“実践”は要と考えています。看護師個々の実践能力を高め、医療チームの一員として役割発揮できる看護師の育成に取り組んでいます。チーム医療においても、患者さんとメンバー、あるいはメンバー間の調整役として、積極的に活動しています。また、院内だけでなく、施設を超えて連携を図り、切れ目ない看護の提供にも取り組んでいます。

先輩からのメッセージ

循環器内科(7階北病棟)勤務。現在3年目。自分のやりたい看護を見つけ異動し今の部署へ。
O.Mさん(3年目看護師、県立広島大学出身、地元:広島県)

みんなで協力しようとする雰囲気がいい病棟です☆

Q:地元の広島を出ることにご両親は反対じゃなかったですか?

A:本当は大学受験の時に地元を出たかったのですが、家庭の事情でできなくて。「きっかけがないとこの先広島から出られない!(笑)」と思って、就職は県外で探していました。両親は私の強い思いを知り、最後は背中を押してくれました。

Q:何ヶ所か病院を見たそうですが、当院の決め手はどんな所ですか?

説明会ってどこもいい所しか言わないじゃないですか。神戸大学病院は「いい所以外もちゃんとありのままを話しなさい!」と後ろから先輩に言っているのを聞いて、そのスタンスにびっくりしました。それと、見学会の時にここは雰囲気が違うって感じたんです。どこの病院も対応してくれる人は笑顔なんですけど、すれ違う看護師とかの態度が冷たいところもあって(笑)看護部長のフレンドリーさも魅力的でした。

Q:今の病棟の良さを一言で。
A:雰囲気のよさですね。みんなで協力しようとするのと、質問しやすいっていうのが一番ですね。急変が多い病棟なので、「おかしいと思った時におかしい」と言える雰囲気は大切だと思います。

Q:神戸の良さは?
A:夜景も街並みもきれいで、適度に都会で落ち着きます。友達と食事に行っても毎回新しいお店に出会えますよ♪

病院概要

病院形態 大学病院(国立・公立・私立)
開設日 明治2年4月
院長名 眞庭 謙昌
病床数 934床
【附属病院】934床
【医学部附属 国際がん医療・研究センター】50床
職員数 2900人(うち、看護職員数1015人)
患者数 外来:2100人/日 入院:800人/日
診療科目 神経内科、腎臓内科、血液内科、小児科、小児外科、整形外科、形成外科、美容外科、脳神経外科、心臓血管外科、呼吸器外科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、皮膚科、泌尿器科、眼科、ペインクリニック、総合内科、循環器内科、呼吸器内科、膠原病リウマチ内科、消化器内科、糖尿病・内分泌内科、腫瘍・血液内科、感染症内科、放射線腫瘍科、精神科神経科、緩和支持治療科、食道胃腸外科、肝胆膵外科、乳腺内分泌外科、耳鼻咽喉・頭頸部外科、産科婦人科、病理診断科、漢方内科、遺伝子診療部、救命救急科
センター・施設 地域医療活性化センター、D&Nplusブラッシュアップセンター、臨床基本技術トレーニングセンター
救急指定 三次救急
看護体制 【附属病院】一般病床7:1、ICU2:1、HCU4:1、MFICU3:1、NICU3:1、GCU6:1、ECU4:1、精神科病棟13:1
【医学部附属 国際がん医療・研究センター】10:1
看護方式 受け持ち制看護
チームナーシング
PNSとは異なる「チームナーシング」の良さ、是非体感してください!
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん化学療法看護、がん性疼痛看護、がん放射線療法看護、感染管理、緩和ケア、救急看護、集中ケア、手術看護、新生児集中ケア、摂食・嚥下障害看護、糖尿病看護、認知症看護、脳卒中リハビリテーション看護、皮膚・排泄ケア、不妊症看護、慢性呼吸器疾患看護、慢性心不全看護 、 全26名が活躍中
専門看護師 専門看護師が活躍しています
がん看護、精神看護 、 全5名が活躍中
病院所在地 〒650-0017 兵庫県神戸市中央区楠町7-5-2
アクセス 【神戸大学病院】
JR「神戸」駅下車 徒歩約15分
神戸高速鉄道「高速神戸」駅下車 徒歩約15分
神戸市営地下鉄「大倉山」駅下車 徒歩約5分

