NTT東日本札幌病院

所在地: 北海道
病院形態: 民間(病院・企業等)
募集職種: 看護師 助産師
看護師数: 386人 病床数: 301床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

患者さまとの信頼関係を大切にし、地域に密着した思いやりのあるより良い医療を行ないます!

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

”共に輝きませんか?!” 「共に学び共に高め合おう!!」
 
 当院では、組織理念を前提に職場ニーズに合わせた様々な院内研修を行なっています。個々のキャリア開発を推進するため「院外研修・専門学会」への参加も積極的に支援しています。また、職場内ではプリセプターシップを取り入れ、全スタッフで新人看護師をサポートしお互いを認め合い高め合い共に成長することを目指しています。
 
 
 ■NTT東日本札幌病院が求める看護師像■
 
 1.確実で安全・安楽な看護技術を持ち、急性期医療に対応できる
2.優しさと思いやりを持ち、前向きに創意工夫し患者さまの自立を援助できる
3.公平・平等・柔軟な思考を持ち、自律的にチーム医療を推進できる
4.倫理観と根拠に基づいた看護実践を行い、専門職業人として自立できる 


  

看護部長からのメッセージ

看護部長
坂上 真弓

あなたの成長をみんなで応援します!

当院は、急性期医療を担う地域中核病院として、患者さんやご家族との信頼関係を大切にしながら、よりよい医療・看護の提供を目指しています。
新型コロナや災害など予測できない事態が増えている中でも、患者さんに寄り添い、その時できる最大限の看護を提供したいと考えています。
そのための知識や技術はもちろん、コミュニケーション能力や対人関係能力を養い、柔軟で思いやりと倫理的感性を備えた看護師を目指した育成プログラムを組んでいます。
当院は一人一人の個性やペースを大切にした教育体制と福利厚生が充実しています。
共に働く仲間として、あなたの成長をみんなで応援します。
皆さんの入職を心よりお待ちしています。

先輩からのメッセージ

当院の新人ナース達から当院就職のきっかけを聞いてみました。就職活動を頑張るあなたへのメッセージです!

「就職しようと思ったきっかけは、企業が経営している病院というところに魅力を感じ、調べてみると福利厚生が充実していることや、他にも分散型看護提供方式が実施されていることを知り、患者さんへ寄り添った看護を実践できると感じたからです。
実際に勤務してみて、ピットがあることによって声を掛けやすく、ナースコールにもすぐに対応できるので、良い環境だと思います。コロナでインターンシップが中止になり、実際に見ることができない不安もあるかと思いますが、周りの先生や先輩から話を聞くなどして、就職活動頑張ってください!」
(札幌保健医療大学卒)

「教育体制が整っていることや福利厚生が充実していることから、ここなら仕事とプライベートを両立できそうと思い当院に就職したいと強く感じました。
実際に働き始めるともちろん楽しいことだけではありませんが、プリセプターさんをはじめとし病棟にいるスタッフ皆さんで支えてくださるおかげで頑張れています!
就活は大変だと思いますが、元気に自分をアピールして頑張ってください!応援してます!」
(旭川医科大学卒)

病院概要

病院形態 民間(病院・企業等)
開設日 1922年2月
院長名 吉岡 成人
看護部長 坂上 真弓
病床数 301床
1人室:47、2人室:2、4人室:61、6人室:1
職員数 686人(うち、看護職員数386人)
患者数 外来:942人/日 入院:193人/日
診療科目 腎臓内科、小児科、外科、整形外科、心臓血管外科、呼吸器外科、消化器外科、精神科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、産婦人科、リウマチ科、ペインクリニック、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、糖尿病内分泌内科、血液・腫瘍内科、人工透析内科、病理診断科
センター・施設 人工透析センター、手術センター、リハビリテーションセンター、化学療法センター、治験管理センター、内視鏡センター、輸血センター、臨床検査科、薬剤科、医療安全管理室、感染管理推進室、栄養管理室、臨床工学室、救急医療部
救急指定 二次救急
看護体制 急性期一般病棟7:1 急性期一般入院基本料1
看護方式 プライマリーナーシング(モジュール型)
分散型看護拠点方式:従来型の中央スタッフステーションをベースとした看護提供方式ではなく、患者のそばで常にケアできる分散ワークステーションを廊下等に配置し、患者の近くに長く滞在して「ベッドサイドナーシングを実践する」看護方式です。
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん化学療法看護、感染管理、緩和ケア、集中ケア、皮膚・排泄ケア
病院所在地 〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西15丁目
アクセス 地下鉄東西線「西18丁目駅」下車 5番出口より徒歩5分
市電「西15丁目電停」下車 徒歩30秒
URL 「NTT東日本札幌病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 【過去7年間の採用実績】
北海道医療大学、北海道文教大学、札幌市立大学、北海道科学大学、札幌保健医療大学、名寄市立大学、勤医協札幌看護専門学校、北海道大学、札幌医科大学、稚内高等学校衛生看護科専攻科、道立旭川高等看護学院助産学科、天使大学、旭川大学、弘前大学、北海道医療センター付属札幌看護学校、仙台医療センター助産学校、北海道ハイテクノロジー専門学校、旭川医科大学、名桜大学、日本医療大学、小樽看護専門学校、駒沢看護専門学校、砂川市立病院付属看護学校、札幌青葉学園北海道看護専門学校、美唄聖華高等学校専攻科看護科、河原医療大学校、専門学校北海道保健看護大学校、釧路市医師会看護専門学校、苫小牧看護専門学校、市立函館病院高等看護学院、伊達赤十字看護専門学校、母子保健研修センター助産師学校、京都大学大学院、三草会札幌看護専門学校、山形大学 等

