横浜栄共済病院

【横浜栄共済病院】(神奈川県)から看護学生へメッセージ

平成28年6月、新棟がオープンしました。さらには、平成30年9月に横浜栄共済病院は、リニューアル完成しました。看護部では、あなたのやりたい看護、キャリアップを応援します!!『互いに成長し合い、人の心に寄り添える看護を一緒に実践しませんか。』


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 430床
外来患者 1100名 入院患者 375名
看護体制 急性期入院基本料1(7:1)
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2021年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 当院は、国家公務員共済連合会(KKR)のグループ病院で、創立80周年を迎えた横浜市栄区唯一の急性期医療を担う430床の総合病院です。2016年6月には、一部病棟がリニューアルオープンし、産科病棟の再開、救急病棟の開始、リニアック治療の導入など、今まで以上に地域の方々の多様なニーズに対応できる病院として新たなステージを迎えました。
 看護師の教育では、KKR共通キャリアラダーを基盤に横浜栄看護部キャリアラダーを運用して、段階的に看護実践能力を養い、一人ひとりがやりがいを感じられるような人材育成に努めています。また、新人看護師の教育研修においては、1年目で基本的な基礎看護技術の習得、2年目では、応用力や創造力を身につけられるような研修内容により学びを深めています。さらに、新人看護師は入職後、全部署が経験できるローテーション研修を受けた後、自分で配属先を希望できるシステムをとっています。
 看護方式は2016年からPNSを導入し、新人看護師が安心して看護実践できる環境を整えました。さらに、プリセプター制度も併用し新人看護師を支える手厚い栄共済独自のサポート体制があります。

看護部長からのメッセージ

【横浜栄共済病院】(神奈川県)の看護部長からのメッセージ

看護部長
川上 純子

なりたい看護師に近づくために

 私たちは、看護の専門性の向上を常に目指して活動しています。看護においては、技術や知識は適切な看護を実践する上では不可欠ですが、患者さんやご家族に寄り添い、向き合う姿勢を育てることが大切と感じています。
 完璧に思える先輩看護師も、最初はみなさんと同じ新人でした。わからないことをわからないと伝え、先輩に正直に伝えていく事で、一歩一歩自分たちがなりたいと考えている看護師に近づくと思います。
 私たちの病院をを選んでくれたあなたに精一杯サポートする準備はできています。

先輩からのメッセージ

【横浜栄共済病院】(神奈川県)の先輩からのメッセージ

1年目 脳神経外科病棟に勤務
Y・S(2019 年 4月入職 )

「看護」を通して人としても成長したい。

栄共済病院は実習先の病院のひとつだったので身近な病院であり、教育体制がしっかりしているところから就職を決めました。実際に看護師として働いてみると、多重業務の連続で、学生の時には知らなかった看護師の大変さや責任の重さを感じました。しかし、患者さんからの「ありがとう」や先輩看護師の笑顔に励まされ、改めて看護師という職業をを選んでよかったと思っています。これからも、感謝の気持ちを忘れず、「看護」を通して人として成長できる自分でいたいです。

ナース専科からひとこと

新人の意思を尊重しながら、自律した看護師を目指し手厚く教育してくださるのが同院。自分に合うプリセプターを選ぶことができ、配属先希望も考慮してくださいます。また、夜勤入りが不安な人でも成長のペースに合わせた時期からはじめることが出来るので、焦らずじっくりスキルを磨いていくことが出来るようです。リニューアルの予定があり、平成28年6月には第1期新病棟オープン予定。新しい病院で働けるのもうれしいですね!

【横浜栄共済病院】(神奈川県)の資料を請求する 【横浜栄共済病院】(神奈川県)に問い合わせする 【横浜栄共済病院】(神奈川県)に応募する

横浜栄共済病院(神奈川県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院