東京都立病院(10病院)

都立病院は、救命救急、周産期医療、がん医療、精神科医療など、10病院がそれぞれ特色ある医療機能を持っています。そして、都立病院全体で働きやすい職場づくりに取り組んでいます。

令和3年3月20日(土)に「東京都看護職員WEB就職説明会」を開催します!
都立病院の採用情報は、「東京都病院経営本部」のホームページをご覧ください。


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 5446床
外来患者 7235名 入院患者 4290名
看護体制 7:1など
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2022年4月入職者向け情報※各種タブを選択

臨床研修

集合研修で病棟配属前に必要な知識を学び、採血・点滴の滴下などの技術を実習します

 初めて病院に行ったら、その日から配属先の病棟で患者さんのケアを行うのだろうか、など不安に思っていませんか?都立病院では、新人看護師の採用後3日間は辞令交付や事務手続き、他の都立病院の新人看護師との合同研修があり、その後に各病院での研修に入ります。看護部概要や医療安全、接遇、情報セキュリティ、看護倫理、看護記録などの講義を受けます。感染予防の防護具装着や手洗い、点滴滴下合わせ、採血の実習もあります。緊張しますが、先輩看護師がしっかりと見ていてくれるので安心して実技に臨めます。その後、病棟での研修が始まります。
 臨床研修1は患者を受け持たずに技術を中心に学び、臨床研修2で1名から患者を受け持ち日勤業務を学び、臨床研修3で夜勤と休日勤務を経験します。

新人サポートカンファレンス

病棟に配属されてからも同期の仲間とグループワークができます

臨床研修中は定期的に新人サポートカンファレンスを開催しています。配属先の部署で行うものと、集合研修として新人全員が集まって行うものがあります。部署では、新人の技術の習得状況を確認したり、思いを表出してもらいます。集合では、新人同士で話し合うことが励みになり、頑張る気持ちを維持できます。まだまだ日々の業務で精一杯の時期に、半年後の自分を思い、目標をあげることも効果的です。メンタルサポート研修を受けたり、リラクせーションの体験も取り入れているので、気分転換にもなります。

安全管理研修

メディカルセーファー分析について学びます

安全管理1(卒後1年目)は、安全確認行動と危険な薬剤の取り扱いについて学び、安全管理2(卒後2年目)では、KYT法・多重業務から危険の予測と回避行動について考え、事故防止についての理解を深めました。卒後3年目に受ける安全管理3では、インシデントレポートのメディカルセーファー分析を習得することにより、再発事故を未然に防ぐ能力の向上を目指しています。”なぜ?なぜ?”と背後要因を追及していく手法は、原因の潜在的危険性を明らかにし、広範で深淵な問題に気づかせてくれます。この研修により、個人のリスク感性を向上させ、安全なチーム医療の推進につなげていくことが目標となります。

東京都立病院(10病院)(東京都)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院