東海中央病院

平成26年4月に地域包括ケア病棟をオープンしました。地域密着したアットホームな病院です。
中途採用の方にも、働きやすい病院です。
是非、病院見学にお越しください。


募集職種
  • 看護師
病床数 332床
外来患者 713名 入院患者 248名
看護体制 一般病棟7:1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 
 東海中央病院のある各務原市は、岐阜市の東に隣接する15万人都市で
 産業と環境美化の調和した活気のある文化都市です。 
 
 当院は、公立学校共済組合の直営病院の一つです。
 二次救急医療機関として、周辺地域の救急医療をはじめ市民病院的な役割など、
 幅広く地域医療を担っています。
 
 また、職域病院として教職員を中心とした健康事業も行い、52年の歴史と
 伝統を持つ病院として発展しています。
 
 当院ではチーム医療を軸に治療とケアが一体となったやさしさと温もりの
 ある医療の実践を心がけています。また、電子カルテや各種地域連携クリニカルパスを
 導入し、医療の効率化や地域連携の充実を目指しております。
 
 急性期医療だけでなく、緩和ケア病棟を有し
 より地域のニーズに応えられるよう取り組んでおります。
 

看護部長からのメッセージ

安全でまごころをこめた看護の実践

私たちは、人口15万人の岐阜県各務原市の基幹病院として、急性期から緩和ケアまで幅広い医療を提供しています。安全で質の高い看護を実践するには、一人ひとりがやりがいを感じ、働きやすい職場が必須です。「看護師になってよかった!ずっとこの仕事を続けたい」そんな思いを持ち続けられる組織を目指しています。
当看護部の特徴
1.パートナーシップ:安心・安全な看護の提供のためにお互いに学び協力しながら、安全で効率のよい看護の提供を目指しています
2.充実した教育体制:新人教育の初めの2週間は集合教育を行っています。この間に仲間つくりができるので同じ学校の子がいなくても大丈夫ですよ。
3.ワークライフバランス:一人ひとりが仕事と生活を充実させ

先輩からのメッセージ

退院支援看護師 
福田 貴子                             

退院支援について

内閣府発表の令和2年版高齢社会白書によると、65歳以上の総人口に占める割合が28.4%でした。高齢化が進む中、入院を契機に認知機能や身体機能が低下する方が多くみえます。
当院では各病棟で週1回、多職種カンファレンスを行い、退院支援が必要な患者さんの情報共有を行っています。病棟看護師から患者さんの治療の状況と今後の目途、認知機能や日常生活動作の状況、また、患者を支える方についての情報提供があり、退院後の療養場所はどこが適切か、そこで過ごすためにはどのような支援が必要かを共に検討します。患者さん及び患者を支える方の意向を尊重した退院支援は、退院支援担当者だけが行うのではなく、医師や看護師、多職種からの情報がとても重要であると日々実感しています。退院支援担当者は、得た情報を基に利用できる社会資源を患者さんに情報提供して具体的な調整を進めています。
当院では6名の社会福祉士(医療ソーシャルワーカー:MSW)と2名の看護師が、退院支援を担当しています。

東海中央病院(岐阜県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院