魚沼市立小出病院

【魚沼市立小出病院】(新潟県)から看護学生へメッセージ

市民の安心と笑顔をハートフルケアで支えます。


募集職種
  • 看護師
病床数 134床
外来患者 250名 入院患者 127名
看護体制 一般10:1  療養20:1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2021年4月入職者向け情報※各種タブを選択

看護部の目標
・豊かな感性と心を持ち、楽しく活気あふれる職場を目指します。
・一人ひとりの日常生活に視点をおいた看護を目指します。
・自らの役割に責任を持ち、継続的学習に努めます。
・患者の身近な存在としてチーム医療の中で調整役を果たします。

看護部長からのメッセージ

【魚沼市立小出病院】(新潟県)の看護部長からのメッセージ

看護部長
井口 峰子

看護部長のごあいさつ

2015年6月に開院し、市民の安心安全を支える地域医療センターとして新しいスタートをきりました。
 魚沼地域の医療再編として、三次救急・高度医療の魚沼基幹病院と、初期治療や慢性期・回復期の暮らしに身近な医療を提供する私たちの魚沼市立小出病院が連携して、地域完結型医療を市民の皆さんに提供しています。
 看護部では、新人看護師や中途採用者へのオリエンテーションを充実させて、職場全体で支える体制に重点を置いています。また、「パートナーシップ・ナーシングシステム」を取り入れ、ペアで組んで看護することで相談しやすく、ペアで意見交換しながら看護業務を進めることができます。職員が生き生きと明るく活気のある職場を目指し、共に体験を通して学び、個人や職場全体が成長できることを願っています。

先輩からのメッセージ

【魚沼市立小出病院】(新潟県)の先輩からのメッセージ

2病棟
卒後1年目看護師

患者さんが必要とする支援を適切に行えるようにしていきたいです。

私は在学中に保健師と看護師を学びました。実習においても急性期のクリニカルパスに沿った看護より、患者さんの生活背景や個別性を活かした看護、保健師の地域を捉える視点、予防を含めた看護に興味があり、住民参加型で地域医療を掲げる魚沼市立小出病院を選びました。実際に入職後、「地域医療魚沼学校」に参加した際、住民とともに学ぶ機会があるということで、地域を知るきっかけや、今後自分が患者さんやご家族に症状や予防について説明を行う時に専門用語ではなく、分かりやすい言葉を用いて行うための知識の獲得に繋がると感じました。
また自己学習が行えるツールとして、e-ラーニングのナーシングスキルを導入しており、隙間時間に看護技術の学習を行うことができ、動画により視覚で動きを確認することもできるため、入職後の不安軽減に繋がりました。
現在は、学生の時とは違い採血や点滴などを日々行うことで、看護師として働いている嬉しさと同時に患者さんに安全で安楽な技術の提供が必要となる責任を感じています。そのため今後も自己学習の継続による確実な手技の取得と、先輩やパートナーへの相談を怠らず、患者さんが必要とする支援を適切に行えるようにしていきたいです。

【魚沼市立小出病院】(新潟県)の資料を請求する 【魚沼市立小出病院】(新潟県)に問い合わせする 【魚沼市立小出病院】(新潟県)に応募する

魚沼市立小出病院(新潟県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院