稲沢市民病院

地域の二次救急病院として、集中治療から訪問看護ステーションまで幅広い経験ができます。


募集職種
  • 看護師
病床数 320床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 〇集中治療室12床(ハイケアユニット)4:1看護体制  
〇急性期病棟46床(3病棟)、41床(1病棟)7:1看護体制 
〇地域包括ケア病棟(1病棟)13対1看護体制
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2022年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 地域の2次救急指定病院として集中治療から退院後訪問まで、市民の健康をサポートすることを目指している市民病院です。集中治療室から、救急、手術、地域包括ケア、訪問看護ステーションと幅広い経験ができます。受け持ち患者さんのご自宅に訪問することで、病院内だけでなく退院後の生活を見据えた看護が展開できる看護局を目指しています。2020年2月には、訪問看護ステーション「あしたば」を開設し、より地域のニーズに応えられるような体制をとりました。 
 年1回開催される市民病院祭りでは地域住民に病院を開放し、医療・看護に触れる機会を作っています。毎年、約1300人の市民の方が来場し、手術体験やアロママッサージ、心肺蘇生など様々な体験をしています。
  職員が職種の垣根を越えて助け合い、支え合うあたたかい病院です。あなたも私たちの仲間になりませんか?

看護部長からのメッセージ

看護局長
住田 千鶴子

あなたへのメッセージ

 看護の仕事を選んだあなたは、これから、喜び、悲しみ、悩み、楽しみ、怒り、幸福感など、様々な自分の中の感情と向き合いながら仕事をします。看護局では、現場の看護師が感じるどんな些細な倫理的ジレンマもそのままにしないために、様々な倫理カンファレンスを多職種で行っています。常に受け持ち患者さんの気持ちを考え、「自分が看護師として何ができるのか」をチームの仲間へ語り、チームで実現していく過程で、一人一人の看護観が養われていくと考えています。
ぜひ、人としての人としての豊かな人間性を養い、自分を成長させ、チームの一員として役割を果たしていることを実感したい方、一緒に働きましょう。

稲沢市民病院(愛知県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院