杏林大学医学部付属病院

あたたかい心のかよう良質な医療を患者さんに提供します


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 1153床
外来患者 2166名 入院患者 821名
看護体制 入院基本料7対1 一般病棟・精神病棟
集中治療室 常時2:1
外科系集中治療室 常時2:1
高度救急救命センターICU 常時2:1
脳卒中ケアユニット 常時3:1
母体胎児集中治療室 常時3:1
新生児集中治療室  常時3:1
ハイケアユニット 常時4:1
外科系ハイケアユニット 常時4:1
新生児治療回復室 常時6:1
小児科・小児科病棟 常時7:1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

私の一日

★私が勤務する病棟の紹介★

Neonatal Intensive Care Unitでは、早産で生まれた児や、低出生体重児でなんらかの疾患を抱えて生まれた児や、正規産でも感染症や心疾患など、全身状態の管理が必要な児の看護を24時間体制で行っています。

職場の雰囲気は、過密で多忙なスケジュールの中でも児やご家族と関わっていく際には、児に話しかけながらケアにあたり、ご家族との関わりを大切にしている、明るく優しい先輩の多い病棟です。入職して間もない右も左もわからない私たちを気にかけ、声をかけてくださり、わからないことは丁寧に教えてくれます。

教育体制が整っていることも杏林の魅力です。ANSS(アプリコットナースサポートシステム)で、多くの先輩からアドバイスをもらうことができ、頂いたアドバイスや指導のひとつひとつの意味を考えていく中で、様々なアセスメントの視点を知ること、根拠を持ってケアを提供することができます。いつでも先輩方が気にかけてくれ、時期に応じてフォローをつけてくれたりなど安心してケアを行うことができます。

日常風景

患者さんとの関わりで忘れられないエピソード

助産師として頑張っていこう!と決意

就職して間もない頃は、日々の仕事に追われ、児やそのご家族とゆっくり関わることや、ファミリーケアを積極的に行うことがなかなかできませんでした。そんな中、ある児とご家族を受け持たせて頂く機会があり、自分なりに一生懸命に児やそのご家族と関わっていき、退院の際「あなたに担当してもらえて良かった、色々と話を聞いてくれてありがとうございました。」と言っていただいたことがありました。これからも助産師として頑張っていこう!と決意した私の中の大切なエピソードです。

私は、常に相手の立場に立ち、一方的なケアや関わりではなく、児の反応やご家族の思い、気持ちを大切にした関わりを行うことを大切にしています。まだ2年目で、視野が狭くなりがちですが、児の現在の状態を広い視野でみて、多方面からアセスメントができるように心がけています。また、ご家族やスタッフと関わる際には笑顔を心がけています。

夢に向かって一歩一歩

上京して良かった。と思える今。

■看護師・助産師を目指す学生さんへ、病院選びのポイント

病院選びのポイントは、職場の雰囲気・病院の立地場所・福利厚生など様々あるかと思いますが、自分が何を行いたいか、どのような看護を行っていきたいか、就職したらその病院ではそれが実践できるのかが、今は最も重要だと思います。自分が考える大切にしたいと思うことをとにかく挙げてみて、もっとも大切にしたいと考えた順位を付けてみると良いかもしれません。

また、病院で開催されているインターンシップや、就職説明会に参加して、実際に自分の目で見て感じること!が最も重要だと思います。私自身、大学2年の夏休みから、様々な病院のインターンシップや病院見学に参加させていただき、実際に杏林大学医学部付属病院で働くスタッフの方々を見て、私もこの職場で児の先輩方と一緒に働きたい!と強く思い、杏林大学医学部付属病院を選びました。

私は、就職を機に青森から上京してきたのですが、杏林大学医学部付属病院に就職できて本当に良かったと思っています。同期にも恵まれ、これからも自分の夢に向かって一歩一歩努力していきたいです。

杏林大学医学部付属病院(東京都)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院