国家公務員共済組合連合会 吉島病院

患者さんの尊厳と権利を尊重し、安全で信頼される看護をめざします


募集職種
  • 看護師
病床数 199床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 二交代制
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2022年4月入職者向け情報※各種タブを選択

当院は1953年、3月に国家公務員の結核対策として100床で開院されました。1974年に一般床を併設し、1980年に初代専任院長として結城名誉院長が就任されました。その後倉岡名誉院長、奥道前院長に続いて、私が第4代ということになります。その間結核専門病院から一般病院へと時代とともに移り行き、現在に至っています。2019年4月からは急性期病床81床、地域包括病床30床、療養病床47床、結核病床41床で計199床での運営となっております。当院の特徴としては急性期から慢性期までのケアミックス体制を執っていることと、広島市内で唯一結核病床を有することが挙げられます。当院は以前より呼吸器外科手術を含め、呼吸器診療については定評があり、皆様方からも広く認識していただいておりました。しかし患者さんの高齢化、昨今の医療情勢の変革から、当院での主たる診療内容についてもかなり変化を来たしております。結核関連患者の減少、認知症や誤嚥性肺炎患者の増加が最たるものでしょうか。それでも、あらゆる呼吸器疾患に対応し、高度で安全な医療の提供と地域に根差した親しまれる病院を目指しています。最近では気胸ホットライン、呼吸器ホットラインを開設し、開業医の先生方との距離をより近いものにしようと努力いたしております。また2019年4月からは病棟を再編し、旧第3病棟を呼吸器センター病棟として診療、看護の充実を図っております。

看護部長からのメッセージ

看護部長からのメッセージ

患者さんの一番近くでケアを実践している看護師の質向上は必須です。
当院では、目標管理を明確にし、スタッフが自らの取り組みを実感できるよう、実践を通して看護の質向上を目指しています。
スタッフ全員が内容の共有をし、プラスの評価を返すことで自尊感情の芽生えや達成感に結びつき人材育成へ繋がると考えています。
看護が楽しいと思えるよう、また、積極的な姿勢で業務できるような職場環境づくりに努力しています。

国家公務員共済組合連合会 吉島病院(広島県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院