教育・研修制度

新人研修

細やかな研修で学習のきっかけづくりを!その後の実践で経験を積み重ね、あなたの成長を支援しています!

新人看護師の大目標を「チームの一員として就業することができる」とし、そのために様々な研修プログラムを組んでいます。

新人看護師の1年後の到達目標としては 
①リアリティショックや対人関係でのストレスを受け止め、職場に適応できる 
②安全・確実な看護を実践するための基本的な知識・技術・態度を習得できる 
③社会人・組織人としての責任とチームワークの重要性を理解できる
の3点を掲げ、研修の実施や各部署での教育体制を組み立てています。
プリセプターシップを取っていますが、それだけではなく、部署の先輩、病院全体で新人看護師を育成します。

コロナ禍ではありますが、感染対策と体調管理をしっかりと行い、集合での研修を進めています。
4月は集中的に集合での技術研修や講義を行い、違う部署に配属された同期とも交流を深めることができます。
部署内だけでなく、横のつながりも大事にすることで、仲間づくりを推進しています。

毎月のフォロー研修ではグループでの振り返りの時間を持ち、お互いの進捗状況を確認し合ったり、不安や悩みを共有し合ったり、できるようになった事を認め合ったりと、学習や演習だけではない時間を大切にしています。
もちろん、様々な内容の講義や演習も組んでおり、机上の学習⇒グループワークや演習⇒実践⇒部署での振り返り・フォロー の流れで確実に身につけていけるよう考えています。
また、その時期に覚えてほしい事、考えてほしい事をピックアップして研修内容を組んでいますので、自分の課題に気付くこともでき、自分の目標とそれを達成するためにはどうすればいいのかを考えていく事ができます。
できるようになった事、いまの自分の課題にしっかりと向き合い、リフレクションを繰り返しながら着実に成長できるように日々の経験を大切にしていきましょう。卒後教育は2~3年目まで関連立てて行います。

部署だけではなく、教育専従者の面談も年2回ほど実施しています。部署に関連しない第三者と話すことで、少しでも不安や悩みが軽くなれば、と思っています。リラックスしてお話ししましょう。

学習は大変かもしれませんが、積み重ねることで確実に自分の糧になります。
学習する場は準備していますので、それをしっかり自分に落とし込み、理想の看護師像に近づけるよう日々頑張っていきましょう!

コロナ禍でも5~6人以下の少数のグループで、集合して研修の機会を!

技術集合研修は4月~5月で実施しています。講義⇒演習⇒部署での実践に繋げてください。

技術集合研修の内容としては
・電話応対
・個人情報
・移動移乗
・シャドウイングのポイント、先輩看護師への話しかけ方等
・注射関連(採血・静脈注射・点滴静脈注射・皮下注射・筋肉注射等)
・尿道留置カテーテル挿入、浣腸、導尿、排泄介助
・酸素療法、喀痰吸引
・褥瘡予防、体位交換
・感染(手指衛生、PPE着脱手技と手指衛生タイミング、注射関連の感染防止技術)
・ベッドサイドモニター、12誘導心電図
・シリンジポンプ、輸液ポンプ
・アナムネーゼ聴取、看護記録、看護必要度
・フィジカルアセスメント(腹部、四肢、呼吸、循環)
・BLS
・ポート管理
・輸血について
・薬剤科、検査科見学

