東京医科大学 八王子医療センター

*見学会再開のご案内*
2020年病院見学会がスタートしました。
感染症対策を取りながら、内容・日程・参加人数などを変更し多くの学生の
皆様が安心してご参加いただけるように進めてまいります。
(2022年度ご卒業予定の方もご参加いただけます。)

<< 明日の自分が楽しみになる看護師に >>
3次救急の高度急性期病院で看護の現場を見学してみませんか?
ご応募お待ちしております!


募集職種
  • 看護師
  • 保健師
  • 助産師
病床数 610床
外来患者 1220名 入院患者 565名
看護体制 一般病棟 7:1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2021年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 東京医科大学八王子医療センターは1980年(昭和55年)4月、八王子市の誘致を受けて現在の地に開院いたしました。当センターは八王子市57万人を含めた、南多摩医療圏142万人の中核病院として、「先進医療」と「地域医療」の両者の機能を果たしています。
現在標榜診療科34科・許可病床数610床の総合病院として、あらゆる疾患への対応と効率的な医療システムの運用を行い、三次救命救急センター、災害拠点病院、感染症指定医療機関、がん診療連携拠点病院の指定を受け、移植医療の推進をはじめとした時代に即した高度先進医療を実践しています。
また、近隣医療機関として、八王子市民のみならず南多摩地区の皆さまの健康増進と、疾患予防対策にも貢献しています。


看護部長からのメッセージ

看護部長(副院長)
鳥羽 真弓

あなたがいてくれてよかった

 患者さんから「あなたがいてくれてよかった」と感謝のことばをいただくことがあります。いつも患者さんの思いに寄り添い、時にはそっと手を添える看護を実践している証だと思っています。
 私たちは、高度急性期病院の看護師としての専門的知識に基づいた看護を実践すること、患者さんが安全に、そして安心して医療を受けていただけることをめざしています。

 
【成長する自分を楽しめる環境】

 看護してのスタートを大切に、充実した教育環境を整えました。
 卒後教育は患者さんに質の高い看護を実施するための基盤と考え、キャリアアップを積極的に支援しています。
 24時間使用可能な図書館をはじめ、院内教育プログラムはもちろん、院外研修にも多

先輩からのメッセージ

看護部職員
2018年度 入職

着実に成長していける環境です!

私は病院見学へ当院に来た際、病院全体の雰囲気が良く、笑顔で働く先輩たちの姿を見て、自分もここで働きたいと強く思いました。また一人一人に寄り添った看護をしたい、急性期看護を学びたいと思い、新人研修が充実している当院に入職を決めました。

入職後から特に大変だったことは、業務を覚えることでした。1つ出来たら次のステップへとステップアップしていきますが、ステップアップするごとに新しく技術や知識を得なければならず苦労しました。しかしプリセプターさんやアドバイザーさんが私の課題や技術の経験項目を把握し、私の目標や課題を部署全体で共有してくださいました。そして部署の先輩方が業務で良かった点や改善点を話し合ったり、出来ないことがあれば一緒に付き添ってフォローしてくれたりと常に優しくサポートしてくれました。私のペースに合わせて部署全体で指導してくださる環境で、着実に成長することができました。
その中で患者さんのことを考え実践し、患者さんやご家族の方から「ありがとう」と感謝の言葉を頂いたときは、看護師として頑張ってきて良かったと思うとともに、とても嬉しい瞬間です。

ぜひ一度、見学やインターンシップに参加し、当院の雰囲気を感じてください。
お待ちしています!

東京医科大学 八王子医療センター(東京都)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院