日本鋼管病院

誰かに自慢したくなる看護
『とっておき』を見つける・育てる・目指す

<2020年春インターンシップについてのお知らせ>
新型コロナウィルス感染拡大予防のため、春のインターンシップ開催を中止しています。再開についてはホームページにてお知らせします。
<病院見学についてのお知らせ>
新型コロナウィルス感染拡大予防対策を行い、病院見学を開催しています。
*採用選考随時受付中


募集職種
  • 看護師
病床数 395床
外来患者 1000名 入院患者 330名
看護体制 一般病棟7対1 正看比率99%以上
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2022年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 当院は、開設(1937年)当初より一貫して地域に密着した病院として発展し、「すべては患者さんのために」を基本理念として、日々の診療をおこなっております。
看護部理念は「私達はすべての患者さんに、一人一人が『あなたでよかった』と思っていただける看護を提供します」基本方針として、1. 患者さん一人ひとりの人生を尊重し信頼される看護を実践します。2. チーム医療の要となり、安心・安全で質の高い看護を提供します。3. それぞれの強みを生かし、常に責任と成長を意識し、能力の向上に努めます。


「安心感」・・・クリニカルラダーシステムによる一貫した教育プログラムを展開、親切・丁寧に指導
「満足感」・・・24時間対応の保育室を完備、仕事と子育ての両立を支援しています。また福利厚生も充実

看護部長からのメッセージ

日本鋼管病院 副院長 兼 看護部長
十枝内(としない) 綾乃

看護師たちの”とっておき”の集合体として『あなたでよかった』と思ってもらえる看護を実践したい

看護師の仕事は、生死や病いに関わるだけではなく、この世に生を受ける循環からなくなるまでの間の様々な場面で多岐にわたり関わる仕事です。
看護師がプロとして接するその手法は実は看護師の数だけあるのではないでしょうか。
すべてのことに過不足なく関わるのは理想かもしれませんが、、実際には非常に難しいことです。
しかし、看護師はだれでもひとつは大切にしているもの、得意なことなど『とっておき』を持っていると思います。
すべての看護師の『とっておき』をさらに成熟させ、それに気づいていない看護師には具現化できるよう支援し、これから看護師になっていく新人たちには『とっておき』が見つかるよう育てる、そんな看護部にしていきたいです。
何かにチャ

先輩からのメッセージ

循環器・呼吸器病棟
T・K

「ふきのとうの日」に支えられ年間で成長できたこと

入職して1年間で多くの事を学びましたが、患者さんと接していて強く感じたことは疾患や治療と向き合っているのは患者さんであり、私たち看護師はその患者さんに一番近い場所で支える存在であるということです。入職した時は覚えることも多く、時間に追われ患者さんと接する時間を設けることも難しかったため、1年目の私は患者さんに何が出来るのかわからなくなることもありました。しかし、1か月に1回行われる「ふきのとう研修」では、同じような悩みを持って日々頑張っている同期とグループワークを行い、悩みや患者さんとのコミュニケーションについてなど話し合い、また頑張ろうという気持ちになる事が出来ました。みんなで励まし合いながら1年間を過ごし、1年目を終える頃には時間に余裕を持って患者さんと接することができるようになりました。

「ふきのとうの日」は新人ナースのための教育プログラムで、同期全員が揃って受講します。
普段あまり会えない別病棟に勤務する同期と話をすると、初めて聞く用語や検査などもあって、お互いに教えあったり一緒に課題をこなしたりと刺激しあえる場であり、仕事の話やプライベートの話で盛り上がったりなど、慣れないことが多くピンと張り詰めている毎日から少し離れて息抜きができる貴重な場でもあります。

ナース専科からひとこと

ドラマの撮影にもよく使われるキレイな病院ですが、川崎市初の総合病院(!)なので、教育制度も他の病院に負けない歴史と実績があります。学生も毎年全国から集まりますが、月1回の「ふきのとうの日」や、病院での多様なイベントを通して同期とはもちろん、他職種や、地域ともあっという間に馴染める環境が整っています!

日本鋼管病院(神奈川県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院