>   > 湘南鎌倉総合病院

湘南鎌倉総合病院

【湘南鎌倉総合病院】(神奈川県)から看護学生へメッセージ

湘南鎌倉の地から世界の高度急性期病院へ


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 658床
外来患者 1318名 入院患者 580名
看護体制 一般病棟7:1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2021年4月入職者向け情報※各種タブを選択

★湘南鎌倉総合病院が大きく変わります

2020年秋 先進医療、包括的がんセンターの新築
2021年  救命救急センター、外傷センターの新築 を予定しています。

 

【がん治療について】

現在、外来化学療法室(オンコロジーセンター)はベッド数23

医師、看護師、薬剤師、臨床心理士、クラークがチームとなり治療に関する理解を深め、極力不安を軽減して治療が行えるようサポートしています。
2018年度は6893件の外来治療を行いました。

 また、放射線治療室では放射線腫瘍医、医学物理士、放射線技師、看護師が連携をとり、トモセラピー、小線源治療を1日平均37件 
がんセンターの新築では陽子線治療も始める予定でいます。

 

【救命救急センター】 ER、救命病棟10床、救急ICU10

「断らない医療」の理念のもと救急は1次救急~3次救急を受けています。
2018年度 救急車の受け入れは14,019件(13050件)
ウォークイン受診患者数28,723名 救命病棟の平均在室日数2.3
ヘリ搬送は年々増加しており2018年度は44件その90%が外傷の患者さんです

 

★増え続ける外傷患者

【外傷センター】 独立したOpe4部屋で2018年度は2277件 

Ope件数全体の20%を外傷の手術が占めています。一般骨折から切断四肢、開放骨折、血管損傷、挫滅損傷まで初期からリハビリまで一貫して治療を行います。

 

より大きくなる湘南鎌倉総合病院にご期待ください!

<看護学生へメッセージ>

当院では救急医療からがん治療、外傷などの外科系のほか、循環器での最新の治療、腎移植など様々な医療を地域に提供しています。新人看護師は1年目で外科系、内科系、クリティカル系をローテーションする教育体制をとっています。たくさんの経験をして自分の目指したい看護を見つけてください。

先輩からのメッセージ

一番輝く自分になる。入職をお考えのみなさんへ

皆さんはどのような病棟、病院に入職したいと考えますか。私は学生の頃に初めて受持ちをさせていただいた外科の患者さまが今でも印象に残っており、入職後は外科の病棟で働きたいと思っていました。しかしローテーションをする中で伸ばしたい知識、自分のなりたい看護師像が見え、今では内科病棟に勤務しています。2年目となる今では腎移植をはじめとした、透析・腹膜透析など腎臓について日々勉強し理解を深めています。急性期の病院であるため、状態の変化が速くそれに伴った知識・技術を高める事ができ日々楽しく仕事をしています。
ぜひ私たちと一緒にお仕事してみませんか。

ナース専科からひとこと

木のぬくもり溢れるホテルのようなロビーに、ゆったりとした表情でくつろがれている患者さんがたくさんいらっしゃいました。それは施設の素晴らしさだけでなく、患者さんに対する医療や看護のレベルの高さの表れでもあると思います。活気に溢れ、意欲的に働く方の多い同院に、ぜひ一度足を運んでみてください。

【湘南鎌倉総合病院】(神奈川県)の資料を請求する 【湘南鎌倉総合病院】(神奈川県)に問い合わせする 【湘南鎌倉総合病院】(神奈川県)に応募する

湘南鎌倉総合病院(神奈川県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院