【新病院】
ポートライナー「医療センター前」駅下車徒歩3分
URL 「神戸大学医学部附属病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 <大学>
【兵庫県】 神戸大学、神戸市看護大学、甲南女子大学、兵庫県立大学、兵庫医療大学、兵庫大学、関西国際大学、神戸常盤大学、武庫川女子大学、園田学園女子大学、関西福祉大学、近大姫路大学、姫路大学、姫路獨協大学
【大阪府】大阪府立大学、大阪市立大学、関西医療大学、森ノ宮医療大学、藍野大学、千里金蘭大学、梅花女子大学、宝塚大学
【京都府】京都大学、京都府立医科大学、京都橘大学、同志社女子大学
【滋賀県】滋賀医科大学、滋賀県立大学、聖泉大学
【奈良県】畿央大学、天理医療大学、奈良県立医科大学、奈良文化女子短期大学、白鳳女子短期大学
【和歌山県】和歌山県立医科大学
【四国地方】香川大学、香川医科大学、香川県立保健医療大学、徳島大学、徳島文理大学、愛媛大学、愛媛県立医療技術大学、高知大学、高知医科大学
【中国地方】鳥取大学、島根大学、岡山大学、岡山県立大学、吉備国際大学、山陽学園大学、新見公立大学、川崎医療福祉大学、川崎医療短期大学、広島大学、県立広島大学、呉大学、広島国際大学、広島文化学園大学、日本赤十字広島看護大学、福山平成大学、山口大学
【九州地方】大分県立看護科学大学、福岡大学、九州大学、久留米大学、聖マリア学院大学、西南女学院大学、長崎大学、活水女子大学、熊本大学、九州看護福祉大学、宮崎大学、宮崎県立看護大学、鹿児島大学、琉球大学、沖縄県立看護大学、名桜大学
【その他】信州大学、金沢大学 等
<専門>
【兵庫県】加古川市看護専門学校、神戸市医師会看護専門学校、神戸中央病院附属看護専門学校、西宮市医師会看護専門学校、尼崎健康医療事業財団看護専門学校、姫路医療センター附属看護学校、姫路市医師会看護専門学校、神戸看護専門学校、兵庫県立総合衛生学院、兵庫県立柏原看護専門学校、宝塚市立看護専門学校、関西労災看護専門学校、兵庫県立新宮高等学校、兵庫県立日高高等学校、兵庫県立龍野北高等学校
【大阪府】大阪赤十字助産学校、近畿大学附属看護専門学校、高槻市医師会看護専門学校、松下看護専門学校、大阪保健福祉専門学校
【京都府】京都医療センター附属京都看護助産学校、京都府医師会看護専門学校
【滋賀県】大津市民病院付属看護専門学校
【四国地方】香川看護専門学校、香川西高等学校、香川県立高松南高等学校、徳島県立看護専門学校、徳島県鳴門病院附属看護学校
専門・認定看護師が多く活躍 専門看護師5名、認定看護師26名ものスペシャリストが活躍しています。
患者さんのケアで困った場合はいつでも相談できますよ。
また、専門・認定看護師が講師となる研修も多いので、最新の知識・技術を身につけることができる環境です!
トピックス(2020年) 【ECU開設】
2020年7月にECU開設(4床)
救急外来に隣接し、救急外来で診療した重症患者を速やかに入院させることにより最先端の救急治療を提供。

【ロボット支援手術】
泌尿器がん、消化器がん、呼吸器がん、婦人科がんの手術に導入。
企業と連携し、国産の手術支援ロボットを開発。製造販売が承認され今後使用予定。

教育・研修制度

新人研修

当院は屋根瓦方式。チームみんなで新人を育てる体制です!

