千葉県循環器病センター

所在地: 千葉県
病院形態: 公立病院(都道府県市町村組合)
募集職種: 看護師
看護師数: 271人 病床数: 220床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

循環器系疾患に最新の医療を提供する専門病院の役割と地域の中核病院としての役割をあわせもった施設です。「この病院で良かった」と患者さんが思える心温まる看護を行っています。

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

  循環器病センターは平成10年に開設された病院です。循環器病疾患に対する高度かつ専門的な医療としてカテーテル治療や、脳疾患に対して放射線治療のガンマナイフ、難治性てんかんに対しての外科的治療を行うセンター機能と、内科・外科等の一般診療を行う地域中核病院の機能を併せた病院として、二つの使命を担っています。特定・認定看護師を含む看護師がチーム医療に加わり、多職種連携で患者さんのQOLの維持・向上をサポートしています。
   また在宅で必要なケアを整え、患者さんが住み慣れた地域で安心して暮らせるように支援をしています。


 

看護部長からのメッセージ

人間性豊かな看護職の育成を目指しています

「微笑みと優しさをそえて、患者さんの目線にたった看護を」が看護の理念です。
先天性心疾患、心血管系障害、脳血管障害に対する循環器病の急性期看護から、その背景にある生活習慣病や合併症にも着目して、看護の視点からアセスメントを行えるように、様々なプログラムの研修を行っています。
  新人研修では、用具を使って片麻痺のある患者体験をするなど患者さんの思いや、教科書だけでは学べない実践に即した研修で看護を習得しています。
 「この病院でよかった。」患者さんが、そう思える循環器病看護のエキスパートの育成を目指しています。

先輩からのメッセージ

千葉県立鶴舞看護専門学校(2020年卒)
R.H

循環器という難しく幅広い分野で学ぶことが多いですが、自分の知識の幅も広がると思い取り組んでいます。

 当センターは循環器疾患の専門的な医療機関であり、地域の中核病院としての役割も担っています。
 私の配属先は手術直後の患者さんや、緊急的に処置が必要な患者さんがいる病棟であるため身体的なケアだけでなく特殊な環境下における患者さんとそのご家族の精神的なケアも必要です。また、機器の助けを必要とする患者さんも多いため分からないことが多く、初めは自分に出来るのだろうかという不安な気持ちが大きかったです。
 新人教育体制は、看護技術の実技研修や患者体験、認定看護師の講義だけでなく医師や検査科、薬剤部など他職種の講義も充実しています。研修で実技演習を繰り返し行うことで、経験不足への不安の軽減に繋がりました。また、日々働いている中でも先輩方が声をかけてくださるので相談しやすいです。新人であるため学ぶことは多いですが、周りの先輩方のサポートにより少しずつではありますが出来る技術が増え成長を実感しています。
 病棟の特性上、重症度の高い患者さんが多いですが状態が落ち着き、他病棟へ転棟しリハビリに励んでいる姿を見ると患者さんの回復力に驚くと同時に、やりがいを感じています。
循環器に興味のある方はぜひ当センターで働いてみませんか?
共に働く仲間を待っています!

ナース専科からひとこと

市原市に根付いた地域密着病院。同院は地域の方々がボランティアとして関わっていることが多く、『自分たちの病院をよくしよう!』というマインドを持って取り組んでいるそうです。地域住民から愛されているんですね。実習や見学会などで現場に関わると、ウェルカムなあったかい雰囲気で迎え入れてくれるそうです。一度見学会やインターンシップに参加してみたくなりますね。

病院概要

病院形態 公立病院(都道府県市町村組合)
開設者 千葉県知事
開設日 1955年2月1日
院長名 中村 精岳
看護部長 高瀬 峰子
病床数 220床
職員数 436人(うち、看護職員数271人)
患者数 外来:296人/日 入院:117人/日
診療科目 内科、神経内科、腎臓内科、呼吸器科、循環器科、歯科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、眼科、総合診療科 
センター・施設 ICU、CCU、手術室(ハイブリット)、透析室
救急指定 二次救急
看護体制 7:1看護体制
13:1看護体制
看護方式 チームナーシング
プライマリーナーシング
新人の教育にはチューター・実地指導者・臨床指導者体制をとっています
認定看護師 認定看護師が活躍しています
感染管理、集中ケア、摂食・嚥下障害看護、糖尿病看護、認知症看護、脳卒中リハビリテーション看護、皮膚・排泄ケア、慢性心不全看護
病院所在地 〒290-0512 千葉県市原市鶴舞575
アクセス 小湊鉄道「上総牛久駅」下車後、大多喜・鶴舞・湯原行のいづれかの小湊バスに乗車、「鶴舞病院入口」もしくは「千葉県循環器病センター前」で下車。(バス乗車時間20分程度)
URL 「千葉県循環器病センター」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 千葉県立鶴舞看護専門学校
千葉県立保健医療大学  
千葉県立野田看護専門学校 
千葉県立幕張総合高等学校
了徳寺
聖徳大学
日本医科大学看護専門学校
市原看護専門学校
亀田医療技術専門学校
千葉中央看護専門学校
東京医療学院大学 
聖和看護専門学校 
人間総合科学大学
東京警察病院看護専門学校
獨協医科大学附属看護専門学校
気仙沼市医師会附属高等看護学校
福井市医師会看護専門学校
えきさい看護専門学校
古賀国際看護学院
那覇市医師会那覇看護専門学校 など
特定看護師研修を修了した看護師がいます 特定行為研修<創傷管理モデル>を受講。褥瘡や慢性創傷が発生した患者様に対し創傷管理の早期介入で重症化を予防、水分出納・栄養状態の管理などにより、創傷治癒の促進を目指しています。
患者様の生きる力を引き出すために 最新の循環器医療のから在宅医療までを行い、地域との連携も図っています。その人らしく生きることを支えています。

この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院