などなど、様々な技術研修、押さえておいてほしい事の講義や演習などを行います。
教育委員や部署の先輩方が協力しながら指導に当たります。
実際の講義や演習、部署での実践のみならず、e-ラーニングとしてエルゼビア・ジャパンの「Nursing Skills」を導入しています。
スマホ等でも数々の講義動画や手順での予習、動画による手技確認、研修後の復習などが活用できます。

新人フォロー研修で話し合える、支え合える仲間づくり!研修内容も充実しています。

7か月目まで毎月新人フォロー研修を実施しています。その後は10か月目と12カ月目で開催します。

毎月の研修では、振り返りの時間を持ち、「嬉しかったこと」や「できるようになったと思うこと」「不安なこと」などをグループメンバーで共有します。自分だけが思っているのではなく、みんなが同じようなことで悩んだりしているというのをを分かち合うことで、解決の糸口やストレスへの対処法なが見つかることもあります。今感じていることを声に出してみましょう。時には「理想のリフレッシュ方法」などの楽しいグループワークもあります。

「報告のしかた」「看護過程」などはシリーズ展開、「スキンケア」「目指す看護師になるための学習方法」「夜勤とは」「KYT」「インシデントレポートの書き方」「異常発見時のシミュレーショントレーニング」「未来の自分をイメージするワーク」「多重課題」「エンゼルケア」「倫理グループワーク」など、様々な研修内容を時期に応じて企画しています。

研修生からは「新人として同じような悩みを持っているんだということがわかり心強い」「自分が思っている嬉しかったことや不安などを共有し共感してもらえたことでリラックスできた」「演習があるとすごくわかりやすい」などの感想がアンケートに書かれています。

クリニカルラダー

看護実践能力とキャリアラダーによる5段階のラダーを活用しています

看護職員に求める職務像と人材像を以下の側面から明確にし、個々の職務満足・看護実践能力を高め、キャリア開発に役立てるためにクリニカルラダーを導入しています。

【職務目的】
【各能力における成果責任】
 1. 看護実践能力(ニーズを捉える力、ケアする力、協働する力、意思決定を支える力)
 2. 自己教育・人材育成
 3. 組織的役割遂行(管理)
 4. 研究
 5. 倫理
【コンピテンシー(能力・行動特性)】

職場の雰囲気

私の一日

【通常の日勤】

8:00 情報取集
   夜勤者から患者さんの情報を引き継ぎます。

9:00 ラウンド

11:00 昼休憩(11:00~13:00の間で交代)

12:00 昼食準備・配薬 

13:00 カンファレンス
   患者さんに必要なケア・援助についてスタッフ間でしっかり共有します。

14:00 ラウンド
   患者さんとのコミュニケーションを大切にしながら、状態に変わりがないか観察します。

16:00 記録

16:50 業務終了

この例は通常の日勤の内容です。

8:20~17:50までの長日勤シフトもあります。

日常風景

【病棟】一般病棟と地域包括病棟があり、それぞれの患者さんに必要な看護をみんなで考えながら提供しています。
【手術センター】2017年からロボット支援下手術を開始。安全・安心を考慮し、術前から術後まで同じ看護師が担当。
【ICU】24時間体制できめ細やかな治療・看護を行っています。動線を考えた設計で効率よくケアが行える環境です。

1年目看護師の声

先輩方に支えられ、楽しく生き生きと働いています!

「“患者さんとの信頼関係を大切に”という当院の理念を体現する素晴らしい先輩ばかりです。先輩をお手本に私も傾聴を心がけ、患者さんやご家族に安心感を与えられる看護師を目指しています」
(7F病棟勤務)

「他病院との連携が深く、フォローが手厚いところが当院の魅力だと思います。入職当初はうまく動けませんでしたが、徐々にできることが増えてきました。これから入る後輩が気軽に相談できる頼れる先輩になりたいです!」
(手術センター勤務)

Q&A

学生さんからよくある質問にお答えします

Q.配属先はどのように決まりますか?
A.希望や適性を考慮して決めています。部署異動も定期的にありますが、前もって希望を確認してから検討しますので安心してくださいね。

Q.夜勤の形態、回数を教えてください
A.一般病棟とICUは2交替勤務です。1カ月平均5回程度です。

Q.夏休みはどのくらいありますか?
A.6~9月の間に夏季休暇3日、特別連続休暇2日の合計5日間の取得が可能です。新人もしっかり休みをとってリフレッシュしています。

Q.新人研修の内容を知りたいです
A.電話対応など社会人としての基礎から実践的な看護技術まで学べます。集合研修、先輩との定期的なフォロー研修と段階を踏んで着実に知識・技術を身につけられるプログラムになっています。


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院