>   > 済生会横浜市南部病院

済生会横浜市南部病院

【済生会横浜市南部病院】(神奈川県)から看護学生へメッセージ

済生会横浜市南部病院では「看護のプロフェッショナルになりたい」というあなたの熱い想いに全力でお応えします。


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 500床
外来患者 1094名 入院患者 452名
看護体制 一般病棟 7対1入院基本料
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2021年4月入職者向け情報※各種タブを選択

当院は横浜市と済生会が横浜市南部エリアに設立した、第一号の横浜市地域中核病院です。

◎済生会
社会福祉法人恩賜財団済生会は、明治44年、明治天皇がお発しになられた「済生勅語」に基づき、恵まれない人々を医療を通じて救済する目的で設立されました。以来100年以上の長きに渡り、医療・保健・福祉分野で活動を広げ、現在では全国に81の病院と、約400の診療所・福祉施設などを持つ日本最大の社会福祉法人となっています。

◎横浜市南部病院
当院は昭和58年(1983年)、爆発的な人口増加に伴い不足していた横浜市南部地域の急性期医療を担うため、第一号の横浜市地域中核病院として、横浜市と済生会により全国で初めて官民共同で開設されました。開院当初からの使命は、安全で質の高い医療を地域の皆様方に提供し、命と健康を守ることです。
開院してから35年が経ち、周辺の状況や医療環境は大きく変貌しましたが、この使命は永遠に変わりません。

そのために職員一人ひとりが医療人として職員相互の連携を深め、
またプロフェッショナルとして自らの医療技術の研鑽に励みながら、
救急医療・小児医療・周産期医療などの地域の皆様から期待される医療の充実に努め、
質の高い医療を提供してまいります。

~理念~
思いやりの心と質の高い医療で、
地域の皆さまから信頼される病院を目指します

~基本方針~
 1.良質な地域医療、救急医療による地域への貢献
 2.他の医療機関との密接な連携と、患者さん中心の医療の実践
 3.医療・保健・福祉サービスの総合的な提供
 4.地域医療関係者および職員の相互研鑚

~看護部の理念~
私たちは、病院の理念と方針に基づき、専門職として患者・家族・
地域の人々に信頼される質の高い看護を提供します

~看護部の基本方針~
1.患者・家族に寄り添い、患者の意思を尊重し、
   患者中心の看護を提供します
2.高い知識・技術・倫理観に基づいて適切な判断を下し、
   積極的かつ創造的な看護実践に努めます
3.組織の一員としての自覚をもち、医療チームの中で互いの能力を
  最大限発揮できる関係を築き、主体的に自らの役割を果たすよう努めます
4.仕事に対する誇りを持ち、医療の進歩、社会の変化に対応できる
  高度な専門的能力を身につけるために自己研鑽します

患者・家族も自分も満足できる看護を目指し南部病院で、共に看護の喜びを味わいましょう!

看護部長からのメッセージ

患者さんの人生に優しく寄り添い、生活を支える看護を提供します

当院の看護師は、急性期病院としての安全で確実な質の高い看護技術と、何より患者さんがその人らしい日常生活を送ることができるために、優しさと丁寧な姿勢で対応し、在宅で療養し通院している患者さんのケアおよび入院時から退院後の生活を見据えたケアを提供します。そして、そのような看護師を育成するため、新人から中堅・管理に至るまでの教育体制を整えています。

さらに、地域中核病院として看護師が実践する看護は、院内だけではなく、この地域社会へも広げていく役割があります。当院には特定の分野で知識や技術を高めた専門看護師・認定看護師が多く在籍し、院内のみならず院外の広い地域で健康指導などを実践しています。

これからも看護部一同、誠実で地域の皆様から信頼される看護を提供してまいります。

先輩からのメッセージ

【済生会横浜市南部病院】(神奈川県)の先輩からのメッセージ

平成29年度 新入職員
A・H(熊本保健科学大学卒)

南部病院に入職して

説明会で南部病院に就職していた大学の先輩の話を聞き、インターンシップに参加しました。その際、先輩が丁寧に指導されている様子や、病棟の雰囲気から働きやすさを感じ、私もこの環境で成長していきたいと考えたことが入職を決めたきっかけです。

新人研修は記録の書き方から化学療法に至るまで幅広く、どの研修も病棟で役立つ内容でとても勉強になっています。研修の中で疑問に思ったことは病棟に戻って先輩に質問するなど、実際に現場に持ち帰ることでさらに深い知識にすることができています。

最初は初めて行うことばかりで緊張の連続、責任の重さに不安になることもありましたが、すぐに相談できる先輩やフォローアップ研修で顔を合わせる同期など、たくさんの人に支えられて少しずつできることも増えていきました。患者さんやご家族に「ありがとう」の言葉をいただくときはとても嬉しく感じています。

ぜひ皆さんにも南部病院を知っていただきたいなと思っています。

【済生会横浜市南部病院】(神奈川県)の資料を請求する 【済生会横浜市南部病院】(神奈川県)に問い合わせする 【済生会横浜市南部病院】(神奈川県)に応募する

済生会横浜市南部病院(神奈川県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院