東海中央病院

平成26年4月に地域包括ケア病棟をオープンしました。地域密着したアットホームな病院です。
中途採用の方にも、働きやすい病院です。
是非、病院見学にお越しください。


募集職種
  • 看護師
病床数 332床
外来患者 713名 入院患者 248名
看護体制 一般病棟7:1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2022年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 
 東海中央病院のある各務原市は、岐阜市の東に隣接する15万人都市で
 産業と環境美化の調和した活気のある文化都市です。 
 
 当院は、公立学校共済組合の直営病院の一つです。
 二次救急医療機関として、周辺地域の救急医療をはじめ市民病院的な役割など、
 幅広く地域医療を担っています。
 
 また、職域病院として教職員を中心とした健康事業も行い、52年の歴史と
 伝統を持つ病院として発展しています。
 
 当院ではチーム医療を軸に治療とケアが一体となったやさしさと温もりの
 ある医療の実践を心がけています。また、電子カルテや各種地域連携クリニカルパスを
 導入し、医療の効率化や地域連携の充実を目指しております。
 
 急性期医療だけでなく、緩和ケア病棟を有し
 より地域のニーズに応えられるよう取り組んでおります。
 

看護部長からのメッセージ

安全でまごころをこめた看護の実践

私たちは、人口15万人の岐阜県各務原市の基幹病院として、急性期から緩和ケアまで幅広い医療を提供しています。安全で質の高い看護を実践するには、一人ひとりがやりがいを感じ、働きやすい職場が必須です。「看護師になってよかった!ずっとこの仕事を続けたい」そんな思いを持ち続けられる組織を目指しています。
当看護部の特徴
1.パートナーシップ:安心・安全な看護の提供のためにお互いに学び協力しながら、安全で効率のよい看護の提供を目指しています
2.充実した教育体制:新人教育の初めの2週間は集合教育を行っています。この間に仲間つくりができるので同じ学校の子がいなくても大丈夫ですよ。
3.ワークライフバランス:一人ひとりが仕事と生活を充実させ

先輩からのメッセージ

血液浄化センター看護師 
清水美弥子                                    

フットケアについて

早いもので今年も半年が過ぎようとしていますが、みなさん元気にお過ごしでしょうか。
今回は血液浄化センターで、看護師が透析治療以外で行っている仕事についてお伝えします。
血液浄化センターには、血液透析の患者さんは週3回、腹膜透析の患者さんは月2回通院されています。透析患者さんは、動脈硬化により末梢の血流が悪くなり、足のしびれや痛み・潰瘍の形成が起こり易く日常生活に支障をきたすことがあります。
私たち看護師は、患者さんの透析治療のサポートのみでなく、日常生活の質の低下、身体活動の低下を防ぐため、常に患者さんの足の観察を行い、爪の手入れ方法などを指導し、トラブル予防に早期から対応しています。このような私たちの関わりで、足のケアを大切にするということに関心を持っていただけた方が増え、大変嬉しく思っています。
現在はコロナウィルス感染予防のため外出を控えている方が多いと思います。そのような時間に、足のトラブルを防ぐケアを積極的に行って頂けると尚嬉しく思います

東海中央病院(岐阜県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院