松戸市立総合医療センター

松戸市が運営する公立病院で、3次救急と小児医療センターが特徴です!


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 600床
外来患者 1017名 入院患者 499名
看護体制 一般病院7対1
急性期看護補助体制加算50対1取得
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2022年4月入職者向け情報※各種タブを選択

愛される病院、信頼される病院。それが、わたしたちの使命です。
 
 当院は昭和25年に開院して以来、東葛地域の中核病院として高度で良質な医療の提供に努めています。
 急性期病院は365日24時間体制で第3次救急医療を提供し、地域の医療機関をも支えています。
 特に、小児医療にも力を入れ、周産期医療体制の確立に取り組んでいます。

看護部長からのメッセージ

すべての人に「来てよかった」と思われる病院を目指して

 当院は東葛北部医療圏の基幹病院であり、周産期母子医療センターや3次救急を受入れる救命救急センターを有しており、急性期病院としての医療の提供が求められます。
 基本理念の「すべての人」の第一は、患者さんやご家族です。「手」と「目」が合わさった「看」のように、心身の状態を的確に観察・判断することを通して、安全で安心できる心のこもった看護技術を提供していかなければなりません。そのうえで、生活者としての患者さんを支える急性期看護を実践することが、「来てよかった」と思っていただける当院の基本理念の達成につながっていきます。
 また、「すべての人」には職員も含まれます。看護局に属するすべての職員に対し、様々な院内外の研修等への参加や教育体

先輩からのメッセージ

「患児や家族とのかかわりの中で喜びとやりがいを感じています」

 私が勤務している小児病棟は、急性期から慢性期に至る様々な疾患の子供が入院しています。20名を超える小児科医師や保育士など、他職種と共に早く元気に退院して頂けるようにチーム医療に取り組んでいます。入院によるストレスや不安を抱えている患児や家族のためにカンファレンスを通して情報の共有を図り、看護問題の解決に向け看護の提供をしています。
 関わりの中で、喜びを感じる場面ではとてもやりがいを感じます。そしてさらにより良い看護を提供しようと向上心が沸いてきます。皆さんと一緒い働ける日を楽しみにしています。

ナース専科からひとこと

★子育て支援等、長く働くための環境が整っています★ 松戸市立病院は看護職の平均勤続年数が14.6年(2011年)と、長く働き続けることができる職場環境を提供しています。子育てしながら働くナースのために、院内保育所を整備し24時間保育を行っています。有給休暇や夏期休暇をはじめ、長期の育児休業も取得しやすいです。また、数年後には病院を新築し移転する予定です。

松戸市立総合医療センター(千葉県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院