東京都立病院(10病院)

都立病院は、救命救急、周産期医療、がん医療、精神科医療など、10病院がそれぞれ特色ある医療機能を持っています。そして、都立病院全体で働きやすい職場づくりに取り組んでいます。

都立病院の採用情報は、「東京都病院経営本部」のホームページをご覧ください!
【令和3年4月採用募集人数 看護師330名程度、助産師6名程度】

また、島しょでは各島で看護師の採用を行っています!


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 5367床
外来患者 7235名 入院患者 4659名
看護体制 7:1など
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2022年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 ★東京都立病院について★

 
東京都では、普通病院6、小児病院1、精神病院1の合計8病院と、2つの療育施設を設置し、都民に幅広いサービスを提供しています。 

これらの病院・施設では、高水準で専門性の高い診療基盤に支えられた「行政的な医療」を行い、ほかの医療機関との連携を通じて、東京都における良質な医療サービスの確保を図っています。

人材育成には特に力を入れており、研修体系「東京看護アカデミー」により、新卒採用職員については、3年間で基礎コースを学んでいただく、ゆとりある教育・指導体制をとっています。

また、産前産後の休暇制度、育児のための短時間勤務など、各種休暇制度が充実しているため、ワークライフバランスを保って働く環境が整っています

職員一人ひとりが「都立病院の看護師になって良かった」と思えるキャリアアップの支援、
働きやすい職場環境作りに力を入れています。

見学、インターンシップの申込に関しましては、各病院のホームページをご覧いただき、
各病院の看護部にお電話にてお問い合わせください。

【広尾病院】03-3444-1181(代表)
【大塚病院】03-3941-3211(代表)
【駒込病院】03-3823-2101(代表)
【墨東病院】03-3633-6151(代表)
【多摩総合医療センター】042-323-5111(代表)
【神経病院】042-323-5110(代表)
【小児総合医療センター】042-300-5111(代表)
【松沢病院】03-3303-7211(代表)
【北療育医療センター】03-3908-3001(代表)
【府中療育センター】042-323-5115(代表)

採用に関するお問い合わせは下記メールでも受け付けています。
S0000705@section.metro.tokyo.jp

島しょでは各島で看護師の採用を行っています。
詳細は、「島しょ町村等医療従事者募集(町村職員等)」のホームページをご覧ください。



★… 都立病院とは…? ★


【広尾病院】
救急災害医療、心臓病医療、脳血管疾患医療、島しょ医療が重点医療。助産師も募集!
(東京ER・広尾、広域基幹災害医療センター指定)

【大塚病院】
母子医療、小児医療、膠原病医療、リウマチ等に重点を置いた総合病院
助産師も募集!(総合周産期母子医療センター指定)

【がん・感染症センター 駒込病院】
がん、感染症医療が重点医療
(都道府県がん診療連携拠点病院指定、エイズ診療中核拠点病院) 

【墨東病院】
救急医療、周産期医療、感染症医療、精神科救急医療等が重点医療。助産師も募集!
(東京ER・墨東、地域がん診療連携拠点病院、母体救命対応総合周産期母子医療センター)

【多摩総合医療センター】
救急・がん・周産期医療が3本柱。助産師も募集!
(東京ER・多摩(総合)、地域がん診療連携拠点病院、総合周産期母子医療センター)

【神経病院】
あらゆる神経・筋疾患を対象とする専門的医療を提供

【小児総合医療センター】
都における小児医療の拠点!海外でも例が少ない「こころ」と「からだ」を総合した医療を提供

【松沢病院】
日本の精神科医療をリードする「こころ」の医療センター

【北療育医療センター】
様々な障害をもった方々を総合的に支援するために設立された総合医療療育施設

【府中療育センター】
重症心身障害児・者に対する高度医療と看護(療育)サービスを提供する施設

※詳細は、各病院ホームページをご覧ください。
 

看護部長からのメッセージ

幅広い疾患を深く学べる環境のもとで、個々のキャリアデザインを描いてください

 都立病院には、三次救急から周産期、がん医療など幅広い疾患を深く学べる環境があります。
 
 教育の特徴である「東京看護アカデミー」は、新人からベテランまで、個々の習熟段階に応じて、キャリア発達を支援しています。
 
 都立病院では、従来から看護師の育成に力を入れてきました。より良い看護を提供するためには、看護師のスキルアップが必要という考えのもと、都立病院全体で連携し、全病院で同じ教育が受けられる研修システムを構築しました。
 
 新人教育、3年間の基礎コース、そして4年目以降にはジェネラルコースの研修が整っています。そのほかにもスペシャリストを目指す人には、専門・認定看護師や学会認定の資格取得など、資格取得への支援も

先輩からのメッセージ

看護師
小児総合医療センター

楽とは言えない仕事でも、私が看護師を続ける理由

 わたしの病棟は定期的に入院が必要な子どもたちが多くいます。子どもの病気は治ると思われているものも多いですが、先天性疾患や慢性疾患などは、病と生涯を共にする場合もあります。そういう子どもたちが、普通の子どもと一緒に普通の生活を過ごしていくことの難しさを看護師として見てきました。
しかし、関わりを続ける中で、子どもは日々成長することや可能性は大きく広がっていることを教えてくれます。そしてその成長に触れた時、親子とともに歓喜し、看護師を続けていく勇気をもらいます。
また、当然ながら嬉しい経験だけではなく、自分よりも小さな子どもたちが亡くなるという悲しい経験も避けられません。その度に戸惑い、迷い、悲しみ、それを堪えながら働いてきました。嬉しいことも悲しいことも、真剣に話し、ともに考えてくれるスタッフの存在も看護師を続けられる理由であると感じています。
当院は子どもの専門病院として、たくさんの未来ある子どものために医療や看護を提供しています。一筋縄ではいかないことも多いですが、やりがいや喜びも多い仕事です。皆さんも子どもたちに勇気をもらいながら、自分自身も成長していきませんか?一緒に働けるのを楽しみにしています!

東京都立病院(10病院)(東京都)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院