>   > 独立行政法人国立病院機構 静岡医療センター

独立行政法人国立病院機構 静岡医療センター

【独立行政法人国立病院機構 静岡医療センター】(静岡県)から看護学生へメッセージ

地域のニーズに応える急性期総合病院です。静岡県の災害拠点病院の役割も担っています。平成29年から神経難病、重症心身障害(児)者病棟を開棟し、急性期から慢性期まで学べる病院です。教育体制も充実しています。


募集職種
  • 看護師
病床数 450床
外来患者 458名 入院患者 323名
看護体制 一般病棟7対1入院基本料 平均在院日数14日 
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 静岡県東部の拠点病院として、循環器・がん、救急・総合診療を中心に地域に貢献してきました。平成29年10月からは新たに重症心身障害、神経難病診療が始まり、専門医療の6本柱に加え静岡県災害拠点病院としての役割も担い、地域のみなさまのニーズに応えています。
病院見学はご都合に合わせ行っていますので、ぜひご連絡ください。

看護部長からのメッセージ

こころある看護

 当院は、循環器、がん、救急、総合医療等の高度な急性期専門医療を中心とした総合病院です。また、地方の循環器病センターとして24時間手術・心カテ・検査・治療受け入れ体制をするとともに、災害拠点病院としての役割も担っており、DAMT、災害支援、ICLS・ BLS研修を充実させ、実践力を高めています。
 平成29年からは神経難病と重心の病棟を開設し、急性期から慢性期に至るまでの更に大きな総合病院になる予定です。
 看護部はこのような医療に対応し、国立病院機構能力開発プログラムに加え、急性期から慢性期の高度な看護を実践できるよ
う、計画的に研修や学習会を行っています。また、「いのちと向き合う患者さんへ『こころあるやさしい看護』を提供します」という理念のもと、看護部一丸となって日々頑張っています。新採用教育は、各病棟での一人ひとりの個性や特徴に応じた実践教育と共に、専任教育担当師長による更に細やかな指導を行い、困ったことや悩みに随時対応しています。

先輩からのメッセージ

やりがいのある看護とは

 入職して3年目、心臓血管外科病棟に勤務しています。学生時代、当科での実習経験はありませんが他科で担当させて頂いた患者様の中には、心疾患を患っている方が多くいる印象がありました。自分の将来を考える中で心臓や循環器を学ぶことは、今後様々な診療科でも知識・技術を役立たせることができると考えたからです。実際に働いてみて入院や手術の対応は、看護師にとって日常業務の一つです。しかし、患者様やその家族の方にとっては大きな出来事です。その大きな出来事に係る責任を重く受け止めながら、看護ケアをさせて頂いています。病気に対して患者様は色々な思いがあり、話を傾聴する事の大切さを感じ安心して入院生活が送れるように、病棟看護師だけでなく薬剤師や栄養士など他職種と協力して最良な医療を提供できるよう日々取り組んでいます。忙しい病棟ですが、先輩や後輩・同僚に恵まれており人と接する事、その方の人生に触れられる看護師という職にやりがいを感じています。これからも知識や技術だけでなく自らが気づける看護師、患者様やその家族の方の立場を考えて行動できる看護師となれるようこれからも頑張っていきたいと考えています。
ぜひ、一緒に働きませんか。お待ちしています。

【独立行政法人国立病院機構 静岡医療センター】(静岡県)の資料を請求する 【独立行政法人国立病院機構 静岡医療センター】(静岡県)に応募する

独立行政法人国立病院機構 静岡医療センター(静岡県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院