東北公済病院

安全・安心な療養環境と、質の高い看護を提供を目指します。


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 385床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 一般病棟 7:1
地域包括ケア病棟 13:1
回復期リハ病棟 13:1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2022年4月入職者向け情報※各種タブを選択

パートナーシップ・ナーシング・システムでの看護を提供し、 さらに新人の皆様がしっかりと独り立ちできるようなサポート体制を整えています。
 
 【看護部の理念】
 安全・安心な療養環境と、質の高い看護の提供を目指します。
 
 【看護部の基本方針】
 1.温かい思いやりのある看護を実践します。
 2.医療安全対策に努め安全・安心な看護を実践します。 
 3.キャリアラダー・システムに基づき臨床実践能力の向上に努めます。
 4.組織人として自覚を持ちチーム医療の充実を図ります。
 5.明るく活気ある職場作りに取り組みます。

看護部長からのメッセージ

看護部長
阿部 玲子

東北公済病院は、地域の皆様から信頼され安心して選択される病院をめざしています。

私たち看護部は、地域の皆様の信頼にこたえられるよう、質の高い看護の提供を目指して日々努力しています。病院の中で看護の果たす役割は大変重要であり、看護の質は看護を提供する看護職員の資質であると言っても過言ではありません。そこで当院では、看護師の資質向上のため、キャリアラダー・システムに基づいて知識、技術、態度の研修に力を入れています。
 また、当院看護部では看護師一人一人のキャリアデザインを大切に考え、目標面接を通してキャリア目標の達成をサポートしています。
 看護提供体制は、パートナーシップ・ナーシング・システムを取り入れ、新人看護師や部署の異動者あるいは途中入職の方も安心して働くことができる体制となっています。
 東北公済病院の看護職として、私達と一緒にあたたかく思いやりのある看護の実践をしてみませんか。

先輩からのメッセージ

がん化学療法認定看護師
菅野 真貴

認定看護師の紹介

在院日数の短縮化や、支持療法の進歩、外来化学療法に診療報酬が認められるようになったこと、経口抗がん剤の増加などから化学療法を受ける場は入院から外来・在宅へと移行してきています。このような状況にある患者、家族は疾患や治療の理解はもちろんですが、副作用症状のモニタリングや対処できるセルフケア能力が必要不可欠となります。
現在、私は外来化学療法室で勤務しています。化学療法を受けながらも、自分らしく生活できるということを大切にしていただくために患者支援、患者教育に努めています。
外来でがんと告知される患者が多い現状があり、各科スタッフとの連携を図り、その段階からがん看護分野の専門・認定看護師による支援が行なえるシステムを構築していきたいと考えています。また、他の専門・認定看護師と協同し、がん看護の質の維持・向上に努めていきたいと考えています。

東北公済病院(宮城県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院