国際医療福祉大学三田病院

充実した医療設備と優れた技術を有するスタッフが支える高度医療!


募集職種
  • 看護師
病床数 291床
外来患者 830名 入院患者 222名
看護体制 ・勤務体制:病棟は2交替制勤務
・看護配置:7:1入院基本料、50:1急性期看護補助体制加算
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 国際医療福祉大学は、医療福祉専門職を養成する日本初の総合大学として1995年に栃木県大田原市に開学しました。当院は、その大学の附属病院として、2005年3月に港区三田にある東京専売病院を継承し、2012年2月には隣接地である現在の場所に新病院をオープンしました。
 センター方式による専門的治療体制と看護体制の整備を進め、地域のがん治療拠点病院を目指し、PET-CT、リニアックなど最新医療機器を導入いたしました。また、『緩和ケアチーム』『NST(栄養サポートチーム)』を組織し、ドクターや各専門スタッフとともに定期的にミーティングを開催し、個々の症例を多面的に捉えるチーム医療を推進しています。2008年春には当院の取り組みが評価され、『東京都認定がん診療病院』に選ばれました。
 また、2012年には『東京都指定二次救急医療機関』の指定を受け、救急の受入を本格的に行うなど、地域の医療ニーズに応えています。
 チーム医療を通じて、患者様を中心に考えた治療・ケアを実践し『温かな心のこもった看護』を提供する地域の中核病院となっています。

看護部長からのメッセージ

看護部長
林 真由美

恵まれた環境で自己実現をサポート

 国際医療福祉大学三田病院の看護部理念「温かな心のこもった看護を提供します」のもと看護部基本方針は①患者さまの心に寄り添い、質の高い看護を提供します、②専門職業人として自律し、安心・安全な看護を提供します、③大学病院として教育・研究の場であることを認識し、看護学生や後輩の育成に努めます、以上3点を掲げています。
 私自身も、患者さまに寄り添う看護の実践を大切にしています。そのために、院内の看護職員の教育体制としてラダー制度を取り入れた能力開発プログラムで現任教育を実施しています。また、看護職員の個人に合わせたキャリアアップ支援、生涯学習を応援するために近隣に国際医療福祉大学大学院、看護生涯学習センターが整備されています。看護師としての成長を支援できる体制が整っています。皆さまの目指す看護が実践できるよう応援します。
 ぜひ、一緒に働きましょう。

国際医療福祉大学三田病院(東京都)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院