東京大学医学部附属病院

みて・触れて・考え、患者さんの生命力を引き出す看護を実践します。


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 1226床
外来患者 2800名 入院患者 1000名
看護体制 一般病棟 7:1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

新人研修

東大式 新人受け入れ体制

 教育担当副看護部長の下に教育専任の看護師長他6名の専任教育担当者がいます。各部署ではプリセプター、エルダー、教育委員、スタッフ、副看護師長、看護師長が連携して、指導を行っています。
 卒後臨床研修では、職場環境に円滑に適応するためのサポートや基本的看護技術、知識を学び、根拠に基づいた看護実践ができるようになることを目指しています。また、標準教育計画、振り返り用紙、看護技術チェックリスト、新人受け入れ体制評価表、職務行動評価表、キャリアラダー評価表などを用いて、新人の個別的・段階的な成長をサポートしています。

期待する看護職像

1.患者の参加を促し、患者の意思を尊重しながら、確かな知識・技術・判断に基づいて、患者の生命力を引き出す看護を提供する。
2.組織の一員としての自覚をもち、医療チームにおいて互いの能力を最大限発揮できる関係を築き、主体的に責任を持って自らの役割を果たす。
3.仕事に対する誇りをもち、医療の進歩、社会の変化に対応する高度な専門的能力を身に付けるために自己研鑽に努める。

伸びようとする人、やる気のある人が、どこまでも学び続けられる豊かな教育体制があります。

キャリアラダー

主体的・継続的に学び続け、豊かなキャリア形成と能力開発ができるよう「キャリアラダー」制度を導入し、各自がレベルに応じた研修を自主的に受講し、学びを深めます。
同時に、プリセプターや臨床実習指導者、フロア委員、管理者としての知識を深める数々の研修も開催しています。

院内・院外研修

年間100を超える「選択研修」やプリセプター、臨床実習指導者、フロア委員としての知識を深める「役割研修」を院内で開催しています。
また、他施設見学などの国内外研修も毎年実施しています。

スペシャリスト育成

「院内認定看護師」「認定看護師」「専門看護師」といった、各専門分野におけるスペシャリストの育成に力をいれ、資格取得のためのサポートも行っています。
又、大学や大学院に進学するための休取制度、同じ大学病院間での人事交流・転任制度など、学びたい事を学べる環境が整っています。

eポートフォリオ

各自のプロフィールや研修受講歴、学会参加、ラダー認定等のポートフォリオを端末上で入力・管理出来るシステムを導入しています。
データの蓄積・可視化により、自分自身の成長過程を客観的に判断し、学習を進めるきとができます。

東京大学医学部附属病院(東京都)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院