大阪医科大学附属病院

「超スマート医療を推進する大学病院」をコンセプトに2022年には最新設備を導入した病院新本館A棟が、2025年にはB棟が竣工する予定です。A棟には救命救急センターを設置する予定です。


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 832床
外来患者 2126名 入院患者 774名
看護体制 7対1看護体制
二交代制勤務(一部三交代制併用)
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2022年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 
特定機能病院で求められる幅広い知識の習得や専門性の高い看護技術の実践に取り組み、医療の各専門分野を支えながら患者さんに最も適した医療・看護の提供に力を尽くしています。当院は大阪府高槻市の中心に位置し、地域の中核病院としての役割を果たしつつ、関西一圏を診療圏とする安全で質の高い高度先進医療を行い多くの患者さんのあらゆるニーズにお応えしています。

看護部長からのメッセージ

看護部長
中山 サツキ

看護学生のみなさんへ

大阪医科大学病院看護部では基本方針に「生命の尊厳を大切にした患者さん中心の看護」を掲げ、いつも患者さんの目線に立ち、思いに寄り添う看護が提供できることをめざしています。しかし、この患者さん中心の看護「Patient Centered Care」は実際に行うのはとても難しいことです。
これを実現するためには、患者さん一人ひとりが何を大切に、どう生きたいと願うのかに関心を持つことが何よりも重要だと思います。自分の考えや価値観だけでなく、対象となる相手の気持ちに思いを馳せて、看護を考えることで、患者さん中心の看護へ近づくことができるのです。
あなたもここで、私たちと一緒に看護師としての一歩を踏み出しませんか?たくさんの学びの場があります。支えてくれる先輩たちがいます。患者さんの思いに寄り添いたいと願うあなたと出会えることを、心から楽しみにしています。

先輩からのメッセージ

「大阪医大の5つの強み」

新人看護師が本院を選んだ理由のトップ5
1.新人教育システム
  2人の先輩がサポートし、部署全体、そして看護部全体で育てる新人支援システムがあります。より良い人間関係を築くために、臨床心理士によるサポートも行っています。
2.PNS®をベースとしたペアで行う患者中心の看護を実践
  先輩とペアで看護実践する中で、自律して自信をもって看護が提供できるようにしています。
  PNS®:福井大学医学部附属病院看護部が開発し、ペアを組む先輩と後輩ふたりの看護師が一緒に看護を行い、成果と責任を互いに共有する看護方式。
3.職場環境
  病棟の雰囲気・人間関係もよく働きやすい職場です。
  オンとオフを両立して長く輝きつづけるための環境があります。
4.目標となる先輩看護師の存在
  先輩とともに働くことで、自らの数年後の成長目標が明確になります。
5.アクセスの魅力
  電車で京都へ約12分、大阪市内へ約15分という好アクセスも魅力です。

インターンシップに参加した方の85%は面接に応募するほど「良かった」と感じる方が多いです。
是非、本院の良さを直接肌で感じるために、本院のインターンシップへご参加ください。お待ちしています。

大阪医科大学附属病院(大阪府)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院