独立行政法人国立病院機構 長良医療センター

笑顔のある温かな看護を実践し、「地域の人々に寄り添い、支えあえる」心豊かな人材を育成します。


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 346床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 一般病棟  10:1
障がい者病棟 7:1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2022年4月入職者向け情報※各種タブを選択

  長良医療センターは、平成17年3月1日、岐阜市の中心街より北東約6kmの地点、清流長良川の右岸の緑濃い丘陵に囲まれ清楚な住宅街の中に開設しました。また、平成24年6月には障がい者病棟3階(180床)が完成しました。
病院からは、金華山(織田信長の居城であった稲葉山城)が眺められ、夏には7階の病棟から長良川の花火大会の花火を眺めることができます。
当院では、主に呼吸器疾患(内科・外科)、小児科疾患(感染症・アレルギー・外科)、NICU・GCU、産科、循環器科の診療と、障がい者医療(筋ジストロフィー・重症心身障がい)を行っています。また、岐阜での結核医療機関として結核医療にも取り組んでいます。
 当院の理念は【生命を育み、未来を大切に】です。この「いのちを育む」とは、長生きすることを目指すだけでなく、人間性を尊重して、生活の質を高め、人格の涵養(無理をしないでゆっくり養い育てること)を目指すことであり、「未来を大切に」とは、たとえ病・障がいがあり、高齢になっても、その人が望む地域生活に様々な制度や施設の協力により支えることです。地域ニーズに対応し、「地域の方々に寄り添い、支え合える」病院を目指しています。

























看護部長からのメッセージ

笑顔のある温かな看護

 病院の理念のもと、看護部の理念は、【笑顔ある温かな看護】を掲げています。この意味は、「笑顔」の主語は、患者・家族そして看護師・医療スタッフすべてであり、「温かい」は、「あたたかさ」「ぬくもり」「穏やかさ」「やさしさ」「大切さ」を意味し、患者様を理解し尊重する姿勢で、温かさが伝えられる看護を実践するよう努力しています。
 患者様から「この看護師さんで良かった」と心から思っていただけるよう、日々、患者様から多くの学びを頂き、共に成長しながら更なる専門性の高い看護師を目指し、看護師一人一人が頑張っています。
 私たちと一緒に、温かい看護を実践してくださる方をお待ちしております。

先輩からのメッセージ

教育担当師長より

 教育担当師長は、院内の現任教育を担当し、教育委員会の委員長として活動しています。

 看護部の教育委員会は、看護部長、副看護部長1名、教育担当看護師長、副看護師長9名で構成されています。教育委員会では、看護職員の能力向上を支援するため、集合研修の企画運営・評価、集合研修後の職場内研修などの検討を行っています。
 教育カリキュラムは、新採用者教育はもちろん、ラダー別研修、役割別研修、技術の向上を目指した研修など多くの研修を計画しています。
 病院の理念・看護部の理念が達成できる看護職員になれるよう、お互いに学び合い、地域の皆様に安全で安楽な看護を提供できるよう、一緒に成長していきたいと思っています。。

独立行政法人国立病院機構 長良医療センター(岐阜県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院