東邦大学医療センター大橋病院

【東邦大学医療センター大橋病院】(東京都)から看護学生へメッセージ

第二次救急医療機関の大学病院として、最新の医療設備を配置し、高度先進医療を提供しています。大橋病院看護部では、すべての患者さんの生きる力を引き出し、支える看護を提供することを理念としています。


募集職種
  • 看護師
病床数 319床
外来患者 1069名 入院患者 289名
看護体制 一般病棟7対1入院基本料 平均在院日数8.9日
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2021年4月入職者向け情報※各種タブを選択

新人研修

【東邦大学医療センター大橋病院】(東京都)の新人研修
シャドウイング

見ることから始め、出来ることは積極的に実施する、1か月間のシャドウイング

プリセプターは、東邦大学 看護クリニカルラダーレベル2bを取得した看護師が担います。臨床実践能力の高いプリセプターと1か月間勤務をともにします。そこでは、プリセプターの行う患者・家族の安寧を考えたケアの実践と効果を体験することができます。教える側、学ぶ側という概念を取り払い、「ともに学びあう」「ともに承認しあう」ことにより、相互の成長、学習効果の向上を目指しています。新人看護師はプリセプターとともに実践の場にいることで、メンバーの一員という時間を得られます。

新人教育

【東邦大学医療センター大橋病院】(東京都)の教育・研修制度
看護技術演習

新人看護技術研修は、1年を通して実施しています。研修は、新人教育担当責任者や認定看護師、安全管理委員会の師長、教育専従師長が担当します。様々な分野の認定看護師を中心とした講師から、専門的な知識・技術・フィジカルアセスメントを学び、根拠のある看護ができるよう支援しています。これらの研修から、チーム医療の基礎を体感します。
「目で見て、体感し考える」知識を知恵に変え、日々の看護実践に活かすことができるよう支援しています。

グループワーク

【東邦大学医療センター大橋病院】(東京都)の教育・研修制度2
「何を大切に看護するか」を大事にしています。

患者さん中心の看護を実現するために、患者さんの意思を尊重し満足いただける看護を目指すとともに、働く看護師も満足できる看護を実践しています。
4月の宿泊研修で自分達の目指す看護について考え、目標を立てます。その後、年6回のフォローアップ研修で「何を大切に看護するのか」を振り返り、自己の成長を確認していきます。
また、成長時期に応じた研修(医療安全・高齢者看護・多重課題研修や認定看護師による講義など)を行っています。『心によりそう看護』のブロローグです。

フォローアップ研修では、職員カウンセラーからメンタルヘルスに関する講話があり、心が元気になる話やアドバイスがもらえます。
病棟では新人教育担当責任者とプリセプターが一人ひとりの成長に合わせた指導計画を立て、先輩看護師全員で指導を行っています。

リフレッシュ研修

【東邦大学医療センター大橋病院】(東京都)の教育・研修制度3
宿泊研修ではぐくまれる仲間との絆

4月の宿泊研修は「仲間作り」がテーマ、10月の宿泊研修は「自分自身を見つめる」というテーマで実施しています。
病院とは違う環境で、身体を動かしながら、4月から緊張の連続だった自分をリフレッシュします。いつもの自分と違う自分に出会える研修が盛り込まれています。
緊張が高まったときのリラックス法を学んだり、身体も心も温まる内容になっています。

【東邦大学医療センター大橋病院】(東京都)の資料を請求する 【東邦大学医療センター大橋病院】(東京都)に問い合わせする 【東邦大学医療センター大橋病院】(東京都)に応募する

東邦大学医療センター大橋病院(東京都)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院