船橋市立医療センター

患者さんに信頼される医療を目指します


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 449床
外来患者 934名 入院患者 377名
看護体制 一般病棟7:1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2022年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 病院理念:相互信頼の医療 私たちは、患者さんに信頼される医療を目指します。船橋市は人口62万人を擁し、2003年4月に中核市へ移行しました。保健所は市で設置され、市民福祉を向上させるとともに、「生き生きとしたふれあいの都市・ふなばし」の実現に取り組んでいます。当院当初から高度医療・二次救急を担う中核基幹病院として、地域医療機関と密接な連携を図りながら、市民の医療需要に応えてきました。市内の医療機関と連携したオープンベッド方式を導入し、地域医療の充実に努めています。三次救命救急センターを併設し、また消防局や医師会と協力して全国初の24時間体制ドクターカーの運用救急医療の面でも体制強化が図られてます。2010年1月に緩和ケア病棟をオープンし、同年3月には地域医療支援病院の承認を受けました。 
 
 
  

看護部長からのメッセージ

看護局長
武村妙子

患者さんの立場に立ち、専門的な知識・技術に心の調和する看護をめざします

高齢化、高度複雑化する医療の繁忙な職場環境の中にあっても、豊かな感性で、患者さん一人ひとりの思いを受けとめ、患者さん自らの生活や生き方を大切にした安らぎのある看護に努めています。
人材育成においては、「一人一人を大切にします」を教育理念とし、看護の専門性が高く、人間性に富み、時代の変化・地域のニーズに柔軟に対応できる自律した看護師の育成のため、キャリア開発ラダーを導入しました。看護師は1年目からポートフォリオを活用し「なりたい自分」をイメージしキャリアアップに取り組んでいます。また、日本看護協会の専門・認定看護師などスペシャリストを目指す職員への支援も行っています。現在は5名の専門看護師と20名の認定看護師(うち2名は特定行為研修修了者)が臨床で活躍しています。その専門性を活かす場として糖尿病、ストーマ(人工肛門)、リンパ浮腫、フットケア等の看護外来を開設しています。他にも疼痛緩和、がん化学療法、がん指導などのがん看護領域、入院前からの入退院支援、救急や災害看護、認知症や精神的ケア、脳卒中や摂食嚥下、医療の質を担保する医療安全や感染防止など病院組織で横断的に活動しています。看護師がいつも笑顔で生き生きと働くことができる職場環境を作り、質の高い看護の提供を心がけています。

先輩からのメッセージ

先輩
呼吸器外科病棟看護師

看護師4年目を経て

 看護師として働き始めて早くも4年目になり様々な経験をしました。忙しい業務の中でも、患者さんやご家族から「ありがとう」という言葉や笑顔に喜びを感じています。
院内教育では、看護技術の向上だけでなく、同期との交流や情報交換の場もあり、楽しく学んでいます。今年度は事例研究に取り組み、患者さんに寄り添う看護の原点を再確認することができました。
 悩むこともありますが、暖かく指導してくれる先輩方や仲間と話すことで自分の成長につながっていると感じています。
 これからも患者さんやご家族に寄り添える看護を目指していきます。

ナース専科からひとこと

船橋市立医療センターは、現在、皮膚・排出ケア、救急看護、感染管理の認定看護師と精神的支援を行っているリエゾン精神看護師が各専門領域で活躍しています。また、認定看護師資格取得のサポートなど、キャリアアップの支援を行っています。

船橋市立医療センター(千葉県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院