新人看護師は、実地指導者(いわゆるプリセプター)や先輩5-6名と一緒にチームを組んでいます。チームで新人看護師の今後の目標や支援方法を共有しているので、同じ視点で指導してもらえますよ。
先輩が常に気にかけてくれて、丁寧に教えてくれると新人看護師からも好評です。
PNS方式には負けない「チーム制」の良さ、ぜひ体感してください。

個々の成長に合わせた教育が受けられるのも魅力

キャリアラダーを導入

1年目は新人看護職員研修を実施。2年目以降は、それぞれの成長に合わせてステップアップできるよう、能力に合わせた研修を計画しています。集合研修だけではなく、各部署でも積極的に勉強会を実施していて、他部署の勉強会にも参加可能です。基本的に勤務時間内での研修です!
どんどん学び成長したい人には学べる環境が整っています。

臨床基本技術トレーニングセンター

様々な演習モデルで技術トレーニングが可能

「技術に自信がない」「うまくなりたいけど経験するチャンスがない・・・。」こんな悩みを解決します。
臨床基本技術トレーニングセンターには、フィジカルアセスメントトレーニングを行うための、心音・呼吸音聴取モデル、高機能シミュレーター等の演習モデルが設置されているほか、採血、静脈注射、筋肉注射などの演習モデルがあります。

それ以外にもあらゆる演習モデルを整備。技術が自立できるまで先輩の見守りのもとトレーニングできるのが大きな魅力です。技術に不安を抱えるみなさん、安心してください。

経験から学ぶ「リフレクション」

自分の経験の振り返りを大切にします

看護師として成長するには日々の看護実践からいかに気づき、学ぶかが重要です。リフレクションはそのためのツールです。毎日の振り返りはもちろん、部署の指導者とともに定期的にリフレクションを行います。
自分の強みも再確認しながら、「あなたらしい看護」を一緒に見つけていきましょう。

専門・認定看護師による研修も充実

いつでも最新の知識と技術を教えてもらいながら看護力のスキルアップできる環境

専門看護師5名、認定看護師26名のスペシャリストは、当院の看護の質向上のために欠かせない存在。
現場の実践を通じて直接指導が受けられるだけではなく、彼らが実施する研修も充実しています。
患者さんのケアで困ったらいつでも相談できる環境です。

いずれはスペシャリストの道へ・・と考えている人にも、最適な環境です!

精神看護専門看護師による支援

いつでもメンタルサポートが受けられます。

「看護師に向いてないのかな・・・」「最近ちょっとしんどいな・・・」など、働きはじめたら不安や心配事が出てくることもあります。
当院では、1年目の看護師同士で自由に語りあうピアサポートを開催したり、精神看護専門看護師や医師にいつでも相談できる体制を整えています。
患者さんのケアをするためには、看護師の体も心も健康が大切!
自分の「今」を見つめることも専門職として重要ですね。

職場の雰囲気

日常風景

人間関係の良さは好評!看護師同士はもちろん他職種とも連携は抜群です。
近畿地方だけではなく九州や中国・四国地方とさまざまな地域から就職してきます。仲間はすぐにできますよ。
災害対策チーム(DMAT)は東北大震災、熊本地震の際も2隊が活躍しました。

憧れの神戸の街で楽しみませんか?

神戸の中心地から10分の抜群の立地です

神戸といえばおしゃれな街。ということで、神戸に憧れて西日本各地から就職してこられます。神戸は海も山もあり、適度に都会でコンパクトな街。とても過ごしやすいです。おいしいcafeはもちろん、買い物や食事まで、きっとプライベートの時間も充実しますよ。
ワークライフバランスを保って働くには最適の環境です!

2017年4月 新病院OPEN!!

がんを中心とした先進的外科的治療を行う新病院を開院しました!

神戸大学医学部はポートアイランド地区に、「神戸大学医学部附属国際がん医療・研究センター」を開設。
医療だけではなく、医工連携し革新的医療機器の開発もめざし、グローバルな教育や診療体制の強化をめざします。

2病院体制となりさらにパワーアップ!!
みなさんもまずは「神戸大学病院」で働きませんか!


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院