倉敷平成病院

【倉敷平成病院】(岡山県)から看護学生へメッセージ

信頼に基づく、思いやりのある看護の実践


募集職種
  • 看護師
病床数 220床
外来患者 615名 入院患者 199名
看護体制 7:1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

当院は「救急から在宅まで何時いかなる時でも対応します」の理念のもと、昭和63年に脳神経疾患専門病院として開院し、以来220床(一般病床・回復期リハビリ病棟)を運営しています。平成30年1月で創立30周年を迎えました。チームで、患者さん、職員、地域の皆さまに「わかりやすいやさしい医療」を提供しています。また、一人ひとりが、明るく充実した環境の中で、真心のこもった看護を提供できる環境にあります。
病院では、健診センターである「平成脳ドックセンター」、生活習慣病の予防と治療を中心とする「倉敷生活習慣病センター」、美容外科や婦人科を診療科とする「総合美容センター」を開設いたしました。また岡山県より「認知症疾患医療センター」の指定を受け認知症の基幹病院として機能するセンター構想を推進しております。平成29年4月には機能的脳神経外科手術を中心とする「倉敷ニューロモデュレーションセンター」を開設し、多職種によるチーム医療で神経調整療法を実施しています。
また、全仁会グループでは介護系施設や訪問看護ステーションなどを運営し、高齢者の安心で住み良い暮らしを支える在宅支援システムの構築を行っております。これからも地域の医療機関と連携し、患者本位の医療・介護のサービスの提供に努めてまいります。

看護部長からのメッセージ

【倉敷平成病院】(岡山県)の看護部長からのメッセージ

看護部長
武森 三枝子

看護部長からのメッセージ

看護部では、様々なステージで治療と生活を両立させ、よりよく生きるための思いやりのある支援を行い、またそのことが自己の成長につながるよう、スタッフ1人ひとりが目標を持って看護を実践しています。
患者さんのあらゆる状況に対応できる全仁会グループのそれぞれの部門で、「ここに来て良かった」と思って頂けるよう、切れ目のない看護の提供にも努めています。毎年11月に行われる患者さんやご家族との勉強会を兼ねた触れ合いの場『のぞみの会』には、1000人近い方が参加して頂けるまでになり、患者さんやご家族の笑顔に出会い、共に喜ぶことで、さらに看護の質向上を目指す力をもらっています。
また、笑顔で生き生きと働き続けられる職場づくりを目指し、多様な勤務形態の導入や、研鑽を積みやすい学習環境の整備など、個人の生活と仕事の調和を図ることにも取り組んでいます。職員同士の仲間作りを大切にして、お互いが学びあえるアットホームさも私たち組織の自慢の1つです。
皆さんが大切にしている看護への想いを一緒に実現してみませんか。

先輩からのメッセージ

【倉敷平成病院】(岡山県)の先輩からのメッセージ

平成27年入職  3階東(内科系急性期)病棟勤務
K.M.さん

先輩看護師からのメッセージ

私は学生の時、当院で臨地実習したことがきっかけで、先輩のようにたくさんの知識や技術を身につけ働きたいと思い入職しました。
急性期内科病棟に配属され2年が経過しました。脳梗塞や脊椎圧迫骨折の患者さんの場合、状態が落ち着けば回復期リハビリ病棟に転棟するので、関わりが短い場合には数日のこともあります。そんな短い期間の中でも、患者さんの変化やニーズに敏感に対応し、「患者に寄り添える」看護師であるよう意識して関わっています。
日々勉強で、まだ課題は多いですが、優しく親身になって指導して下さる先輩や同期の支えがあるから頑張れています。自己研鑽もしながら、教育体制のしっかりしている当院で、今後も成長していけるよう努力していきます。

【倉敷平成病院】(岡山県)の資料を請求する 【倉敷平成病院】(岡山県)に問い合わせする 【倉敷平成病院】(岡山県)に応募する

倉敷平成病院(岡山県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院