医療法人徳洲会 皆野病院

所在地: 埼玉県
病院形態: 民間(病院・企業等)
募集職種: 看護師 准看護師
看護師数: 65人 病床数: 150床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

みんなで看る みんなの病院

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

皆野病院は埼玉県北部秩父郡(人口約1万人)皆野町にあります。

2000年に徳洲会グループの一員として、埼玉医療生活協同組合として設立しました。

徳洲会グループの理念である『生命だけは平等だ』のもと、地域の期待と信頼に応えられるよう医療・介護、健康維持の提供に努めています。

秩父盆地に位置していますが教育制度、福利厚生も徳洲会グループに準じております。

医療:二次救急医療病院輪番制、労災保険指定病院、生活保護法指定医療機関など

 介護:居宅介護支、通所介護、短期入所介護、

 健康維持:住民健診、企業健診、予防接種等
 

インターンシップとは、看護学校卒業後2~3年目の看護師に、影のように密着して看護業務を観察するスタイルでシャドウイング方法です。看護ケア体験とは異なります。
 
※現在インターンシップは行っておりません。
再開できるようになりましたら、お知らせいたします。

看護部長からのメッセージ

はじめまして、皆野病院です。

看護部は心が通う看護・介護をモットーに、専門職として、高い臨床実践能力及び
全人的ケアが提供できることを目標にかかげています。
看護要員は約90名、姉弟、夫婦で働いているのが特徴でアットホームです。

また、20代でマイホームを持ち、仕事・家庭を両立しながら頑張っている人達も多いので、託児所を完備し24時間対応と、土日の学童預かりなども行っています。
自然が豊かでアニメで有名な秩父郡へ、まずは観光気分で病院見学へいらしてみませんか。
お待ちしております。

先輩からのメッセージ

先輩ナース
先輩と後輩のある日の風景

頼りになる先輩がいっぱいいます

入社したての頃は言われたことをするのが精いっぱいで、自分が何を質問すればいいのかもわからない状態でした。そこで先輩プリセプターが「何でも書いてね」と渡してくれたのが「交換ノート」。作業の時に聞きたかったことを書けば回答を書き込んでくれ、それをもとに毎日”振り返り”をしてもらえるので、じっくり仕事を覚えることができました。出来ないことや分からないことがあっても、ここには頼りになる先輩がいっぱい。一人で悩まずに安心して学んでいけると実感しています。そんな先輩プリセプターは私たちにとってあこがれの存在でもありますね。

ナース専科からひとこと

壮大な山々と、四季折々の美しい景色が楽しめる皆野町の、人々の命を預かる重要な役割を担った急性期病院。地域からの信頼も厚く、まるで家族や親せきのようなコミュニケーションが印象的な同院では、なかなか病院まで来られない患者様の為に、週1回の訪問看護や、24時間対応できる体制が整っています。まさに地域密着医療。やりがいと温かみを感じたい方におすすめです。

病院概要

病院形態 民間(病院・企業等)
開設日 2000年12月
院長名 若山 昌彦
看護部長 倉林昭子
病床数 150床
120床で稼働
職員数 167人(うち、看護職員数65人)
患者数 外来:180人/日 入院:85人/日
診療科目 内科、神経内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、リハビリテーション科、放射線科、皮膚科、眼科、婦人科、腎臓内科
センター・施設 人工透析、訪問看護、通所介護、居宅事業支援事業所
救急指定 二次救急
看護体制 一般病棟10:1  医療療養病棟20:1
看護方式 チームナーシング
一般病棟10:1
認定看護師 認定看護師が活躍しています
認知症看護
病院所在地 〒369-1412 埼玉県秩父郡皆野町皆野2031-1
アクセス JR熊谷駅・東武東上線寄居駅・西武池袋線西武秩父駅から秩父鉄道「親鼻駅」下車 徒歩5分
URL 「医療法人徳洲会 皆野病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 足利短期大学
日本医科学看護専門学院
毛呂病院看護専門学校
飯能看護専門学校
本庄児玉看護専門学校
秩父看護専門学校
東京都立青梅看護専門学校

教育・研修制度

新人研修

新人をしっかりサポートする教育プログラム

働きやすい環境づくりを心掛けている当院では「プリセプターシップ」を取り入れています。一人の新人に対して一人の先輩ナースが一定の期間、マンツーマンで教育指導を行い、新人がスムーズに職場に適応できるよう導きながら専門職として自信を持って仕事に取り組めるようサポートします。また、すべての看護職員が自らの使命と役割を自覚し、質の高い看護を提供できることを目標に設けられた教育委員会では、看護部が一丸となり、日々自己開発や能力の維持、向上に努めながらよりよい看護を行えるよう、院内外の講師による講義や勉強会を企画しています。

【写真:病棟ローテーション研修】

新人の声
「マンツーマンで病棟内の業務の流れを見て・聴いて・実践し、各部署の特徴を知ることが出来ました。」

新人の声
「小さい病院なので関係する部署へローテーション研修をして、お互いに顔を知ることができ、コミュニケーションも取りやすくなりました。

●主な研修
院内:看護部教育員会・教育員会・各種委員会・部署等の主催による研修・Web研修あり
院外:企業・看護協会・学会・徳州会グループ等の主催による研修
特徴:徳洲会グループ内で、沖縄から北海道まで全国規模の研修があります。

●教育支援
研修・学会等の参加について支援制度があります。
専門・認定・特定行為等の支援制度があります。
看護師・介護福祉士への奨学金制度があります。

―集合研修―

<救急処置指導>

毎年、全職員を対象にBLS(一時救命処置)の研修を行っています。
他部署と連携し協働することで横の繋がりも広がります!

新人から中途入職者を対象に実践に沿った対応が出来るように、ICLSを基本とし、病院内での救急対応ができるよう研修を行っています。

ー集合研修ー

<伝達講習会>

院外研修に参加した人からの伝達講習を受けることで、知識の向上に努めています。

新人研修I

先輩の腕でイザ本番! (優しい先輩♡)

今年も一人の新人に対して一人の先輩ナースが一定の期間、マンツーマンで教育指導を行い、新人がスムーズに職場に適応できるよう導きながら、専門職として自信を持って仕事に取り組めるようサポートをしています。先輩看護師も負担にならないようチーム、部署間でフォローし、新人の育成を見守っています。

新人研修II

模型でも!

基礎技術の研修:模型を活用した採血・注射・吸引・膀胱留置カテーテル等の研修。

職場の雰囲気

私の一日

業務を離れ、他職種と話すきっかけとなり、新たなコミュニケーションの場となりました。

(参加者の声)
グループ病院の新人同士、悩み・不安など多くを抱え、研修を通じてみんなと話をすることで、悩んでいる事は「みんな一緒なんだ・・・」と安心しました。
色々な人と話すことで気持ちの切り替えが出来ました。

日常風景

【病院祭】毎年秋に行われていて、出店や餅つき、医療講演など地域の皆様にご好評いただいてます!
天空のポピー♪
秩父夜祭♪

メッセージ

他部署研修

社会人1年目の時期は、学生気分から仕事をする人間としての気持ちのバランスが取りづらいときですが、そんなときでも「この病院で働けて良かった!」と思ってくれるよう、それぞれの個性を引き出しながら大切に育てていきたいと思っています。

まったり♨ランチタイム

職員食堂あり!

昼食:看護師も交替で昼食です。お弁当持参、売店で購入、職員食堂等
職員食堂は安くて、ボリューム満点で大評判です。


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院