>   > 横浜なみきリハビリテーション病院

横浜なみきリハビリテーション病院

【横浜なみきリハビリテーション病院】(神奈川県)から看護学生へメッセージ

患者様を中心に考えた「チーム医療」を目指して


募集職種
  • 看護師
病床数 224床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 ・回復期リハビリテーション13:1または15:1
・障害者病棟10:1
・療養病棟20:1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

看護をするうえで心がけて欲しいのは、常に患者様が“主語”になる関わり。現場で対応に困った時も、「患者様が」と言う視点に立つと答えを導きやすいと思います。退院後、その人らしく満足のいく生活を送っていただくには、身体の機能を回復させる訓練だけでは足りません。着替え・食事・入浴など、日常生活に必要な動作の獲得を目指し、前向きに生きる意欲を引き出すことこそ、リハビリの真の目的です。
回復期の患者様は、私達の看護介入がその後の生活に大きく影響します。当院では、患者様を中心に考えた「チーム医療」を推進し、「患者様に何が必要か」「どんな支援を求めているか」を理解した上で、各職種にできるアプローチを考えています。

ぜひ当院で、リハビリ看護のスペシャリストとして大きく羽ばたいてください。

看護部長からのメッセージ

【横浜なみきリハビリテーション病院】(神奈川県)の看護部長からのメッセージ

看護部長
松江 光

看護部長メッセージ

当院では、地域の急性期病院と連携して脳卒中後・整形外科術後の患者さんが自宅や施設に帰って生活する為に可能な限りの機能回復を目指しています。患者さんやご家族とゆっくりと向き合い、機能を取り戻して笑顔になってゆく過程を見守ることは急性期の看護とは違った喜びがあります。患者様がその人らしく生きるために、医師をはじめPT、OT、STのリハビリ科スタッフ、薬剤師、栄養士のコメディカルスタッフと連携を取り日々看護をしています。特にリハビリ科のスタッフと定期的にカンファレンスを行い、情報交換しながら具体的なケアを検討しています。全ての看護・介護行為の主語は患者様という気持ちで、24時間患者様の傍らで見守れる私たち看護師・ケアワーカーだからこそ患者様の姿を見守れることが仕事のやりがいにつながります。

また当院で働く看護師には、福利厚生のネットワークが大変充実しており、ライフスタイルに合わせて働く場所を選べることがキャリアアップを可能にしています。地域に根ざし、看護の専門性を活かした、やりがいのある仕事がしたいと考えるあなたを心からお待ちしております。看護を楽しく実践でき、自分の成長が組織の成長につながる職場で一緒に働き学んでいきましょう。

【横浜なみきリハビリテーション病院】(神奈川県)の資料を請求する 【横浜なみきリハビリテーション病院】(神奈川県)に問い合わせする 【横浜なみきリハビリテーション病院】(神奈川県)に応募する

横浜なみきリハビリテーション病院(神奈川県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院