自治医科大学附属さいたま医療センター

【自治医科大学附属さいたま医療センター】(埼玉県)から看護学生へメッセージ

「ここに来てよかった」と実感してもらえる看護の実践が自慢です。
「ここに来てよかった」と実感できるキャリア支援に自信があります。 

【インターンシップおよび病院見学説明会を行っています】
 詳細については、自治医科大学附属さいたま医療センター看護部HP をご覧ください。


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 628床
外来患者 1443名 入院患者 582名
看護体制 急性期一般入院料1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2022年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 平成元年に急性循環器疾患診療を中心に開院した当センターも、現在は精神科を除くすべての疾患に対応できる体制となり、2016年には救命救急センターを開設し、地域の中核病院としての機能を果たしています。また、大学附属病院の使命である高度医療を提供し、地域住民の方々が安心して治療を受けられる医療機関であり続けられるよう、日本医療機能評価機構の認定を受け更新を続けています。

患者様への最善の医療の提供のため、職階職域を越えて職員が一丸となることができるのも当センターの強みです。教育機関としても、自治医科大学医学部の学生をはじめ埼玉県内の看護学生、他医療技術系学生の実習を積極的に受け入れ、各部門の丁寧な指導は学生間で大変好評です。

患者様だけでなく、看護職員にも、看護部の理念である「ここにきてよかった」を感じてもらいたい。当看護部の願いです。

 

看護部長からのメッセージ

一人ひとりが自律した看護を目指しています

新卒の看護職員にとって、初めは不安や驚きの連続で「自分は看護師に向いていないのでは」と悩むことがあるかもしれません。でも働き続けられるのは「看護職としての夢があり」「目標となる先輩との出会いがあり」「患者さんから学ぶことがあり」「温かい職場の雰囲気がある」からです。
自分の看護に誇りが持てるよう自律した看護をめざして自分自身を育て、自分の夢を叶える場として当センターがあります。
看護部では健康な人、誠実で思いやりのある人、向上心をもち努力を惜しまないあなたをお待ちしています。

先輩からのメッセージ

この病院に決めた理由

 「このセンターに来てよかったと実感してもらえるような看護を実践する」という看護部の理念に惹かれ、私もこの病院で患者さんと向き合っていきたいと思いました。インターンシップに参加した際に看護師が生き生きとお互いに声かけあって働き、患者さんに寄り添って看護する姿が強く印象に残りました。学生だった自分にも親切、丁寧に指導をしていただき雰囲気が良いと思いました。
 院内研修が充実していることや、部署では段階的に計画にそって指導されることがわかり、このセンターで働きたい、成長したいと思いました。

【自治医科大学附属さいたま医療センター】(埼玉県)の資料を請求する 【自治医科大学附属さいたま医療センター】(埼玉県)に問い合わせする 【自治医科大学附属さいたま医療センター】(埼玉県)に応募する

自治医科大学附属さいたま医療センター(埼玉県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院