三菱京都病院

災害に強く、高度な医療機器完備の病院


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 188床
外来患者 626名 入院患者 158名
看護体制 一般病棟7:1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2022年4月入職者向け情報※各種タブを選択

新人研修

集合教育から個人指導まで万全の院内教育でサポート

当院の院内教育は教育委員会による教育と、各配属先における教育に大別されます。教育委員会による教育はクリニカルラダーシステムを導入し、各人のレベルに応じた教育を実施しています。一方、各配属先でも、各セクションの特殊性を織り込んだオリエンテーション・教育を実施し、一人ひとりの個性を生かした教育をこころがけています。複数のプリセプターによる個人指導や、先輩看護師とのダブル勤務体制により早くひとり立ちできるよう支援しています。さらに、月1回の看護部勉強会(むつみ会)や院内教育を実施しています。

看護教育

笑顔と対話を大切にしています。

2009年度より「専門職として個々が自律し、自分の成長やキャリアが見える」事を目的とした、職能開発プログラムの1つである『クリニカルラダーシステム』の導入をしました。

スタッフ個々のレベルにあった教育の必要ポイントが明らかになり、適切な教育を自由に自主的に受けられる利点があります。
また、現在の自己の方向性や課題が明確にでき、そのレベルが客観的に評価できます。
そして当院看護部の組織そのものが審査し、そのレベルを承認するため、やりがいや達成感がえられます。
今後も専門職である看護師としてあるべき姿、質の向上、人材育成、ともに成長できる職場環境を追及し、「マグネットホスピタル」を目指し
看護教育システムを整えていきたいと思っています。

認定看護師

感染認定看護師を取得しました!

感染管理認定看護師資格を取得するため、2007年9月より半年間の研修を終えました。2008年5月に認定試験を受験し6月に無事合格し、現在感染管理認定看護師として活動しています。
感染管理認定看護師とは、認定看護師制度の一つの分野でありその認定を受けた者です。その役割は、病院を利用される方々(患者さま、ご家族、職員など病院を利用されるすべての人)を感染症から守るために、医師や看護師だけでなく、検査課や栄養調理課、薬剤部、事務部などとも協力し、感染症が発生するリスクを低減させる活動をすることです。
現在、職員に対する感染防止技術の指導・教育のほか、医師や看護師、検査技師、薬剤師が連携して病院内で発生した感染症が拡がらないように助言を行うことで、患者さまやご家族に安心していただける環境づくりを目指し日々奮闘しています

三菱京都病院(京都府)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院